« 人と人とのつながりが、前を向く原動力になる | Main | 「Cool Japan 2013 Matching Grand Prix」 »
シウマイ娘になりたくて

弊社スタッフが、崎陽軒の工場見学へ行ってきました。



こちらの工場見学は、「3ヵ月先まで予約がいっぱい」という人気ぶり。
崎陽軒のシウマイといえば、首都圏のあちこちで販売されていますが
一般向けに工場見学を実施しているのは横浜工場だけです。
ちなみに、横浜工場では早朝から夕方までの半日で
一日に80万個ものシウマイが製造されているのです。



工場見学では、崎陽軒の歴史やシウマイ誕生秘話、
味のヒミツ、歴代のパッケージデザインの紹介などの説明と
実際に稼働している製造ラインを見ることができます。

そして…やっぱりありました。お約束の制服試着コーナー!!



子どもサイズから大人サイズまで、現在の制服と昔のハッピが勢揃い。
実際にこれを身に着けて、昭和風情を感じる撮影コーナーで
記念撮影を楽しめるようになっています。



販売員の、通称「シウマイ娘」が登場したのは昭和25年ごろ。
ハッピは男性用で、このように駅でお弁当を販売していたそうです。
驚いたのは、シウマイ娘は容姿も重要な採用条件だったというエピソード。
身長も、当時としては高い158cm以上なければならなかったのだとか。
ハッと目を引く赤いユニフォームを着る美しい売り子さんは、
女性の花形職業として有名となり、大きな人気を集めたそうです。



こちらは冬のユニフォームです。
赤と黒のツートンのものは、創立100周年を記念して、
5年前にリニューアルしたものだそう。
シンプルで女性らしい品のあるデザインです。
これを着たシウマイ娘を見かけたら、注目してみてくださいね。

工場見学の締めくくりは、試食タイム。
「待ちきれず、食べるのに夢中で・・・」と、
うっかり写真を撮り忘れてしまったそうですが(笑)
製造工程を見学した後で味わう出来たてのシウマイは格別で
帰りには工場外にある直売所にまっしぐら、というコースがお約束だそうです。
どうです、行ってみたくなりました?

 2013/11/05 14:11  この記事のURL  /   / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/tokumei/tb_ping/376



プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf