« 日系女性ファッション誌の状況は? | Main | 韓国のユニクロ「SPAO」ようやく中国にOPEN! »
あの「LINE」が中国に本格的に殴り込み!
今日上海の地下鉄駅で電車を待っている時、見覚えの有るキャラクターの電車がホームに入って来て、一瞬目を疑った。そう無料の通話・コミュニケーションアプリとして、日本のみならず世界規模で若者を中心に圧倒的なシェアを獲得している「LINE」の電車ジャックだったのです。




ご存知「LINE」は、2011年6月23日にサービスを開始して以降、ユーザー同士で、音声、ビデオ通話、スタンプメールが楽しめるコミュニケーションアプリとして、世界中で急速にユーザー数を伸ばし、いまや世界中で3億人が利用する“モンスター”サービスとなっています。アジアでは二強と言われるもうひとつの「WeChat」(6億人/2013年10月現在)の本拠地中国に宣戦布告した事が今回の広告活動で見て取れます。事実私の「LINE」にも中国語でのメッセージが最近非常に多く送られてきています。



LINE社(旧NHN JAPAN)のサイトによると・・・
「LINE」は東アジアはもちろん、スペイン・メキシコなどのスペイン語圏では継続してユーザーが増加。現在、インド・トルコに加え、フランス・ドイツ・イタリアなどの西ヨーロッパ地域でも各地域に特化したプロモーションおよび、現地通信キャリア・端末メーカーとの協力を強化することにより、新規ユーザーの獲得を進めています。特にスマートフォン市場が急速に伸びているインドでは、言語対応や現地の著名人を起用した限定スタンプを提供するなどのローカライズを進め、本格的な展開を開始して3ヶ月で、インド国内ユーザーが1,000万人を突破し、年内2000万人突破も視野に入っています。
また、世界各国で同時に新規ユーザーが増加することにより、サービス提供開始から1億ユーザーの突破までには19ヶ月間、1億ユーザーから2億ユーザーの突破までには6ヶ月間、2億ユーザーから3億ユーザーの突破までには4ヶ月間で到達するなど、ユーザー数の増加ペースは加速し続けています。

私たちがなすべきことは、「世界中で大切な人とのコミュニケーションをより楽しく、豊かにすること」です。ですので、海外への展開は、いつでもチャレンジしていたいと考えています。今後もLINEは様々なコミュニケーションの可能性を追求し、新機能の開発や、サービス品質の改善を行いながら、2014年中に世界5億ユーザーの達成を目標に掲げ、世界No.1のコミュニケーションサービスへと成長することを目指してまいります。





私は中国に住んでいる為、どうしても多くの中国ローカルが使っている「WeChat」を日常的に利用しています。日本の知人とは「LINE」を利用する等、使い分けを行っています。ローカルの中で「LINE」を使っている、または知っているのは日本の留学から帰って来た人、日本企業に勤めていて頻繁に日本と中国を行き来していたり、こちらに日本人の友人が居たり、という人に限られており、正直言うとほとんどの人が「LINE」を聞いた事も無い人達ばかりだと言う認識です。

「LINE」は今後も中国も含めて世界的レベルで広告活動をしユーザーを増やしていく戦略だと思いますが、一方の「WeChat」はあのFCバルセロナのリオネル・メッシを用いたテレビCM等のグローバルマーケティングで、今年は196億円相当を費やすなど、海外でのブランド確立が「今がチャンス!」と考え積極的に資本投下を行っています。

「LINE」が「WeChat」の牙城である中国を如何に崩して、多くのアクティブユーザーを獲得できるか?これからがLINE社の腕の見せ所でも有り、私個人的にも興味があります。しかし日本発のコト、モノに対して昨年の尖閣諸島問題を機に、正直まだまだ根底にわだかまりが有るため、並大抵のやり方ではなかなか難しいと考えますが、日本でもそうだったように若い層「90后」(1990年以降生まれ)の若者にターゲットを定め、中国の女性が喜ぶようなアイドル、タレントとのコラボ、スタンプ提供や、若者が愛用している自撮携帯カメラ、小物グッズとのコラボ、音楽供給など、「WeChat」を研究しながらも、差別化できるコンテンツを仕掛ける事が非常に重要だと考えます。



それでは!
 2013/12/23 11:50  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード