« 「トワイライトエクスプレス 瑞風」接客乗務員の制服を発表 | Main | 「思い出の制服をミニチュアに」 »
「三菱東京UFJ銀行 新年より制服導入」

株式会社三菱東京UFJ銀行では平成28年1月4日、制服が導入され話題になりましたね。
三菱東京UFJ銀行は経費削減や銀行の堅いイメージを和らげるため
一時制服を廃止していました。
廃止されたときは、寂しさと共に銀行の新しいかたちが生まれるのかなと感じていました。
今回の再導入によって、制服着用による新たな効果が期待されます。

三菱東京UFJ銀行の制服再導入のコンセプトは「信頼感」「清潔感」「親しみやすさ」。
ねらいは、「視認性」を高めることと「統一感」を持つことで
お客様に安心して利用してもらうこと。
そして、従業員のプロ意識の向上とともに質の高いサービスの提供することを
目的としているとのことです。

お披露目された三菱UFJの制服は、親しみやすいグレーと紺の落ち着いた色合いです。
女性の制服にはジャケットスタイルとベストスタイルの2種類を採用。
男性はシンボルカラーの赤いネクタイ、女性はシンボルマークをアレンジしたリボンを
結んでいます。


出典:三菱東京UFJ銀行HP

一度廃止した制服を再導入することは、まれにみられることです。
制服による効果がうまく発揮されると良いですね。

制服着用の効果は、制服を着るだけでは得られないと私は思います。
制服には、組織の一員であることを内外に表わす役割がありますね。
お客様には、従業員であることが一目でわかる。
ランチタイムなどで制服姿で外を歩いても見ず知らずの人に「ああ、○○会社の子だ」
とわかってしまう。
「人に知られる」「会社の顔になる」というのは、良い意味での緊張感が産まれます。
着用する本人も、周囲の働く人が自分と同じ制服を着ることで、
仲間意識も生まれチームで動けるようにもなりますね。
でも着るだけでは不十分なのです。
着せる側は、どうして制服を着てもらうのか、きちんと伝える必要があるし、
着る側は、どうして制服を着るのか、自分の中で理由を持つ必要が
あるのではないでしょうか。
その意味を理解して、着用されている制服ほど、輝きを増すように感じます。
 2016/01/21 14:19  この記事のURL  /   / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/tokumei/tb_ping/416



プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf