« 【告知】「それでも中国」12/22(日)読者交流会開催! | Main | あの「LINE」が中国に本格的に殴り込み! »
日系女性ファッション誌の状況は?
昨年の日中関係が最悪状態の時でも、日系のファッション雑誌が街のブックスタンドから無くなる事は有りませんでした。それくらい日本のファッションを自身のコーデの参考にしたり、読みやすい誌面構成、すぐに活用出来る特集がこちらの女性達に自然と受け入れられている事を感じます。ただ世界的にネットでのファッション情報発信が増えた事により、リアル雑誌を毎月購入するといった行動も、一時期に比べ影を潜めている感が有ります。





それでも、添付写真のように日系のみならず欧米の各種雑誌の中国語版が並び、地元中国の女性/男性ファッション誌やトラベル、カーライフ、等など数多く置かれています。ネットやスマホなどでの情報収集が当たり前になっている現代ですが、じっくりと写真を見て、活字情報を読む、という慣習もこと「ファッション」においてはまだまだ健在だと考えます。



話しは変わり、以かなり前にこのブログで御紹介した、日本の雑誌が閲覧出来るサイト「麻豆児(madouer)。日本で発行されている女性(4つのテイスト別)、男性、アイドル誌等、一部上述の中国の雑誌も閲覧する事ができます。違法サイトなわけですが、これを毎月に楽しみにしている若者が数多く居るという事実もあります。

http://www.madouer.com/

例えば女性誌の中で「甘美性感」(sweet&sexy)カテゴリーだけを見ても、7誌を掲載しており、ほぼ全ページを閲覧する事ができます。ただ残念なのは、突然或る月の雑誌が掲載されなかったりと、安定していない部分に中国らしさを感じてしまいます。

面白いのはこのサイトでは各雑誌の人気バロメーター(閲覧者の支持数)が「熱度」という数字で表されています。例えば女性誌の「甘美性感」カテゴリーでNo1.人気は「VIVI」、各号で支持数はバラバラなのですが、平均で言うと毎号約30万人以上がこのサイトで「VIVI」を閲覧しているという計算になります。2013年で見ると写真の10月号が一番の人気で51万人が見ているようです。次に男性誌を見てみるとダントツは「MENS NONNO」、平均で3万人、2013年で見ると写真の11月号が一番の人気で5万人と、女性誌の「VIVI」と比べると10分の1の閲覧に留まってしまっています。男女のファッションに対する関心度の違いが分かります。






それでは!
 2013/12/21 18:50  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード