« 必見! FR社の本気が伝わって来ます! | Main | A&F 中国大陸1号店がようやくOPEN! »
中国アパレルブランドの変化!
前にこのブログにも書かせて頂きましたが、お陰さまで今年は中国アパレルブランドとの取組みが多くスタートしています。一昨年の尖閣諸島(中国では釣魚島と言います)領土化問題で、日中関係の冷え込みを受け、昨年は中国アパレルブランドとの御仕事は大幅に減っていましたが、昨年秋冬辺りから徐々にオファーを頂いております。もちろん、政治と経済は別モノという事で、一昨年から今年もずっと変らず御付き合い頂いている先もあります。

今年頂いている多くのアパレルブランドの依頼内容で目立つのが「業務標準化」。つまり「KPI設定からPDCAサイクルをまわし、業務改善を行い、業務精度を高め、最終的に売上げUPに繋げる」というモノ。これまでの中国アパレルは「VMD実践で即売上UPを!」「ウィンドウディスプレイで、お客さんをあっ!と言わせたい」等の、VMD=ディスプレイ、という誤った認識がされており、誤解を恐れずに書くと非常に短絡的且つ深度の浅い依頼が本当に多い状態でした。

現在弊社が御付き合いをしているアパレル経営者は中には二代目の方もおられますが、自ら起業した30代〜40代前半の人も多く、海外渡航経験も豊富、考え方も柔軟性があり、革新的でもあります。と同時に、続々と中国に進出する外資系ブランド、それに対応し変革する中国ドメスティックブランドの動きも見つつ、自らのブランドがグローバル化(中国内に留まらない思考を持つという意味)し、永続的に伸張続ける為にはどうすべきか?を模索している方々が多いというのも真実。このような取組みの中で、多くの気づきをもらえたりと、私自身も非常に勉強させて頂いています。この変わり様には、私も20数年中国関連のお仕事をしていますが、大きく変わりつつある事を実感しています。

分かり易く新旧のアパレルの違い/差を書くと、例えば・・・売上不振が続くと旧いアパレルのMDやVMDは、すぐに「天候が悪かった・・」など気候のせいにしたり、「競合ブランドがSALEをスタートしたから・・」等、自責では無く他責で考えている状況、一方で新しい考えを持ったアパレルは、売上不振要因を数値化,定量化し分析します(実は私がコンサルティングの中で一番強調し指導をしている部分になります。私は'VMDを科学する'と御伝えしています)。不振要因は大きく分けると要因は2つしか無く、「客数減」と「客単価減」、これを更に分解して「客数減は・・・顧客/新規客で分析」、「客単価減は・・・購買枚数減/商品単価減で分析」というように見ていきます。そのどれに不振の要因があり、それを具体的に商品軸で、VMDとしての施策を愚直に実行し、効果検証していくか?これを毎週繰り返しPDCAしているという状況。御覧になってお分かりの様に、この新旧アパレルは雲泥の差、新しい考えを持ったアパレル、経営者が増えつつ有る状態に変化してきています。




さて話題は変り、再来週のMD第18週は、中国の年間商売上のピークのひとつ「労働節商戦」となります。この商戦後はその反動で客数減から売上減というのが例年の状況となっています。まずSNSを活用した来店喚起策とリアル店舗でのウィンドウ、店内陳列(PP、IP)を明確にし、更に販促物での訴求を実施、入店客数増、買上率増をKPIとして春物消化(含むSALE)を図る施策を取られるべきです。一方で気温も上がるタイミングでもあるので顧客層に向けては夏物新作紹介を積極的に仕掛け、世の中の購買行動が高まる時期に、その対応をどれだけ行うか?が労働節商戦、5月の売上を左右する事になります。


それでは!
 2014/04/21 00:00  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード