« 2013年05月 | Main | 2013年07月 »
「東京駅スウィーツ部門♪5」

東京駅スウィーツ部門のレポートの最後は、
銀座たまやさんの「東京ごまたまご」でしめたいと思います。
黒ゴマペーストとごまあんをカステラ生地でくるみ、
ホワイトチョコレートをコーティングした、
東京お土産の代表格ともいえる「東京ごまたまご」の店舗は
東京駅構内のあちこちにあるため、買い求めやすく便利です。

販売員さんは緑の作務衣に、前掛け、足袋もはいてるので、
とても目を引きますね。



この日は偶然にも外国人客が「オンセンタマゴー」と喜ばれている姿を見かけ、
ほほえましかったです。
正確には温泉たまごではないのですが・・・。


出典:銀座たまやHP

東京駅にはたくさんのお土産菓子が並んでいます。
販売員さんは、笑顔で呼び込み、笑顔で接客。
多くの人が行きかう姿を常に笑顔で見守る販売員のみなさんには、

より多くの人に東京駅を楽しんでもらいたい。
そして、思い出の一部として、このお土産を選んでもらえたら・・・。
そんな思いがあるのかもしれませんね。

制服が販売員さんの笑顔を後押ししてくれているように感じました。
これからも、東京駅で美味しいスウィーツを食べ歩きしたいと思います。

 2013/06/28 18:44  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
「東京駅スウィーツ部門♪4」
こんにちは、響スタッフのチホです。
今回はスウィーツ部門後編ということで、引き続き東京駅構内の
オススメスウィーツを紹介していきたいと思います。

東京駅のお土産菓子は圧倒的に洋菓子が多いことにお気づきでしょうか。
やはり、適度に日持ちして、好みに左右されない。という点で
洋菓子のニーズが高いのかもしれませんね。
でも、せっかく東京駅にきたのなら、個人的に食べて頂きたい
和スウィーツがあるのです。


まず、欠かせないのがこちらのお店。
私はスタンプカードを携帯しているほどファンです。
「四谷 十三里屋」さん。大学芋のテイクアウト専門店です。


昔の人はイモのことを「あの栗(九里)より(四里)甘い」といったそうで、
芋屋は「十三里(九里+四里)」と看板を出していたそうです。
八百屋といい、日本人は言葉遊びが好きですね。


定番商品とならび、春には、期間限定で桜蜜も楽しめます。


芋皮色の作務衣は、職人風で凛々しい制服ですね。


 2013/06/23 18:05  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
「東京駅スウィーツ部門♪番外編」

こんにちは、響スタッフのチホです。
今回は番外編として、
グランスタB1にある「まめぐい」さんの紹介です。



名前の通り、個性的な手ぬぐいとお豆や茶葉がセットで販売されているお店です。
好きな柄の手ぬぐいを選び、四角く包むと
ちょうど良い手のひらサイズのお土産菓子になります。
てぬぐいは四季折々のもの、定番、メッセージものなどがあります。



お写真を撮らせていただいた5月には、「こいのぼり」や
「お母さんありがとう」というメッセージてぬぐいが並んでいました。

The!お土産ではなく、ほんの気持ちです。という時にも便利ですね。



販売員さんは、黄色い手拭いに、ドットの綿シャツ、
裾にも手ぬぐいがあしらってあるサロンを身につけていました。
和のほっこり感が良いですね。

 2013/06/15 16:50  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
衣替えと、9年目を迎えたクールビズ


例年より早く梅雨入りした今年。
6月に入り、街でも衣替えした半袖の制服を見かけるようになりました。

特に、今年は環境省が「スーパークールビズ」の定着化として
更なる軽装の奨励やワークスタイルの変革などを呼びかけており
5月の最終日である31日には、衣替えのタイミングに合わせて
六本木でファッションショーまで行われていた力の入れようでした。

クールビズは2005年に提唱されたので、今年で9年目となります。
開始以来、例年アパレル業界はクールビズ商戦を打ち出し
コットン素材のジャケットやチノパン、
機能性シャツやポロシャツなどを展開させ、店頭を飾っています。

ちなみに「スクールビズ」を提唱するLucyPopでは、
夏の定番となったポロシャツが今年も登場しています。
さらっとした着心地でヨレず、着回し力のあるアイテムです。



グレー、ピンク、ホワイト、ネイビーの4色展開。
サイズもS〜Lから選べ、ラインをきれいに見せてくれますよ。



朝夕の寒暖の差や、効きすぎた冷房などには
コットンのニットをプラスすると便利で安心感があります。



「スーパークールビズ」の意図する「更なる軽装」という線引きが
着る人にとって個人差があり、あいまいなのが難しいところですが
はたして10周年を迎える来年はどのように変化してくのか、
クールビズを巡る社会の動きにも、注目したいと思います。


■女子中高生のための制服系アイテム専門ブランド
「LucyPop(ルーシーポップ)」

☆店舗のご案内
東京都品川区小山3-27-5 1F 03-6426-6234
http://lucypop.jp/

☆アクセス
東急目黒線 武蔵小山駅 徒歩2分
(都営三田線・東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道も乗り入れ)

☆オンラインショップ「LucyPop OnLine」
http://shop.lucypop.jp/

 2013/06/08 16:56  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
これぞCA!と思わせる、JALの新ユニフォーム


出所:毎日jpより

昨年末にニュースがリリースされてから、半年。
以前もこちらのブログで、少し触れたことがありましたが
6月1日から日本航空(JAL)のユニフォームが一新されました。

人と接する仕事の代表格、エアライン業界にとって花形ともいえる
客室乗務員(CA)のイメージチェンジが斬新で話題になっています。

新ユニフォームは、一言でいえば「ハンサムウーマン」。
清楚でいて、パリッと引き締まったイメージのある濃紺に
ところどころビビットな赤が配されており
これぞCA!(古くはスチュワーデス!)という
プロフェッショナルの気品を感じさせる姿が目を引きます。
実用性と美しさを兼ね備えたデザインは、丸山敬太氏によるもの。


出所:日刊スポーツ.comより

加えて、「JALといえばコレ」というほど、
誰もが一度は目にしたことがある伝統的なロゴの
赤い「鶴丸」マークが散りばめられたデザインになっています。
スカーフと袖、ベルトのバックル部分、胸元など、
細かなアクセントにも「鶴丸」の装飾がちらり。芸が細かいです。
ここまでのリニューアルは9年ぶりとなるそう。

対して、ライバルともいえるANAグループが2014年下期から導入するという
新ユニフォームのデザイナーも、最近発表になったばかり。
NYのデザイナーPrabal Gurung(プラバル・グルン)氏に決定し
これが初めての外国人デザイナーの起用となるそうです。
先行したJALに対して、どのようなユニフォームが登場するのか
こちらもリリースが楽しみです!

 2013/06/04 11:16  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf