« おもてなしの心を制服にA | Main | セーラー服の似合う女の子 前編 »
今回は日本の春によく似合う、学校制服についてです。

春に似合う、パステルカラーで人気の制服といえば
小野学園女子中学校は品川区にある、80年続く歴史のある女学校です。

2012年にAKB48の渡辺麻友さんが、
「サヨナラの橋」のミュージックビデオで着用し、
「まるで夢のような制服」と評した、
女の子の夢がいっぱい詰まったような可愛い制服です。

都内の私立の中学校には、通いやすい立地、歴史と伝統のある学校、
時代に合わせた教育方針、の3つが揃っている学校は多くあります。

実際に受験をする小学生とご両親は多くの学校を見学して、
その子に合った学校を探していきます。
どこの学校の雰囲気も同じくらい気に入っている。となると、
最後の決め手は制服の可愛さになってくるようです。

とくに女の子は、着る服でモチベーションが上がったり、
姿勢が良くなったり、制服一つで気持ちが前に向いていきます。
毎日着るなら可愛い方が良いと思うのは自然なことです。



本来、制服のデザインは大人のスーツと違い、成長期の子供に合わせ
「どんな体型でも着れる」ようにデザインされています。
ストンとした真っ直ぐなラインになるのが基本です。

ですが、小野学園女子中学校の制服には、
真っ直ぐではなく、曲線のラインをいれることで、
女の子らしい、綺麗なラインの制服に仕立ててあります。

ベースカラーのピーチベージュも、日本人の肌に合うよう
優しい色遣いの組み合わせになっています。

真冬に羽織る、ブラウンの指定のコートも高い位置で切り返しがされていて、
寒い日も楽しみになるデザインだなと思います。

4月に桜並木の下を、小野学園女子中学校の新入生が
パステルカラーの制服を着て歩いている姿に、春の訪れを感じます。
日本の春によく似合う制服のお話でした。

画像出典: 小野学園女子中学校 
http://www.netty.ne.jp/select/pop.php?sc_code=162
 2016/04/16 18:29  この記事のURL  /   / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/tokumei/tb_ping/421



プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf