« 中国商業施設での米国ブランド10強は? | Main | 中国人旅行者の日本土産は! »
上海 環球港は集客増に!
長閑な日曜の午後、家の近くの中山公園で桜を見て、そのまま昨年40万平米という中国最大規模の商業施設として話題をさらった、環球港に久々に行ってきました(OPEN時の模様は、昨年7月8日、9月8日のこのブログで書かせて頂いています)
大きな吹き抜けに設置された遊具、各フロアーから見え子供達の興味をそそります
集客は夕食の時間にかけて増えています



OPENして約10ヵ月が過ぎましたが、まだテナントは100%埋まって居ない状況。今日は日曜日と言う事で、多くの人で賑わっていました。とは言っても買物ををされているのは僅か、ほとんどの人が物見、それ以外は飲食でのお茶、そして食事で訪れているようです。前回見に来たのが3ヵ月前、それと比較すると集客力が大きくUPしていると感じました。それも子供連れの30代の親子が非常に目立ちます。館内を回っているとその理由が分かりました。広大な吹き抜け部分に以前は無かった子供が遊べる遊具(逆バンジージャンプ、アスレチック、ローラーブレード)が設置されていました。ここで一度遊んだ子供達は親に「また環球港に行きたい!」とせがむ事でしょう。最近、この環球港に限らず、中国の多くの商業施設では子供の館内遊園地と飲食を充実させ、集客増を図っています。
一番集客していた雑貨のClaire's
ゼビオも入口のトナカイとクマが記念撮影の人気スポットになっています
ABC Cookingも日曜日にも関わらず多くの生徒で賑わっています
JINSも賑わっています。同館内には競合日系メガネ店もありますが、JINSと比べ客数が少ない状況、同館内でも場所が重要だと感じます



その他物販、特にアパレル、雑貨店では一部SALEやプライスダウン等で入店喚起を図っているところが目立ちます。館全体としてはOPEN時比較し集客増となっているも、実売にはなかなか繋がっていない、と言うのが現状ではないでしょうか?或るブランドはOPEN時の全て正価販売戦略から、集客、売上獲得の為にSALEコーナーを常設するなど、立地、客層、低客単価で当初方針を変えざるを得ない状況なのでしょう。

それでは!
 2014/03/31 01:10  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード