« 春節前の中国アパレルマーケットは! | Main | 中国市場でファストファッションブランドが続々オープン! »
中国のMALL空室率上昇!
少々古い情報で恐縮ですが、12月の第一財経日報によると。中国全土でMALL(ショッピングモール)の空室率が激しく上昇している、との事。

要因は当たり前ですが、中国全国で大小様々なMALLが乱立しているためで、上海のMALLの空室率は7〜8%。地方都市では立地が悪い場合20〜30%まで悪化しているとの情報。

このような状況下、小売業界ではマーケティングにO2Oなど新しい施策を試みる動きも見られます。某不動産サービス企業によると、上海市では2013年には驚くなかれ50店舗を超えるMALLが開業し,2014年も引き続き全国的に店舗が増加する見通し。また複数のMALLが知名度が高く集客を望めるH&M、ZARA、UNIQLO、GAP等のブランドの誘致を争い、空室率は更に拡大すると予想している。
若者に人気の日月光中心、地下2Fの飲食、地下1Fの物販は集客出来ているが、それ以外のフロアーは空室が目立ち始めています



実際に上海市内に2010年-12年頃開業したMALL(大悦城、豫城時尚、虹口龍之夢,日月光中心など)でもテナントの売上不振,撤退により空室が目立って来ていますし、昨年開業した環球港、iapm、ケリーセンターも未だテナントが決まっておらず多くの空室がある状態です。

明らかにオーバーストア状態なのですが、先日このブログでも書かせて頂いた様に、中山公園には来福士2号店(2015年)が、金沙江路沿いには近鉄商城(2015年)、南京東路の新世界(大丸/ 2015年)など、上海市内西部でも大規模な案件が目白押し、上海全体で言うと浦東地区等にも幾つか開業する予定と聞いていますので、更にMALL空室率上昇は上がり続けるでしょう。

同時に上海に近い蘇州、無錫、周辺都市も日系をはじめ新規MALL開業も決まっている様です。国、市、自体が何らかの開発の規制をしないと、このままでは拙い事になると予想されます。日本のバブル期以上の状態です。

それでは!
 2014/01/27 15:20  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード