« SPA構築セミナー終了! | Main | 環球港は賑わいのある施設として確立されたか? »
アウトレット商品常設店の広がり!
上海でも既存の青浦アウトレットMALL、北ワイタンの上海国際時尚中心、数年後に浦東地区にOPENする日系アウトレットMALLなど、市場規模の割りに大規模なアウトレット店が少ない上海マーケット。最近市内の各商業エリアを見てみると、今の様に商業施設が乱立する一昔前に流行った百貨店や、小さなMALLがミニアウトレット施設化している事に気づきます。

代表格はパリチュンテン百貨、特に地下鉄2号線中山公園駅近くに2箇所在る店舗の内、定西路店は婦人靴、スポーツ用品のアウトレット、長寧路店の方は地下3階が毎月の様にアウトレット対象ブランドが入れ替わり、アパレルブランドからキャリー物を買取り、破格のプライスで叩き売っています。同じパリチュンテンの他店でも、専門館化したり、地下フロアーをミニアウトレットとしているところもあります。
内装インテリア、VMDにも定評のあるEPの青浦アウトレット店
中国キャリア層、ミセス層に絶大な人気を誇るJNBY(江南布衣)、店舗網の広がりと共に在庫も圧迫していると思われます



また、基本的に中国アパレルの多くは夏、冬の期末SALEを行わず、年間を通じてプロパー販売を商売の核(顧客に申し訳無いから今期物は店舗で割り引かず、キャリー物は一部展開し割引販売しています)としています。各ブランド共にプロパー消化率も決して高く無く、在庫処理を行う為に郊外アウトレットMALLの中にキャリー物専門店を開設し消化を図ったり、街中の路面店、または小さなMALL内にプロパー店と同じ屋号、同じ内装イメージで、キャリー物を40〜50%OFFで販売する店を開設したりと、上顧客に目立たない様な在庫消化店をひっそりと運営しています。どのブランドにも共通するのは、派手な広告宣伝は行なっていない事、店舗内装イメージも手を抜かない事、等でしょうか。ブランド価値を落とさずに如何に在庫消化を図るか?永遠の課題だと思います。

昨今の中国アパレル小売状況は芳しく無く、上述の様な「顧客に申し訳ないから・・」という理由で、顧客視点に立脚しキャリー商品専門店で旧在庫を販売していたブランドも、瀬に腹はかえれずプロパー店の店頭でも今期物の割引をするところもチラホラ見掛けた14春夏のマーケットでした。


さて、今週、来週も出張が続き、今週は北京、来週は広州、再来週はトンガン、台湾台北と動き回ります。

それでは!

 2014/08/25 09:00  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード