« 街が動く! part-2 | Main | 蘇寧 VS 国美 家電量販店戦争! »
上海のハワイ?・・崇明島
お仕事で初めて崇明島に行って来ました。

「えっ、崇明島って何処?」って思われる方がほとんどだと思います。
崇明島とは、上海の北東部に位置し、経済発展の著しい上海市にあって市の面積の1/6を占め、台湾島、海南島に次いで3番目に大きな島、面積は1.164km2、東西76Km、南北18Km、丁度沖縄本島と同じくらいの大きさ、世界最大の砂州島だと言う事です。標高3〜4mの平坦な地形で、揚子江が運んだ肥沃な土砂から成っています、気候は温暖で、年間平均気温は15.2度、年間降水量は1.025oで無霜期間は年間229日。この事から、上海の人は昔から「上海のハワイ」と呼んでいます。あのハワイとはイメージも何かも全く違いますが。。。
驚くのは、いまでも揚子江の土砂が堆積して、島全体で毎年1.300haの面積が増えているそうです。

人口は70万人、上海市に属し、崇明島、長興島、横沙島の3島で崇明県となっています。
或る情報によると、上海市の自然保護区は崇明県の東平国家森林公園(350ha)を含め3カ所計700haしかなく、市街地の発展と比べ大幅に整備が遅れていて、新たな自然保護区計画によれば、崇明島の東灘地区(島の東側)をはじめ大型自然保護区を更に3カ所つくる計画だそうです。この東灘地区は、春秋の時期には200〜300万羽のツル、ガン、カモなどの渡り鳥が羽根を休めるアジア太平洋地区の飛翔ルートの中間に当たる貴重な湿地で、この地区に8,000haの自然保護区を作る計画、最終的には世界レベルの生態環境島に本気でしようとしているようです。



         上海から長興島まで海底トンネル、長興島からは橋で繋がっています


         野鳥の宝庫


         こんなのどかな風景も


         街の中心地、歩行街、これまたのどかです

今は橋で繋がり、上海から車で約1時間半で街の中心部に行く事ができます。
昔は移動手段が船しか無く、小旅行だったようで、聞いた話しですが島から上海の街に行くのは、年に1〜2回、つまりよっぽどな事が無い限り、島から出ない人がほとんどだそうです。逆に三峡ダムで現地を仕方なく立ち退いた人々が移り住んだり、上海からは週末に畑、菜園でレジャー含め、訪れる人が年々増加しているようです。島の人はほとんどが農業、漁業に従事しているそうですが、似つかわしく無いマンションが多数建設中でした、上海の郊外と言えば郊外なので、別荘なのか住まいなのかは分かりませんが、上海から移り住む人達も増え、マンションの値段高騰することは間違いないと思います。

自然だけは、将来の為に破壊せずに、大事に大事に保護して!と願うばかりです。。。

それでは
 2011/04/27 02:00  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード