« VMDプロがいない! | Main | 2012北京CHICを見て来ました! »
売上を取れるVMD!
昨日、私が書いた「VMDプロがいない!」に対して、今日小島先生のブログで「中国にも日本にもVMDのプロがいない!」と書かれていて興味深く拝見しました。

http://www.apalog.com/kojima/

最後に書かれていた「退化の止まらぬ日本では嘆いても致し方ないが、進化する中国では檄を飛ばす意味が十分にある。そのうち、中国にVMDを学びに行く時代が来るのかも知れない」の一節。

言い得て妙というか、私自身も将来小島先生の仰る通りになると確信しています。その理由は、例えば欧米のデザイン学校に留学し、その後著名なメゾンで活躍している、または活躍していたデザイナー達が、次から次に中国に戻り、自らブランドを立ち上げたり、中国のアパレル企業で仕事をしている人が増えています。私がお世話になっている某中国メンズブランドの男性チーフデザイナーもパリで活躍していた人です。VMDというお仕事でも同様で、欧米での勉強、現地企業でVMDの実務経験を経て中国ブランドでお仕事をしている人もいます、更に言うとVMD駆使し一時代を築いている韓国のアパレルの雄、E-landの数々のブランドでVMDに携っていた方が独立起業したりと、少しずつですがVMDの領域にも一方的に学ぶから、理論を教えていく、に少しずつですが変化しVMDの裾野が広がっていっている事実もあります。

中国で店舗網を拡大させている中国ブランド Five Plus、内装、照明、ファサード、ディスプレイのテーブル、テディベアのオブジェ、マネキンは何処?何を表現しているのか意味不明、でもこれがこちらでは受けているんです・・・よく分かりません・・・



一方で昨日も書いたように、現状はまだまだ、ウィンドウで奇をてらったことがVMD、目的・テーマが不明確な陳列・レイアウト、何を売り込んでいく為のVMDか、商品を中心に考えていない、平気で商品を傷つける、ウィンドウや店内が埃だらけなど等・・・数え上げればキリがなく、決して売上に繋がらない、言い方は悪いですが売上を上げる事など何も考えていない、作品作りの様な勘違いVMDが横行しているように感じます。小島先生が言われる様に、VMD=ディスプレイ、だと日本のみならずここ中国でも、ほぼ100%の業界関係者は思っていると思います、残念ですが。。。

そういう決して高くは無いレベル、環境の中で、日夜「VMDとは・・・」と檄を飛ばしている私ですが、誤解を恐れずに書かせて頂くと「究極は売上を作る事、売上を取れないVMDは意味が無い」とも思っています。

ローカルスタッフも正直な所、やはり売上至上主義なんですよ、売上のインセンティブ(予算達成でのボーナス)制が導入されているアパレル、小売りも本当に多く、売場陳列よりもまず接客、陳列・VMDは後回しみたいな店長、スタッフも本当に多く、まず指導、育成というステージにすらあがっておらず、まずステージに上げる事からコツコツ始めなければならないのもこれまた事実。

いずれにしても、商品軸の考えられた売場、綺麗な売場で売上実績を作り、成功事例を作る喜びを理解してもらうことから着手しています。。。明日も朝から売場クリニックだ〜頑張ります・・・フゥ〜


それでは!
 2012/03/31 02:11  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード