« 2012年12月 | Main | 2013年02月 »
大江戸線をジャックした、制服姿の乃木坂46!


先日、都営大江戸線に乗った際に見かけたポスター。
「見た見た!」という声が聞こえてきそうですが・・・



乃木坂46の4枚目のシングルとして、
12月19日にリリースされた「制服のマネキン」。
この曲名にちなんで、乃木坂46と他業種とのコラボポスターが
都営大江戸線の駅に貼り出されていたのですね。

コラボポスターは全部で7パターン。
乃木坂46のメンバーが、コラボした企業7社の制服を着ています。
ちなみにコラボしたのは東京都交通局をはじめ、伊勢丹、はとバス、
HTC NIPPON、全日本空輸、中日ドラゴンズ、ホテルヘリテイジ。
キャビンアテンダントやバスガイド、デパート案内、ホテルウーマンなど
制服とは切っても切れない、幅広い業界が勢揃いして面白いですね。

ポスターは大江戸線の環状部28駅で、ランダムに掲出されていますが
1月14日まで見られるそうですので、要チェックです。

余談ですが、コラボ中のHTC NIPPONの新商品PRでも
セーラー服の乃木坂46が登場しています。



乃木坂46は、「『AKB48』より人数が少なくても負けない」という意味合いで
プロデューサーの秋元康氏が命名した、アイドルユニット。
ちょうど2期生オーディションの募集期間中というタイミングに相まって
この冬をホットにしてくれる話題を提供してくれそうです!
 2013/01/06 18:59  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
松井選手の「不動心」と、引退会見での名言

2012年の最後に飛び込んできたのは、まさに驚きのニュース。
「プロ野球の松井秀喜選手、現役引退」
とても衝撃的でした。

巨人軍で長年実績を残したのち、メジャーリーガーとなる夢を叶えて
多くの野球ファンを楽しませてくれた松井選手。
たとえアメリカでは戦力外通告を貰ったとしても
相変わらずの人気者ですから、日本でも引手数多だったはず。
「まだ行ける、現役を続行してほしい」「引退は早すぎる」と
きっと沢山の方々が思っておられることでしょうね。

この話題はニューヨークタイムズ紙をはじめ、
アメリカの新聞でも大々的に報じられていました。


※ニューヨークタイムズweb版より

引退を決断した松井選手の潔さには
惜しいと思いつつも、正直、感銘を受けました。
というのも、過去に読んだ松井選手の著書である
「不動心」がとても印象的だったからです。

この本には「松井秀喜」という素顔の好青年が
どのように成長してきたのか、親しみの湧く語り口で綴られています。
野球選手として大成しているのに、まるで偉ぶっていない本音や
幼少期から、どれほどの努力を重ねてきたのかなど、
松井選手の人間味あふれる爽やかな魅力が満載で
彼を知らない人でも、読後にはファンになってしまいますよ。


※Amazon.comより

特に、メジャー4年目で左手首骨折という大けがをして
復帰するまでの間のエピソードは心に残ります。
焦りや恐れなどの負の感情を抑え込み、ポジティブに転じさせて
見事に復活するまでのタフな精神は、感服ものです。

引退会見で松井選手が言った台詞は、名言だと感じました。
「憧れのヤンキースのユニフォームに袖を通し、
7年間もプレーできたことは最高に幸せな日々でした」

ヤンキースの、白地に黒のピンストライプ。
松井選手があのタテ縞のユニフォームを着てプレーしたいと
長年夢見てきたことは「不動心」の中にも書かれています。

試合中に左手首骨折をして緊急搬送された病院で、
治療のためとはいえ、無遠慮にユニフォームが切り裂かれたことが
どれだけショックだったかというくだりがありました。
腕に激痛が走るなかで、ユニフォームを切らないで欲しいと
必死に抵抗した松井選手の気持ちを思うと、
彼がどれだけ真剣に夢に向かってきたのか、胸が熱くなります。

今後、どのような道を歩むとしても応援したい・・・
そんな気持ちで、ささやかながらエールを送りたいと思います。
ありがとう、そしてお疲れ様でした。

 2013/01/03 16:00  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf