« 制服コーデは日本だけじゃない!台湾の「制服地図」 | Main | 「秋到来!ローファーがカワイイ季節がやってきた」 »
『2020年オリンピック〜制服業界も活気!〜』

9月上旬、2020年オリンピック・パラリンピックの開催都市が
東京に決定しましたね。
招致委員会のみなさんのプレゼン、「おもてなし」という
キーワードが印象的でした。

プレゼンの内容もさることながら、
招致委員の方々の身につけられていた制服も
爽やかなデザインと色合いで、プレゼンターのスピーチに
凜々しさを演出しているように感じました。
グレーのパンツにネイビージャケットに、
ジャケットに合わせたオリンピックロゴマークのスカーフや
ネクタイがアクセントになっていました。



その中でも印象に残ったのは、女性委員の方々が、
スカーフをアレンジしながらおしゃれに巻いていましたね。
そこで私達は、体操の田中理恵選手のアレンジに注目してみました。



可愛らしく女性的にふんわりとリボンにまとめたり、
すっきりと知的にしばったり、
スタイリッシュにジャケットの衿に被せたりと、
その場に合わせたスカーフアレンジをされていますね。

日本の制服スタイルが、オリンピックの場でも多くの国の方に注目され、
国内外の制服業界全体がますます盛り上がることを願っています。


今後は、国の「観光政策」や「海外企業への優遇措置による誘致」
「オリンピックの話題性」に伴い、日本の注目度が上昇し、
海外からのビジネスマンや観光客の増加が見込まれます。

日本人の様式美で「海外からのお客様をおもてなし」する上でも
重要になるのが「身だしなみ」です。
私達は、この機会に 制服の良さ、便利さ、大切さ を
「日本発の制服文化」として世界に発信できたら良いと考えております。

画像出典: SportivaHP、ANNニュース、オリンピックまとめ記事より


 2013/09/21 14:52  この記事のURL  /   / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/tokumei/tb_ping/371



プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf