« 人気のmadewell! | Main | 記録的大ヒット「中国好声音」! »
WORLDがあのフリーピープルと輸入販売契約!
古巣ワールドの昨日のニュースリリースを見て驚きました!!! 実は別の某社もUrban Outfittersと提携するかも・・・という噂があったので。
以下、リリースから引用しました。

「米国・アーバン アウトフィッターズ社ライフスタイル型レディスカジュアルブランド、フリーピープル(Free People)の独占輸入販売契約を締結、2013年春夏から本格展開開始」だそうです。

米国・Urban Outfitters社(本社 アメリカ・フィラデルフィア 代表取締役社長 兼CEO Richard A.Hayne)とライフスタイル型レディスカジュアルブランド「フリーピープル(Free People)」の日本での販売における業務提携契約を締結。
これにより、2013年春夏から、直営店の出店やEC販売及び卸販売を通じて、日本市場における展開を開始。

Urban Outfitters社は、1976年に設立され、「アーバン アウトフィッターズ(Urban Outfitters)」「アンソロポロジー(Anthropologie)」「フリーピープル(Free People)」といったライフスタイルスペシャリティストアを、アメリカを中心にカナダ、ヨーロッパで459店舗展開しています。1970年代、Urban Outfitters社の現・取締役会長であるRichard A. Hayne氏は、「フリーピープル(Free People)」という名称で、フィラデルフィアに1号店をオープンしました。その後、2号店の出店時に店名を「アーバン アウトフィッターズ」に改称しました。そして、Richard A. Hayne氏の妻 Margaret Hayne氏が、同店のオリジナル商材として1984年に打ち出したラインが、現在の「フリーピープル」の始まりです。
2002年には、ニュージャージー州パラマスにあるガーデンプラザショッピングモールに1号店を出店。現在は、アメリカ、カナダで75店舗を展開し、2004年からはオフィシャルECサイト(http://www.freepeople.com/)もスタートさせています。また、卸取引では、米国の「ニーマン・マーカス」「ノードストローム」「ブルーミングデールズ」などの有名百貨店を含む約1,400の店舗を通じて、世界中で展開しているブランド。

今回のリサーチ時にNJ、ガーデンステイトプラザのFree people、ここが恐らく全米第1号店なのでしょう。アンソロポロジーに似たアトモスです


業務提携の目的は?
「フリーピープル」は、20代女性をメインターゲットに、最新のトレンドからヴィンテージのコレクションまでを展開するセレクト感あふれるアパレルブランドです。ボヘミアンテイストをベースに、女性らしさ、陽気さ、そしてクリエイティビティーを促す上質なアイテムによって構成されています。海外のセレブにも支持されていることから、現在、国内の一部のセレクトショップでも取り扱いがあり、ファッション感度の高い女性を中心に人気が高まっています。
当社は、ライフスタイル型ブランドが注目される中、本格的には日本初上陸となる人気ブランド「フリーピープル」を国内で独占販売することで、20代から30代の幅広い女性の新たな支持拡大を図ってまいります。
一方、Urban Outfitters社は、ワールドが持つ直営店舗、ECサイトなど様々なチャネルやリソースを通じて、同ブランドの世界観を損なうことなく、日本国内の市場を掘り起こし、ブランド価値の向上と共に、成長スピードを高めていくことを目的に、業務提携に至りました。

コンセプト:ファッション、アート、音楽、トラベルを通して自由に生きる女性のためのライフスタイルカジュアルブランド

ターゲット:大胆で、好奇心旺盛な20代女性

中心価格帯(税別):
アイテム名 /価格帯
プルオーバージャージ \6,200〜(中心価格\8,000)〜\19,000
シャツ・ブラウス \8,800〜(中心価格\11,000)〜\19,000
カーディガン \12,000〜(中心価格\18,500)〜\29,000
ジャケット \11,000〜(中心価格\18,800)〜\62,000
パンツ \7,500〜(中心価格\11,000)〜\19,000
ワンピース(カジュアル) \7,500〜(中心価格¥18,000)〜 \25,000
ワンピース(ドレス) \27,000〜 \76,000

販路:路面店、百貨店、セレクトショップ、駅・ファッションビル、ショッピングセンター

との事です。。。
ワールドは過去において、他の大手アパレル企業とは一線を画し、海外のブランドの独占輸入販売をあまり積極的にやられていない会社という認識です(中にいてそう感じていました・・・)。ですがここへ来て何故?という感がありますが、これまでOZOC、INDIVI、UNTITLEDなど数々の強力な自主SPA編集ブランドを産み育ててきた実績があります、ですがそれらのブランドの先行き不安であったり、将来性を鑑みた時に、海外ブランドの輸入販売という或る意味飛び道具導入、新手に踏み切ったのでしょうか?ワールドはECサイト、セレクトSHOP、アウトレットなど多くの販売チャネルと在庫処分ルートも有り、この辺りも展開時のリスク回避と捉えたのかも知れません。

いずれにしても、アメリカ、カナダで人気を博しているフリーピープルを大事に育て、ブランド価値をいま以上に向上させて頂きたいと思います。

上の中心価格帯を見ると現地よりも、心無しか・・・高い価格設定に感じます。何処かのアメリカのカジュアルブランドの日本ローンチ時の価格設定の失敗の二の舞いにならない事を祈るのと、本国で見る商品もVMDも本当に素晴らしいけど、日本で展開すると「んっ?」とならないようにだけ御願いしたいです。。

それでは!
 2012/10/11 01:20  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード