« 南京西路のH&Mは一見の価値有りです!その1 | Main | Thanks Ms JIL SANDER ! »
南京西路のH&Mは一見の価値有りです!その2
ご無沙汰です。

中国某メンズブランド様の経営陣戦略会議に泊まり込みで参加させて頂いたりと、少しバタバタしており、ブログUPが遅れてしまいました。先日の「南京西路H&M情報その1」に引き続き「マネキン/什器編」です。

いま世界的なVMD、VISUAL表現では、ご存知の様に「MIXで魅せる事」が主流になっていると思います。例えば、マネキンを用いる場合、カラーが違うマネキン(黒色、白色)を同時併用したり、リアルと抽象が併用されていたり、マネキンとトルソーが併用されていたりと、少し前までは或る意味タブー視されていたこのVMD表現も、今の時代は表現の自由度と、世の中が魅せるVMDへと変化している事が見えてきます。

更に、このH&Mが火をつけ世界の各ブランドも真似をした、マネキンそのものに様々な色を吹いた表現も、この上海南京西路H&Mではカラフルカラーが流行という事も有り、自らポップカラー仕様、アート的に進化をさせていると感じました。レディスだけでなく、メンズ、キッズの全てで連動され、売場としての表現の統一が図られています。

一方、什器について。
売場に変化とアクセントを持たせる、ワードローブ中央什器やネストテーブルなどに工夫が見られます。
ベーシック商材には、ナチュラルなマテリアルで落ち着きの有る什器デザインを、トレンドを追求した商材には、木、ネットマテリアルを多用したり、キッズでは家具そのものに奇抜なカラーを使用したりと、新たな試みをこの店で行っていると感じました。


1F入口VP、これまでの丸坊主マネキンから主流のヘアメイクで表現


2Fのトレンド集積コーナー、マネキンもポップです、マネキンの地カラーと相性の良いカラーの商品を着せ提案されています


2Fエスカ横VP 少し百貨店の表現に近いですが、シーズン性、売り込みたいアイテムが明確です、ヘアのカラーも1Fと差別化しています


ナチュラルコーナー、H&Mとは思えない、ストレートヘア、この写真だけをみると日本のSCに入っているブランドのように見えます、ただネストテーブル上にマネキンは置かないと思いますが・・・


新トルソー、紙製のボディです、手書き風の吹き付け塗装、カラー展開が多いベーシックアイテムコーナーにマッチしています


ナチュラル系コーナー、ワードローブ什器も落ち着いています、この仕様を取り入れて7〜8年になりますが、少しずつマテリアル、組合せるテーブルのカラー等マイナーチェンジを繰り返しています


2F呉江路側ウィンドウ、いわゆるH&Mのマネキンン定番です、ですが一番前のマネキンのように、足を交差させたりと少し動きを付ける表現が最近多く見られます、先日梅田ルクアでもTOPSHOPにて同様のマネキンがありました


2Fメンズストリートカジュアルコーナー、紙製ボディ+腕/脚付き、楽しさは出ていますが、Displayスキルが求められる仕様です


これも半身紙製ボディ+腕付き+塗装仕様、これまた要スキルです


メンズのワードローブ什器、レディスとは違うマテリアル、高さ、特に上部で雑貨を見せる仕様にしています


メンズドレスコーナー、様々なトルソー併用しアパレルから雑貨まで表現しています


3F秀逸なキッズボーイズ売場、マネキンとトルソーの併用、什器基本仕様はレディス同様ですが、カラーを用いているものの、落ち着いた感じが受けました



ガールズ売場、色付けされたネストテーブル、動きの有る梯子表現、マネキンとトルソーの併用、楽しい売場です


積み木の様なテーブル、マネキンとトルソーの併用

というように、ウィンドウの見せ方、マネキンのデザインとヘアメイク、トルソーの仕様、特にワードローブとネスト什器、本当に見所満載の南京西路のH&M、一度チェックされて下さい、私は今後のお仕事の参考、アイディアをたくさんもらいました。

お店には日曜日に行ったのですが、これだけの数の写真を撮れるという事は、スタッフの数、シフト、管理やオペレーション面はかなり甘いな〜と言うのが素直な感想です。

それでは
 2011/06/26 13:30  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード