« クイズバライティー番組でも親子制服 | Main | 今回は日本の春によく似合う、学校制服についてです。 »
おもてなしの心を制服にA
「おもてなしの心を制服に〜美味しさを引き立てる、デパ地下の制服〜」

日本のデパートの地下フロアには、ガラス張りのケースに色鮮やかなお惣菜や
スウィーツがずらりと並んでいます。
食品の専門フロアは、目で楽しい食べておいしい、
食べることが好きな人にとっては本当にわくわくする場所ですね。

ちなみに、今ではデパートを訪れる人の楽しみの一つとなっている、
デパ地下を日本で初めて導入したのは松坂屋名古屋店だそうで、
そこから各地に広がっていったといわれているようです。



デパ地下に行くと、日本はスマイル0円の国だと感じます。
お店のイメージカラーの制服を着た店員さんたちは、
いつ行っても、笑顔と一緒に元気な声で接客しています。
ハツラツとしたお店の人の声を聞いているだけで、
こちらも元気をもらえる気がしますよね。



デパ地下のもう一つの楽しみといえば、制服ですね。
食品フロアは清潔さをアピールするのに、白を基調にしているお店が並びます。
制服の色は白い店舗に似合う、白ベースにブルー系のさわやかな色、
グリーン系のナチュラルな色が起用されていたりしますね。



洋菓子店だと、高級感のある落ち着いたブラウンやブラックの制服のお店もあります。
他にも、イメージカラーを前面に押し出しているお店もあります。
例えば、崎陽軒のシウマイ娘(シウマイを売るスタッフのこと)は
列車のホームで手売りしていた頃と変わらず、パッケージと同じ赤い色の制服です。



さわやかな笑顔と、元気な声、清潔感のある制服、
これらが揃っているからこそ、
デパートの地下に並ぶ惣菜やスウィーツはよりおいしく、
魅力的に見えるのかもしれません。

美味しく食べて欲しいという、おもてなしの気持ちのこもったお惣菜。
人の手から買う温かみも、対面販売ならではの美味しさに繋がっているように感じます。

これからも、制服が働く人に元気を与えて、
関わる人の笑顔につながっていったら良いなと思います。
そんな制服を、弊社でもプロデュースしていきたいと思います。


 2016/03/20 23:06  この記事のURL  /   / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/tokumei/tb_ping/420



プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf