« 寝不足必須!ソチ冬季オリンピック | Main | クールジャパンイベント »
オリンピック会場の外での着用はNG!?アメリカのユニフォーム

ソチ冬季オリンピックの開催前に、米国務省からアメリカチームへ出された
「オリンピック会場の外ではユニフォームを着ないこと」というお達し。

この警告は、大勢の人が集まる会場周辺でのテロ計画が疑われることから
選手の安全確保を最大の目的として発せられたそうですが
確かに、今回アメリカチームが採用したラルフローレンのユニフォームは
どこから見てもアメリカチームであることが一目瞭然です(笑)


出展:http://teamusa.ralphlauren.com/



出展:http://teamusa.ralphlauren.com/



出展:http://teamusa.ralphlauren.com/

しかし、星条旗のカラーを大胆に配したユニフォームは
どれも格好よく、これぞアメリカ!と唸らせるものでした。
開会式の入場でも、選手団が誇らしげに輝いていたように思います。

オリンピック開催と併せてオープンした
ラルフローレンのチームUSA特設オンラインショップも
発売と同時に売り切れるアイテムが続出するほどの人気ぶりで
こんなところにも、アメリカ人の愛国心の強さを感じますね。




出展: snowboard.com

話変わって、こちらはBURTON(バートン)社がプロデュースした
アメリカ代表のスノーボードチームの公式ユニフォーム。
バートンによるユニフォーム提供は初めてではなく
トリノ・バンクーバーに続き3回連続です。

面白いのが、パッチワークキルトと星条旗をモチーフにしていること。
ヴィンテージキルトの質感と、スポーツウェアとしての機能性を両立するべく
かなりこだわって専用の素材を開発したそうです。
公式ユニフォームのビビットな色合いと対照的な、優しい色使い。
遊び心ある、素敵なデザインですね。
「このウェアを着て表彰台に立つ選手の姿が見たい」という
熱い想いが込められていることが伝わってきます。
オリンピックが終わっても、愛用したくなる
そんな選手も少なくないのでははいでしょうか。

 2014/02/19 18:14  この記事のURL  /   / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/tokumei/tb_ping/386



プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf