« 今後の蘇州の発展は如何に! | Main | 日経ビジネスオンラインのコラム御覧下さい! »
梅龍鎮伊勢丹Renewal情報2!
何と10日間もブログUpが空いてしまいました。出張や新規のお仕事等の資料作りで・・・言い訳はこれくらいにして(笑)

3月27日のブログにもRenewal前の状況を書かせて頂きましたが、3月29日にフロアー単位で徐々にOPENしていっています。
メイン入口の看板には「snidel」と「Lily Brown」のOPEN告知が


今回のRenewalの目玉の1つ目は、日本でも好調のマッシュスタイルラボ社の「snidel」の増床、そして「Lily Brown」のローンチ、「snidel」の好調を受け、姉妹ブランドの導入。ファッションの伊勢丹が仕掛けた施策はどうでるでしょうか?共にOPEN初日は記録的な売上を作ったようです。これに「snidel」横に出来るジェラートピケカフェがOPENし流行に敏感な女性達が伊勢丹を訪れ人気を博せば、マッシュスタイルラボ社として今後の中国、アジアに於ける出店施策で「服+飲食の組合せ」で面を取りやすくなる事は間違いないと思います。これに同社が手掛けるコスメキッチンが加われば、まさにいま中国で花盛りのライフスタイル業態の完成です。中国のSC、代理店などから今以上の引く手あまたの状態になるのでは?と想像できます。同社の打ち手の早さにはいつも驚かされます。
旧店の倍近い面積、既にステータス感すらあるアトモス、頻繁にアトモスを変えないのはブランドコンセプトにブレがないから
隣は意外に広い面積の「Lily Brown」。今後snidelに次ぐ第二のブランドに育てていく!という志が見えます



2つ目の目玉は5階の大規模なブランド入替え、これが吉とでるか凶とでるか?今回のRenewalの分かれ道になると思われます。あの好調「MURUA」までもが改装をするようです。OPENしてまだまだ間もないはずですが・・・。どのようなアトモスで仕掛けて来るかこれも楽しみです(ちなみにMURUAはあのラッフルズにも出店するようです)
5Fに貼られている左から新規、再Renewal、フロアー移動のブランドの告知
いつもテストマーケティングに用いられている場所、現在は改装中の「MURUA」が営業中。スタッフも5人体制、売る気が漲っていました、流石です・・・
3末から清明節を挟んだ販促は、どの商品でも999元以上購入で伊勢丹MURUA限定のタンブラープレゼント。冬だけで無くこれから夏に向けても使えるアイテム、「MURUA」のノベルティのセレクトにはいつも感心させられます



4月26日がグランドOPEN、これで現在施工中の5階やジェラートピケカフェもOPENし、女性の為の百貨店を目指す伊勢丹が更に活気づく事が予想されます。


話しは変わり、本日12日に日経ビジネスオンラインに私のコラムが掲載されます。古巣のユニクロの事を書かせて頂きました。お時間有りましたら是非とも御覧下さい。


http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130409/246375/?bv_rd

それでは!
 2013/04/12 01:00  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード