« 利益上回る賃貸料高騰! | Main | 大事にしていること! »
ジル・サンダー女史 古巣に復帰!
昨日の報道、「ジル・サンダー女史が創業ブランドJIL SANDERにクリエイティブディレクターとして復帰」とのこと、現クリエイティブディレクターのRaf Simons氏が2/27付けで退任し、翌2/28から就任予定とのこと。本当に喜ばしいニュースですね。今年の6月に発表が予定されている、13SSメンズコレクションが復帰初のコレクションになるようです。

女史のコメントが洒落ています。
「今回の復帰は本当にハッピーでエキサイティングなことです。まるで束の間の旅行から自分の家に帰って来たような気分です。ジル・サンダー ブランドは、初日同様に鮮明で、今でも自分自身に深く根付いており、それは自然に、私のビジョン通り洗練され、モダンなデザインは、常に私と共に存在しています。ファッションのトレンドは変化し、シーズン毎に進化しますが、ブランドの中心となる部分は変わりません。ジル・サンダー ブランドの現代のアイデンティティをデザインすることは、より大きなチャレンジであり、より大きな喜びとなるでしょう。それは予想以上に素晴らしい時間になると確信しています。ファッション界は、オリジナルの声と真のシグニチャーを必要としています。再び私は皆と共に最善を尽くしたいと思います」

以前のブログにも書きましたが、ユニクロで「+Jブランド」のデビュー前、展開中に売場,売り方で本当に真剣に向き合い、女史のブランディング、服に対する拘り、彼女のVMD理論、など凄く凄く勉強になりました。

当時は何か新しい環境下で大好きな服を丁寧に作り上げる、ということでユニクロとの取組みをスタートさせたと思いますが、やはり女史の持つアイデンティティとユニクロの戦略とは相容れること無く、結果的に契約終了という結果に繋がったと思います。

いずれにしても、女史の情熱と将来を見据えた強さは、JIL SANDERを大きく変えていくことになると思います。お体に気をつけて頑張って頂きたいと思います。

それでは!
 2012/02/26 01:29  この記事のURL  / 




プロフィール
内田 文雄(うちだ ふみお)
上海在住。2011年 上海にてVMDコンサルティング会社 碧詩商務咨詢(上海)有限公司 設立。現在の仕事は「売れるVMD」を基軸に @中国アパレルに対してのSPA構築セミナー、月/週次指導 A中国、アジア地域に展開する日系ブランドのVMD&インテリアデザインディレクション B中国/日系ブランドへの売場活性化クリニック C新店OPENディレクション D販売スタッフへのVMD教育育成指導。いつでもお気軽にお問い合わせ御待ちしております。 モットーは「VMD IS MY LIFE!」    1984年から(株)ワールドにて数々のブランドのVMD業務に携わり、1993年に上海交通大学に留学、その後上海駐在。2005年4月ファーストリテイリング (株)ユニクロに転職、VMD部門の日本、グローバル(欧米、アジア)全体の責任者として、ユニクロのグローバルVMDの仕組み構築、店舗スタッフ育成指導、国内の大型店、海外グローバルフラッグショップのディレクションを担う。2010年8月ユニクロを退職し起業。 IFIビジネススクールVMD講師。

2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

http://apalog.com/uchida/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード