« ニュースな制服・ユニフォーム | Main | ブランディング効果 »
女子学生服のはじまり〜今の制服になるまで〜 2


明治初期の女学生はと言えば、袴姿で学校へ通っていました。
それが大正時代に入ると、和装から洋装の女性が増えていきます。

今でも多くの女子が制服として着用しているセーラー服も
大正時代に女学生の制服としての着用が始まったと言われています。

現在でも、セーラー服を指定制服にしている学校は多く、
日本の中学校では半数以上の学校が、
高等学校でも2割の学校がセーラー服を制服に採用しています。

今日でも愛され続けているセーラー服を日本で初めて導入したのが
京都府にある平安女学院だそうです。
平安女学院がセーラー服を採用したのは、1920(大正9)年のことでした。


画像出典:http://www.heian.ac.jp/index.html

日本で初めてのセーラー服はワンピ―スタイプのものだったようですね。
はかま姿の女学生が多い中、暑い京都の街中をこのワンピースで
颯爽と歩く姿は憧れの的だったかもしれません。

初期のセーラー服は今とは違いワンピースタイプが主流でした。
現代と同じ、上下が別のセパレートタイプが登場したのは大正時代1922年。
福岡女学院から歴史が始まりました。
ワンピースタイプの制服が日本で初めて登場した時から2年後のことです。


画像出典:https://www2.fukujo.ac.jp/js/

セーラー服にベレー帽。昔は指定の学校帽があったんですね。
今は、小学生までは学校帽を規定している学校もありますが、
中学校に上がるとなくなってしまうことの方が多いですね。
個人的には、帽子に制服の組み合わせカワイイと思います。

こうして全国各地へ広がっていったセーラー服。
大正時代に制服に採用した学校があったから、
今のセーラー服があるのだと思います。

本日は学生服関連番組のお知らせがあります。
カンブリア宮殿(テレビ東京)
本日2016年6月9日(木)22時00分より放送予定。
老舗メーカーの トンボ学生服 さんの紹介です。
 2016/06/09 19:03  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
女子学生服のはじまり〜今の制服になるまで〜 1


女性のための学びの場である私立の学校が増え始めたのは、
明治時代に入ってからです。
第二次世界大戦より十数年ほど前の話になります。
今でも女学校として、経営が続いている学校は
創立100年の歴史を残しています。


画像出典: http://kousei.s40.xrea.com/xoops/

明治初期の女学生は、和装やはかま姿で学校へ通っていました。
今でも愛され続けている洋装のセーラー服が取り入れられるのは
大正時代になってからのようです。

学校によっては、はかまの帯に校章のバックルを付けたり、
はかまの裾のラインを1本や2本と生徒で統一したりすることで
制服としての役割をしていたところもあったそうです。


画像出典:http://www.kaikou.city.yokohama.jp/index.htm

こちらは、横浜開港資料館で行われた「ガールズビーアンビシャス
横浜山手のミッションスクール」の展示のフライヤーと展示されていた写真です。
長い髪をきれいに結って、みなさん袴を着ていますね。


画像出典:http://www.kaikou.city.yokohama.jp/index.htm

横浜港が開港後、キリスト教宣教師が続々と来日しました。
「女子の布教が進まない」ということから
「教育を通じて、キリスト教を伝える」いわゆる「伝道」(ミッション)
を主軸とした学校づくりが推進されたため、
横浜には歴史のあるミッションスクールがたくさんあります。

昔の日本の女学生を知ることのできる展示は、他にも行われていて、
京都にある京都市学校歴史博物館では、過去に「京都の高等学校と女学生」という
企画展示を行っていました。


画像出典:http://kyo-gakurehaku.jp/

現代の女の子たちと違うのは「中途退学」する生徒が多かったことです。
特に美人は卒業できないとまで言われていました。
当時、学校へ通える女の子はお嬢様ばかりだったので、
縁談話がきてしまうと、学校をやめて結婚するしかなかったんですね。

残念ながら、今年は昔の女学生を知る展示企画が見当たらないのですが、
機会があったら見に行ってみたいです。
次回は、袴姿から洋装のセーラー服が広まっていった話をしたいと思います。

 2016/06/05 21:13  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
今回は日本の春によく似合う、学校制服についてです。

春に似合う、パステルカラーで人気の制服といえば
小野学園女子中学校は品川区にある、80年続く歴史のある女学校です。

2012年にAKB48の渡辺麻友さんが、
「サヨナラの橋」のミュージックビデオで着用し、
「まるで夢のような制服」と評した、
女の子の夢がいっぱい詰まったような可愛い制服です。

都内の私立の中学校には、通いやすい立地、歴史と伝統のある学校、
時代に合わせた教育方針、の3つが揃っている学校は多くあります。

実際に受験をする小学生とご両親は多くの学校を見学して、
その子に合った学校を探していきます。
どこの学校の雰囲気も同じくらい気に入っている。となると、
最後の決め手は制服の可愛さになってくるようです。

とくに女の子は、着る服でモチベーションが上がったり、
姿勢が良くなったり、制服一つで気持ちが前に向いていきます。
毎日着るなら可愛い方が良いと思うのは自然なことです。



本来、制服のデザインは大人のスーツと違い、成長期の子供に合わせ
「どんな体型でも着れる」ようにデザインされています。
ストンとした真っ直ぐなラインになるのが基本です。

ですが、小野学園女子中学校の制服には、
真っ直ぐではなく、曲線のラインをいれることで、
女の子らしい、綺麗なラインの制服に仕立ててあります。

ベースカラーのピーチベージュも、日本人の肌に合うよう
優しい色遣いの組み合わせになっています。

真冬に羽織る、ブラウンの指定のコートも高い位置で切り返しがされていて、
寒い日も楽しみになるデザインだなと思います。

4月に桜並木の下を、小野学園女子中学校の新入生が
パステルカラーの制服を着て歩いている姿に、春の訪れを感じます。
日本の春によく似合う制服のお話でした。

画像出典: 小野学園女子中学校 
http://www.netty.ne.jp/select/pop.php?sc_code=162
 2016/04/16 18:29  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
「思い出の制服をミニチュアに」


学生服には、中学や高校ですと3年間の思い出がぐっとつまっていると思います。
みなさんは自分の制服、大事にそのまま取って置いていますか?
なんとなく捨てられなくて、クローゼットにしまいっぱなし。
そんな方もいるかもしれませんね。

出典:卒業メモリアル・ベアHP

写真のテディベア、セーラー襟の制服を着ていますね。
写真の女の子とお揃いの制服です。
これはメモリアル・ベアといって、思い出の制服を小さなサイズで作ってくれるサービスです。
かわいらしいですよね。
ベアの着ている制服は型紙をおこし、学生が来ている制服と同じ生地で制作されています。

出典:卒業メモリアル・ベアHP

セーラー襟の特殊ラインもきれいに再現してくれます。
細いラインはかわいらしく、しっかりしたラインは凛々しく。
セーラー襟のラインのデザインひとつで後姿の印象が変わりますね。

大人になると、目の前の仕事や忙しさに自分のことでいっぱいになってしまう時があると思います。
学生服を毎日着ていた頃のように、友人と笑ったり、悩んだり、
喧嘩したりする時間は持ちにくくなっていきますね。
制服を小さくすれば、お部屋のどこでも飾れます。
眺めて、懐かしんで、頑張ったことや悲しかったことを思い出す。
たまにはそんな時間も必要かもしれませんね。

他にも、自分で使ったランドセルや鞄を小さくしたり、
結婚式のドレスを小さくしたり、
思い出を小さく飾るサービスが普及しています。
ルーシーポップの制服も、誰かの大切な思い出の一員になれるよう、
これからも思いを込めて作っていきたいと思います。
メモリアル・ベア公式HP:http://www.memorial-bear.com/

 2016/02/14 22:14  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
「受け継がれる制服、足利市」


みなさんは制服リサイクルバンクという制度があるのをご存知ですか?
繊維の街、足利市で行われているこの制度は、
高価なのに時期が終えたら大半が捨てられてしまう学生服が
もったいないと地元の主婦の方々が集まった(足利くらしの会)の
ボランティア活動としと始まりました。

卒業や、思いのほか子供の体格が成長し、まだ着れるのに
サイズアウトしてしまった「不要になった制服」を引き取り、
「欲しい人に譲る」というもので、全国的にも珍しい活動だと思います。

かつての足利には繊維工場がならび、作られた着物は
足利銘仙として一世を風靡し、繊維によって栄えていきました。
そんな繊維の街であるにもかかわらず、市民のゴミの半数は衣類。
制服に至ってはほとんどがゴミとして廃棄されていることがわかり、
この活動はスタートしました。

リサイクルバンクには制服だけでなく、シャツや体操着、
男の子の必須科目の柔道着、ランドセル、通学カバンなど
1000点以上の市内の学生用品が並んでいます。
無償提供された制服たちの、袖や裾の痛みは、かつて洋裁を
仕事にしていた主婦の方々がミシンや手を使いきれいに直して
欲しい方にクリーニング代程度で譲っているそうです。

1996年の開始から利用者は年々増加し、資源ゴミの減量、
および有効利用で循環型のまちづくりに貢献していることが評価され、
「平成21年度 地域づくり総務大臣表彰」(現ふるさとづくり大賞)の
受賞も果たしています。


4月には新品のパリッとした制服をみたい気持ちもありますが、
捨てられてしまうのではなく、丹精込めて作られた制服たちが
また着てくれる人と巡り会える場所があることを嬉しく思います。
おさがりであっても、引き継がれながら綺麗に着られるところに、
日本の製品の縫製の丈夫さや、質の高さを感じることができますね。
弊社の製品もメイドインジャパンにこだわりながら、これからも
質の良い制服ファッションの提供をしていきたいと思います。


画像出典:http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/seihuku.html
 2015/12/18 11:30  この記事のURL  /   / トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf