« NY朝7時! | Main | 今日はSOHOを攻めます! »
五番街カジュアル路面店対決!
NYはいま29日の夜10:30過ぎ。いゃ〜今日は歩いた歩いた、これが足が棒になる・・・まさにその状態、年のせいか腰も少し・・・昔はこれだけ歩いても何ともなかったのですが。。。

今日はアッパーイーストサイドから五番街までの路面店、百貨店を漏れなく見て回りました。当初計画では今日はSOHOまでチェック!と考えていたのですが、どだい無理な計画でした。。。

印象に残ったのが、何と言ってもGANT by Michael Bastianの商品とVMD、でもまだノリータとブリーカーストリートは見てないので、明日チェックしてきます。


そして百貨店では、意外にもSAKS FIFTH AVENUEが良い感じです。BLOOMINGDALESと比べると客数は少ないのですが、レディス各フロアーのリーシング、マネキン配列バランスなど如何にも米国の百貨店という趣きと若干の革新性を感じました。


そして本題の五番街カジュアル路面店対決!(対決させる意味もよくわかりませんが・・・)皆さんご存知のユニクロ旗艦店、HOLLISTER、ZARAが並ぶ一角。一昔前迄はGAP、H&Mが輝いていましたが、いまや上述の新御三家?とで言えるのでは無いでしょうか・・・この3つのストアが目立っています。それぞれが各々の特徴を提案していると思います(写真は撮れず、ファサードのみです)


@ユニクロ
 JAPAN、テクノロジー、未来、デジタルサイネージ、ムービー映像、機能性、ベーシック・・・幾つかのキーワードがあると思いますが、アトモスフィーも最新で他を圧倒しています。


AHOLLISTER
 まるで五番街がビーチ、サーフポイントになった様な錯覚がします。ファサード一杯に映し出される西海岸のビーチ。反対側の歩道からよく見え、足を止め写真を撮る方が非常に多かった印象。店内はいつも感じですが、残念な事に狭い面積に多くのテーブル什器を設置しているため、回遊が出来ずストレスを感じました。


BZARA
 ニューコンセプトSHOPの第1号店(9月に銀座にOPENしたものとほぼ同じ仕様)。壁面と中央は非常に見易いBOXモジュールでのワードローブ提案、平台でもアウター+インナー+靴のワードローブ提案。凄くすっきりとして分かり易くなったと思います。



という3者3様。共通しているのはデジタル映像を駆使していると言う事。時代は変わったものです。お客さんの目を止まらせて、注目、興味を持って頂く為には、いまや無くてはならない要素だと思います。
甲乙付け難いのですが、ファサードではHOLLISTER、店内の見やすさではZARA、分かり易いオペレーション&ホスピタリティではユニクロ、という感じですが、ファサード人気(お客さんが記念写真やカメラで押えている頻度)で言うと、HOLLISTERに軍配があがると思います。

明日もまた別のエリアをリサーチし、またブログUPします。

ちなみに、今夜の部屋から見るエンパイヤーステイトビルは、ご覧の通りBeautiful


それでは!
 2012/09/30 10:30  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード