« 21年前の上海! | Main | VMDの専門家を育てるということ! »
VMDの限界!
驚くタイトルかも知れませんが、これはこちら中国アパレル向けのコンサルティングをしていて、常に感じている事。かなり前のこのブログで書いた事が有りますが、一部のアパレル企業の社長(老板)には、まだまだVMDの本質を理解されておらず、VMDがさも魔術のように、「瞬時に売上を上げる事ができる凄い手段!」と勘違いしている方々も多いのです。もしVMDの力だけで売上を上げる事が出来たら、それはそれは凄い事だと私自身も思います。

VMDは、精度の高い「商品」(商品企画/意志)を、どのような「売り方」(販促/スタイリング)で、どんな「売場」(ゾーニング/レイアウト/フェイシング)で売り込むか?だと考えます。
つまり「売場」が先ではなく、当たり前ですが「商品在りき」なんです、逆の言い方をすれば奇をてらった表現や、アッと驚く演出などの「VMD在りき」では、或る意味化粧を施したブランドにすぎず、結果的にブランド生命も長くは無いと思います。もちろん、様々な販促だけを駆使した「売り方」をしていても、結局商品にスポットが当たっておらず、本質が抜け落ちてしまいます。商品の自信の無さを販促で誤摩かしているだけです。なので「商品在りき」の考え方に基軸を戻さないと、消費者からは一過性のモノとして捉えられ、飽きられるのを待つだけになります。
今回の内容とは関係在りません、上海淮海路VALENTINO、素材の良さ、服の持つ魅力を感じる圧巻のウィンドウ




今の中国は日本同様に「ライフスタイル何とか」がブームです、服以外に生活雑貨まで取り揃えて出店し、一時的な話題性は有るものの得意であるはずの服にフォーカスされておらず、雑貨類を如何に増やしたり、米国のUOか何処かのブランドのインテリアを真似て、無理矢理にライフスタイル感を演出したり、果てはカフェもやろうとしてみたり、VMDもそれらしくやっているものの、全てが本末転倒で服そのもののクオリティやデザイン力を据え置きにして、格好だけのブランドが本当に多いと感じます。

弊社のクライアントも同様で、上述の「VMD演出でライフスタイル感を・・・」という依頼が社長直々に有りますが、私は常に「モノゴトを思考する順序」だったり、「商品力向上の在るべき姿」「御客様視点に立脚したブランディング」「そのブランドの持てる本質とは」など等の、お話をさせて頂いています。それでも、ブームに乗り遅れたく無いという一心で、既存のブランドを進化(私は或る意味退化と見ていますが・・・)させるべく、トップダウンでライフスタイル化を推し進めていく有り様です。

日々この様な事(明日即刻売上を上げてくれという要求や、魂が入っていない事業計画など)に関わっていると、今回のタイトルの様に「VMDの限界」と言う事をネガティブでは無いのですが、考えさせられてしまいます。


それでは!



 2014/10/30 21:40  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード