« スクールユニフォーム | Main | イベントユニフォーム »
2014年のテーマは、「円陣」!!
12月ともなると、耳に届き始めるのが来年・来シーズンの話題。
先日も、2014年に開催されるサッカーのワールドカップ(ブラジル大会)で
日本チームの選手陣が着用する新ユニフォームがリリースされました。


出典:夕刊フジ

もはや伝統となった、サムライブルーの深い青を踏襲していますが
このユニフォームには、ちょっとした仕掛けがなされています。

青地の中に、部分的にネオンカラーの赤い帯が配されていており
これは、選手たちが試合で「円陣」を組むときに、
隣で肩を組むチームメイトの赤い帯とつながり、ひとつになって
11人で大きな輪が作れるように考えられています。

そんなことを聞くと、実際の試合でも
円陣で「オーッ!」と意気を高める瞬間に、
カメラワークで大きな円をとらえてほしいと期待してしまいます。


出典:アディダス公式サイト

左胸のエンブレムの下にも、11本の帯用のデザインが配されています。
チームが強い絆でつながって良い結果を勝ち取れるように、
祈りが込められているのだと思います。

アディダスさんの公式サイトには、サッカーの日本代表とコラボした
特設ページがあるのでチェックしてみてください。
円陣のコンセプトが、カッコイイです。
http://adidas.jp/jfa/

また、このユニフォームのリリースと時を同じくして
コンビニエンスストアのファミリーマートさんが、従業員用のユニフォームに
日本代表チームのレプリカを採用することを発表していました。
期間限定とはいえ、日本全国の約1万店で
従業員がサムライブルーに身を包むのは、面白いですね。
制服を効果的に活用した企業ブランディングとしても
良いお手本になるのではないかと思います。

ファミリーマートさんはサッカー日本代表の公式スポンサーの一つなので
サポーティングカンパニーとしてスタッフを巻き込んで
大々的に行うキャンペーンも、注目を集めそうです。
 2013/12/14 12:20  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
黒い猫ちゃんマークでおなじみの・・・


コンビニに立ち寄ったところ、
ヤマト運輸さんのスタッフが集荷に来ていました。
この緑を基調にしたユニフォームは、遠くからでも
「あ、クロネコヤマト。」と分かりますよね。



帽子、ブルゾンは自然を思わせる深い緑と、
パンツのベージュはアースカラーでやさしくコーデされています。
そして、ワンポイントはおなじみのあのマーク。
さわやかでありながら落ち着いて見えます。

これには「ワーキングウェアからサービスウェアへ」という
リニューアル時のコンセプトがあったのだとか。
このメッセンジャーバッグ、使い勝手が良さそうでいいなぁ・・・。

「運ぶ」から「届ける」へコンセプトをシフトさせている
運輸業界にとって、トランスポーターユニフォームの代表選手
といえるのが、ヤマトさんの制服ではないかと思います。



季節や地方によっては、緑のブルゾンのさらに上に着る、
もこもことした上着を見かけます。



そうそう、夏に見たときはこんな感じだったのです。
性別や年齢、ポジションなどによって、
着るユニフォームの区別をしていないのも、好感度高めです。
「みんな同じものを着る」というスタッフ間の統一感と連帯感に加え、
利用者側としても、フェアでクリーンな感じがして信頼できます。

長袖も半袖も、二の腕あたりにペンホルダーがついており、
形や素材、縫製には動きやすさも重視しているし、
機能と実用を兼ね備えた工夫が、いろいろと隠れていそうで気になります。

現在のデザインは、平成12年に宅急便事業の25周年を記念して
リニューアルされたものだそうです。
少しづつ改良を加えられているかと思いますが、
それ以降現在まで10年以上も続いているということになりますから
時代が変わっても古さを感じさせないというのは、
良いユニフォームのお手本といえそうです。


 2011/03/17 16:28  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
キャラクターユニフォーム


春は出会いと別れの季節です。

知人夫妻が引っ越すことになったという急な話を聞きつけ
お餞別を渡すために、見送りに行ってきました。

到着すると、ほとんど家財が搬出された後でしたが
わざわざ、転居先の仙台からもスタッフが駆けつけており
総勢6名のスタッフは、作業の大詰めといった様子。
大物家電や家具を梱包していました。

都内から都内のように、近隣での移動の場合は
当日中に積み込みから積み下ろしまでが完了することが多いのですが
今回は距離のある移動とあって、二日に分けた作業になるそうです。



作業にあたっていたのは「サカイ引越センター」の皆さんでした。
襟やボタンのない、Tシャツタイプのユニフォームと、
脚にフィットしすぎないゆとりを持たせたパンツ。
身体と技術を上手に使って、重いものや大きなものを
いかに素早く、効率的で安全に運び出すかの工夫が
ユニフォームにも隠されているようです。

Tシャツ右袖には、「安全認定優良事業所」のGマーク。
左袖には、所属とフルネームのワッペンがついています。
鮮やかな青と、パンダのマークが目印です。

「あ、靴下までパンダ!?」 気になってつぶやいてしまいました。



このソックス、今まで見たユニフォームの中で最強かもしれません!
これは「サカイ引越センター」さんのキャラクターを用いたユニフォームブランディングか?
はたまたユニフォームにおけるランチャスター戦略の新ジャンルか?

それにしても皆さん
声掛けも、動きも、機敏で見ていて気持ちがいいのです。
現場責任の小畑さんは、ベテランの風格を漂わせつつ
気配りの人という印象で、安心感がありました。



作業が終わり、黒いジャンパーを着て現れた小畑さん。
(これもやはりパンダのマークなのですが)
なんと我々に同じ靴下をくださいました。
「皆さんで使ってください。これを見て思い出してくださると嬉しいです。」
小さなつぶやきも聞き逃さないとは・・・しかも心憎い!
人生にとって、一大イベントともいえる引越しならば
こんな人にお任せしたいなぁと思った次第。

今年はこの時期でも雪が降るという仙台。
知人夫妻とはなかなか会えなくなってしまいますが
くれぐれも健康には気をつけて、
新天地にて活躍してほしいと願うばかりです。



 2010/04/23 09:34  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
ブランドを背負ったユニフォーム


現在開発中のユニフォームのサービス提供方法の一つとして
「最高のマーキングとは何か」という課題があります。
マーキングとは刺繍やプリントやワッペンなどで
ユニフォーム着用企業さんが社名や店名や商品名などを
表示することを指します。

今回はこのマーキングについて、単なる「名入れ」と言われている
従来からの自社名の表示に留まらないような
斬新な表現方法を検討しています。

そんな時、ふっと見かけたコカ・コーラさんのルートサービススタッフ。
大きなポケットのついたワークパンツと、
所々にブランドカラーの赤が使われたピンクのシャツ。
このシャツには蝶ネクタイが付いているのが、なんとも小粋です。



一見してブランドの分かるユニフォームというのは
見る人の心にも語りかけるメッセージがあるように思います。


弊社でも新たなブランド価値を創出するユニフォームを
マーキングのサービスと合わせて企画中です。
クライアントさんのお許しが出れば、
アパログでも具体的に紹介していきたいと思います!



 2010/03/10 11:02  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
スウェーデン発、みんなハッピーになるPRの法則?



この季節はずれの写真は何でしょう・・・?
ご覧の通り、我が家で先月まで飾られていたクリスマスツリーです。



さかのぼること昨年の11月。
IKEA(スウェーデン発のホームファニシングブランド)の各店で
クリスマスツリー用のもみの生木が販売されていました。
毎年この頃にメールやHPで「ツリー発売日」が予告され、
販売当日には即売り切れとなる恒例イベントなのです。

何がそんなに人を惹きつけるのかというと、
このツリーには、とても嬉しいからくりがあるのです。
年末に購入したツリーを使用した後、
年明けの指定期間中に購入した店まで持参すると、
なんと!ツリー代と同額のクーポンに交換してもらえるのです。
(1,990円のツリーが、1,990円のクーポンになります!)

初回だけはツリーの台座を購入せねばなりませんが
生木の香りと、欧風なクリスマスを満喫できるだけでなく
言い換えれば、木そのものは「無料」なのですから・・・。

当然ながら、返却期間中のIKEAは混雑しておりました。
年末と、年明け。ユーザーに2回足を運んでもらい、
皆が手ぶらで帰らないとなれば
ツリーによるPR効果は絶大だと思われます。



襟付きのシャツがスポーティな、IKEAスタッフのユニフォーム。
働いている人々にはとても活気があり、仕事へのやりがいや
自信に満ちている感じす。
みんな、同じユニフォームを着たチームメイトなんだなぁと感じます。

IKEAのカラーは黄色と青が基本のようです。
店内、店外、買い物袋、送迎バスに至るまで随所にこの色使いが
配置されています。
スタッフの顔ぶれも言語も国際的で、面白いです。



清掃スタッフはブルーのユニフォームでした。
返却される枯れたツリーからは、どうしても葉が散らかるのですが、
彼らの働きぶりが機敏なので、店内はとてもクリーンです。
(最近のビルメンユニフォームは、軽やかなカラーで、ソフトな印象の
ものが出てきていますね)



空間の広さが伝わらないのがもどかしい!
右から左まで、幾つも並んだレジもフル回転です。
ツリーの「買戻し」システムは・・・?
今年も大成功だったのではないでしょうか。

ちなみに、IKEAに集まった使用済みのツリーはリサイクルされるそうです。
「バイオエタノール製造施設」で燃料に利用されるほか、
固形燃料に加工されたり、工場稼動の電力などに活用されるのだとか。

ユーザーも幸せになり、お店も潤い、楽しんだ木材はエコロジー。
こんなハッピーな仕組みが溢れた世の中になるといいですね。


 2010/01/13 10:37  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf