« 南京西路のH&Mは一見の価値有りです!その2 | Main | 刻々と変化する北京マーケット! »
Thanks Ms JIL SANDER !
一昨日のNEWS、「ユニクロ +Jで契約をしているジルサンダー女史とのデザイン契約今月末で解消」には正直驚きました、同時に凄く残念に感じました。

と言うのも、09年3月の契約時点から、9月の+J展開スタート、翌年の10SSシーズン、つまり約1年と少し、+JのVMD、売場、備品/什器開発、販促物等でお仕事を一緒にやらせて頂きました。

元々私自身、昔からジルサンダーの服が好きで、たまに購入したり、売場展開方法、内装インテリア、VMD等をチェックしに日本やアジア、欧米の店舗を見に行った時代が有りました。その御本人と一緒にお仕事を出来るという、心躍る夢の様な貴重な1年間でした。


09年9月、丁度+Jのローンチ前にパリのコレット近くで、こんな感じでジルサンダー女史と女史の40年来のパートナーのVMDの方と偶然バッタリと出会い


写真嫌いのジルサンダー女史と撮った想い出の1枚、この後一緒にカフェに行き、色々とお話をする事ができました


元々ジルサンダーの服は、非常に高品質な素材とカッティング、縫製技術や厳密なディティールで作られたシンプルなシャツ、スーツ、コートなどで、贅沢さと機能性を両立したもの、研ぎすまされたデザインと、素材やシルエットの美しさによる、ミニマリズムの代表的存在でした。その人がユニクロと組むことに、当時世界中の業界関係者では大きな話題になりました。

VMD面では大きく3つの業務、開発を一緒に行いました。

開発業務               女史の拘りポイント
@+J トルソー/ハンガーの開発  ・トルソー素材(生地、金物)
A+J 什器の開発         ・什器の素材(金物)と什器高(綺麗に見える高さ)
B+J 売場展開方法(カラーMD) ・カラートーク陳列(Tone & Tone)

仕事を進めて行く中で、服作りと全く同じ拘り、高いプロ意識に、尊敬の念を持ちました、女史からの一方的な指示ではなく、きちんとこちらの意見を吸い上げ、それに対して常に「服」をど真ん中に据えて考え、トルソーを始め、その他備品に関して、的確な修正点を要求してくる姿。

同時に、ユニクロにいてVMDという仕事を良い悪い両方の意味で忘れかけていた自分に取って、VMDの拘り、VMDの本質を再度思い出させて頂いたジルサンダー女史に心から感謝しています。

様々なボトルネックが有る中での契約解消の理由は、私自身ユニクロに在籍したこともあり容易に想像できますが、今回の解消は日本をはじめ、世界中のジルサンダー女史のファンに低価格で高クォリティの+Jを提供していただけに、本当に残念でなりません。

ジルサンダー女史には、「本当にお世話になりました、いつまでもお元気で!」というメッセージをこの場を御借りして言わせて頂きます。

それでは
 2011/06/27 00:45  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード