« 賑わう春節休暇最後の一日!<後篇> | Main | PM2.5汚染の北京に来ています! »
仰る通りですね!
昨日の小島健輔さんのブログ「キラリと光ってました」を読んで、確かに仰る通りだと唸ってしまいました。

その文章を御借りすると・・・(すみません、勝手に引用させて頂きました)

1.VMDは商品企画の陳列表現である
2.企画段階のルック提案や素材構成、配色構成でVMDの魅力も決まる
3.商品企画、MD構成企画段階で陳列を構想するのが本来のVMDである
4.しかし現業界では何時の間にか継ぎ接ぎのMDを化粧するディスプレイにすり替えられてしまっている

まさに仰る通りで、VMDの定義が以前とは大きく変わってきています。以前は上記1.〜3.の事は当たり前の様に実施していました(昔はVMDも徒弟制度の様相で、先輩から盗んで覚えていました)、今のVMDというお仕事又はVMDに関わる人達は、商品企画にも関わらず、また現場に行かずに机上の数値、数字だけでバーチャル売場陳列を立案し指示を出しています。言い換えればこれが現代の「SPA業態のVMD」なのかもしれませんが、私自身はこの現在のVMDという言葉、職業を聞く度に違和感を覚えます。旧い体質の人間なのかも知れません。

ただ、話題の韓国のイーランドグループの各ブランドの店舗陳列表現が良い例で、あるべきVMDを実行出来ている企業が存在するのも事実です。
私はいま数社の中国アパレル、小売りをクライアントに持ちますが、まさに上述の1.〜3.を毎週の会議上で口を酸っぱくして言い続けています。

ローカルレディスブランド「Lily」、中国っぽい抽象的なウィンドウ表現をすることで有名ですが、今年らしい蛍光カラー、売りたいアイテムを的確に企画と売場陳列連携させているブランドとしても有名です。私は嫌いではありません
これもローカルブランド「DECOSTER」、VMDの超基本の様な表現方法をとるブランド。ここも企画と陳列の連携が取れていると想像出来ます



現在の中国のVMDレベルはまだまだ高くは有りませんが、ことウィンドウをどう表現する、どう魅せる/見せる、という部分に関しては日本以上に異常なくらいの高い関心を持っています。この部分は今の日本でも実現出来ていない事で、或る意味日本も見習うべき点ではあります、しかしこと「企画とVMDの仕組み構築」という部分では、20年は遅れていると実感します。

例えば売場陳列方法、カラーの並べ方も「どこかのラグジュアリーブランドがやっていたから・・・やってみたい」等、商品企画と売場陳列が全く連携せず、独りよがりの考え方が横行しています。バラバラな縦割りの組織もその原因、伸びる企業はそこに気づき、商品系(企画、MK、VMDなど)を1つに纏め、それを1人のディレクターが統括し判断する事を進めていっています。


ですので「商品企画と売場VMDのPDCAサイクルを回す思考方法」「商品系組織再構築と商品、陳列改善による売上向上策」を日々注入している私です。

それでは!


 2013/02/23 20:00  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード