« 大学生にも制服がある!? | Main | 頑張るスタッフは「何か」が違う »
科学実験ブームにあやかってみました。


北の丸公園の散策、続編です。
日本武道館を通り過ぎ、竹橋駅方面に進んでいくと
気になる施設を発見!その名も「科学技術館」。

「科学」と聞くと、SF映画にドキドキした昔を思い出しますが
近年は科学を分かりやすく解説してくれたり
種明かしのように実験の面白さを紹介するメディアが増えましたね。
原理が分かると、「なるほど!」と思える、科学の世界。

まだしばらく続きそうに思える実験ブームにあやかって
科学技術館に入ってみることにしました。
(いろいろなユニフォームを見つけましたよ!)



チケット売り場の前に、気になるものを発見。
大きな洗面台ではありません。これは「くるくるコイン募金箱」。
上部にある投入口から硬貨を落とすと、
中央の穴に向かって、お金がくるくる回りながら落ちていく仕組みです。
転がっている10円玉が見えますか?
何度も見たくて、つい募金してしまうではないか!
・・・と、そんな画期的な募金箱です。



総合案内やチケット売り場のスタッフは、
ボウタイのついたストライプのブラウスのユニフォーム。
きりっとした白と黒がクールな印象です。



これは、未来の畑です(笑)
土を使わず、ケースの中で水と養分を与えてLEDを照射しています。
奇しくも、先日この話題をニュースで見たばかりでした。
サンドウィッチの「SUBWAY」さんや、都内のレストランなどで
店内の一角にこのような水耕栽培のケースを配置して
採れたての野菜を使っているというのです。



アクティブなパンツスタイルで
展示室を動き回るスタッフがいれば、



説明やデモンストレーションをするスタッフも随所に発見。


液体窒素で花を凍らせる実験!昔から、コレが見たかったのです。
とはいえ最前列に大人がドーンと座るわけにも行かず、
未来の科学者(?)子どもたちの後ろで凝視していました。
白衣は胸にラボオリジナルの刺繍が入っているようでした。




高性能ロボットが沢山置かれた部屋がありました。
リアルな姿で、簡単な会話もできる「お姉さん」もいます。
(注:もちろん、この写真のお姉さんは本物です)



科学技術館には、展示室ごとにスタッフがいるのですが
施設専属の、館内スタッフもあちこちで見かけます。

このユニフォームがいいですね。気に入ってしまいました。
淡いピンクのシャツと、ベージュのチノパンという
明るくてさわやか、温かみのある色合わせで
よく見るとシャツに水玉のすかしが入っているのです。
女性だけでなく、男性スタッフも同じものを着ていました。
ユニセックスで着こなせるピンクや水玉って、素敵だと思いませんか?

ちょっと立ち寄るはずが、気付けば閉館の16:50となり
お土産に実験キットまで買ってしまう始末・・・
まあ、好奇心と子ども心は忘れずにいよう!と自分で納得。
大人も十分に楽しめる科学技術館でした。

 2010/07/26 09:51  この記事のURL  /   / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/tokumei/tb_ping/206



プロフィール
株式会社 響

学生服からホテル・レストラン・スポーツユニフォームまで、幅広いジャンルの制服プロデュースを手掛ける企画会社。

制服によるイメージ戦略や、従業員のモチベーションアップにつながる効果的な制服採用や、ライバル店舗との差別化戦略のコンサルティングを行っている。

2010年に立ち上げたスクールアイテム専門ブランドが話題となり、CM、歌番組、ファッション誌をはじめ、数多くのアイドルグループに衣装協力を行う。

代表者 神山太プロフィール

QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ

http://apalog.com/tokumei/index1_0.rdf