テンセル(R)で紡ぐ、地球の未来
こんにちは。テンセル会事務局です。
今年も猛暑や洪水などの異常気象が取りざたされた1年でしたが、みなさんにはどんな年でしたでしょうか。
温暖化によって引き起こされる海水温の上昇、海水面の上昇、海洋酸性化はいずれも、周りを海にかこまれた海洋国家の日本にとって、非常に影響が大きい事柄です。
猛暑や豪雨、それに伴う災害が今後さらに著しくなる可能性が非常に高いとも指摘されています。

そんななかで、3R(リデュース・リユース・リサイクル)に取り組むことや、グリーン・テキスタイル(環境にやさしい繊維)を積極的に提供すること、地球環境に負荷を与えない製品作りは、繊維業界全体の責任でもあります。

テンセルは、完全なリサイクルシステムのもとで製造される、自然と調和した「マンメイド繊維」。
ユーカリを主原料とし、化学処理をせずにつくられるため、廃棄しても環境に影響を与えません。

テンセル会では設立以来、環境への配慮とファッション性を両立させた商品を市場に提案して参りました。
この度、諸事情によりブログをいったん休止させていただきますが、テンセルを中心としたグリーンテキスタイルを通して、地球の明日を今日よりも明るいものにするために、そして、限りある資源に頼らない持続可能な社会の実現を目指して、これからも活動を続けてまいります。
どうぞ引き続き、みなさまの応援をよろしくお願いいたします。
ブログ開始以来、つたない文章にお付き合いいただきましてありがとうございました。
みなさまにとって、新年が素晴らしいものとなりますよう、心よりお祈りしております。


2013年12月27日(金)  13:22  / この記事のURL

テンセル(R)は「カーボンニュートラル」
こんにちは、テンセル会事務局です。
記録的な猛暑だった今年の夏も過ぎ、すっかり秋めいて過ごしやすい季節になりましたが、皆さんいかがおすごしでしょうか。
暑さも一段落した先頃、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によって、強い調子でまとめられた報告が発表されました。
『今こそ世界を挙げた早急かつ実効的な取り組みが求められる。気候システムに対する人間の影響は明確だ。地球温暖化は疑う余地がない。』

IPCCが温暖化を人為的であると発表したのはこれがはじめて。国や企業による対策と同様、私たちひとりひとりの購買行動も重要な要素となることは明らかです。温暖化の話はこのメルマガでも何度かとりあげてきましたが、日常生活において、温暖化防止に貢献できるものを選ぶようちょっとだけでも気をつけることが大切です。

繊維については、ポリエステルやナイロンなど石油から作られる繊維よりも、綿や麻などの天然繊維を選択する。綿や麻などの「草」よりも土地あたりの原料効率の高い「樹木」を原料とした繊維を選択する。
なおかつ、水使用が少ないもの、製造過程で環境に影響を与えないものを選択する。

それに加えて繊維を選ぶ際には、「カーボンニュートラル」かどうかも温暖化に貢献できるかどうかを知るための助けになります。
「カーボンニュートラル」とは、生産され、廃棄されることにおいて、大気中に出入りする二酸化炭素の収支が「プラスマイナスゼロ」になること。
地球にやさしいユーカリの森から生まれるテンセルは、「カーボンニュートラル」な繊維です。


樹木のなかから純粋なセルロース(繊維素)のみを取り出して作られたテンセルは、燃やすなどして廃棄すると二酸化炭素と水に分解されますが、この二酸化炭素は、もともと大気中から吸収したものです。
廃棄することで、大気中の二酸化炭素を増やすことにはなりません。

原料となるユーカリの森が大量の二酸化炭素を吸収するうえに、テンセル自体も「カーボンニュートラル」な繊維。ですから、テンセルの使用料が増えれば、地球温暖化防止にも貢献することができると考えられます。

また、テンセルは廃棄しても環境に影響を与えません。
もともとがセルロースですから、燃やしても生成されるのは二酸化炭素と水だけですし、埋めれば生分解されて土に還っていきます。
是非テンセルを選択し、地球温暖化防止に貢献できるエコアクションにつなげてもらえれば幸いです。
最後までお読みいただいてありがとうございました。



2013年11月12日(火)  14:40  / この記事のURL

温暖化が「一"聴"瞭然」?
こんにちは。テンセル会事務局です。
今年は千年に一度の暑さとなる猛暑の年だそうですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
「千年猛暑」とはまた何とも怖い、灼熱の暑さを連想させるネーミングですね。
これも温暖化の影響でしょうか。。。

このところ、温暖化による洪水増加や、温暖化と海水温上昇の関係などの研究結果が続々と発表されているのを目にします。
海水温上昇によって、海の砂漠化が驚くほど進行しているとか。
地上の砂漠化や洪水災害と同様、これもまた怖い話です。

つい最近、NASAゴダード宇宙科学研究所が公表している過去130年間の地球気温変動データを音楽に変換し、それをチェロで演奏する模様が公開されました。
「百聞は一見にしかず」ならぬ「一聴」にしかず。この100年の温暖化の状況が手に取るようにわかります。

このまま上がっていったらどうなるんだろう???と、背筋が寒くなりました。
怪談よりも怖い、本当の話。皆さんも話しのタネに聴いてみてください。
http://youtu.be/5t08CLczdK4

「持続可能」であることは、人間のすべての営みにおいて最低限の条件です。
温暖化が人為的なものなのか、自然発生的なものなのかはまだ解明されていないとはいえ、いつかは枯渇する石油などの化石原料にできるだけ頼らないことを選択し続けることは大切なことだと思います。

繊維においても同じことです。

ポリエステルやナイロンなど石油から作られる繊維よりも、綿や麻などの天然繊維を選択する。
そして、綿や麻などの「草」よりも土地あたりの原料効率の高い「樹木」を原料とした繊維を選択する。
なおかつ、水使用が少ないもの、製造過程で環境に影響を与えないものを選択する。

そんな選択の積み重ねが、人間が生きられる環境を「持続」させるためのチカラになることは間違いないと思います。是非、「テンセル®」を選択してください。


テンセルは、完全に持続可能なプランテーションから供給される「ユーカリ」を原料とし、樹木から綿になるまで、使用する水の使用量は綿花栽培の14分の1。
製造過程は完全なリサイクルシステムで、環境に影響を与える薬品を使いません。
持続可能な地球環境のために、選択するに値する繊維だと思います。

また、テンセルは環境にやさしいだけでなく、吸湿速乾性にすぐれ、接触冷感の感じられる繊維ですから、暑い夏にもぴったりです。
是非テンセルで、今年の「千年猛暑」を乗り切ってください。


最後までお読みいただいてありがとうございました。
2013年08月08日(木)  14:01  / この記事のURL

出展社紹介(豊島)
こんにちは、テンセル会事務局です。
東京青山ダイヤモンドホールにて開催中の「レンチングイノベーション2013」も、今日で2日目です。初日は、たくさんの方にご来場いただきましてありがとうございました。
まだご来場いただいていないお客様、今日はすっきりしないお天気ですが、晴れ間を見計らって是非ご来場ください。

さて、テンセル会ブースに出展するメンバー紹介の最終回。今回は、豊島(株)をご紹介します。どうぞご高覧ください!



【豊島株式会社】

担当者名:近藤裕幸
TEL:052-204-7510
E-mailアドレス:h.kondo@toyoshima.co.jp

---------------------------------------------------------------------------------------------------
テンセルに携わった年数。仕事内容。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

豊島(株)は、テンセル会創立メンバーとして、テンセルの誕生当初から20年間、ずっと継続してテンセルの開発・販売を行っています。
原綿の輸入から、糸・生地・製品まで、商社機能だけでなく、メーカー機能も有して商品の開発に取り組んでいます。
担当者である伊藤はテンセル会立ち上げ時から20年、近藤は入社時から17年、テンセルのエキスパートと言えるだけの年月と開発数と販売量をこなしてきました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
テンセルの魅力
----------------------------------------------------------------------------------------------------

なんといっても、環境に良いことと、テンセル独特の風合いをもっていることです。
低混率でも美しいシルエットを創り出すことができることは、特にレディス商品の開発には魅力です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
テンセル開発に苦労したこと、成果を感じられたこと
---------------------------------------------------------------------------------------------------

20年前テンセルが誕生した当初は、色ぶれやスレ・アタリなど、クレーム対応に奔走しました。
しかし、その都度 技術開発を進めてきたことによって、他にはないノウハウが蓄積されたことが大きな成果です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
これからテンセルで開発したいこと
---------------------------------------------------------------------------------------------------

日本発のテンセル素材をどんどん世界に輸出していきたいと思っています。テンセル会で培った技術力と開発力による商品は、世界でもトップクラスの品質と自負しています。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
環境について、個人的に衣料品で気をつけて実行していること
---------------------------------------------------------------------------------------------------

テンセル製品以外では、オーガニックコットンやリサイクルポリエステルなど、できるだけグリーンな素材の商品を購入するように気をつけています。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
環境に貢献するために、繊維業界全体に望むこと
----------------------------------------------------------------------------------------------------

テンセルを使うことです!

---------------------------------------------------------------------------------------------------
ご案内!
---------------------------------------------------------------------------------------------------

豊島(株)は、テンセル原綿の輸入から、糸・生地・製品まで、一貫した生産体制によって、リーズナブルで高品質な商品を生み出し続けてきました。
テンセル会創立当初から開発を続けてきた技術力とノウハウ、繊維専門商社ならではの国内外のネットワークによって、市場のニーズとお客様のご要望におこたえする質の高い商品をお届けいたします。

http://www.toyoshima.co.jp/


レンチングイノベーションに出展している豊島の商品は、ハンガー展示50点、製品20点です。どうぞ会場でお手にとってご覧ください。
以上、テンセル会メンバー・豊島(株)のご紹介でした。
最後までお読みいただいてありがとうございました。

--------------------------------------------------------
レンチング イノベーションin東京2013
--------------------------------------------------------
2013年5月28日(火) 11:00 − 19:00
2013年5月29日(水) 10:00 − 18:00

青山ダイヤモンドホール サファイアルーム(B1F)
東京都港区北青山3-6-8 TEL.03-5467-2111
※表参道駅B5出口直結




2013年05月29日(水)  08:42  / この記事のURL

出展社紹介(倉庫精練)
こんにちは、テンセル会事務局です。
いよいよ明日から、東京青山ダイヤモンドホールにて「レンチングイノベーション2013」が開催されます。
テンセル会ブースに出展するメンバー紹介も第4弾。

今回は、倉庫精練(株)をご紹介します。どうぞご高覧ください!



【倉庫精練株式会社】
担当者名:田辺 勝
TEL:076-249-3138 
E-mailアドレス:m.tanabe@soko.co.jp

---------------------------------------------------------------------------------------------------
テンセルに携わった年数。仕事内容。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

倉庫精練(株)は、テンセル会のメンバーの染色・整理加工場として十数年来、テンセル商品の開発、生産に携わって参りました。
テンセルにソフトで滑らかな独特の風合を付与するニドム加工を始めとする、特徴豊かな化繊、及び化繊複合商品の染色・整理加工を行っております。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
テンセルの魅力
----------------------------------------------------------------------------------------------------

手肌に馴染む独特な風合で、飽きの来ない素材であること、環境にも優しいことが魅力です。
また、手を掛けた分だけ応えてくれる、そんな素材です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
テンセル開発に苦労したこと、成果を感じられたこと
---------------------------------------------------------------------------------------------------

現在、倉庫精練(株)のテンセル商品の代表となっておりますニドム加工ですが、当初、商品を立ち上げた際、条件設定、表情、風合に試行錯誤を繰り返しました。
その後、商品が市場で認知され、工場がテンセル商品でフル稼働となったとき、また店頭に並んでいる商品を見たときには、感慨深いものがありました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
これからテンセルで開発したいこと
---------------------------------------------------------------------------------------------------

今までは、織物を中心とした商品を開発して参りました。
今後は、ニットなどの開発も含め、倉庫精練の特徴は活かしつつも、現状の枠を超えて、テンセル商品を拡大したいと考えております。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
環境について、個人的に衣料品で気をつけて実行していること
---------------------------------------------------------------------------------------------------

洗濯については、ドライクリーニングではなく、なるべく家庭洗濯で対応するように心がけています。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
環境に貢献するために、繊維業界全体に望むこと
----------------------------------------------------------------------------------------------------

繊維製品のリサイクル、回収などのプロモーション活動です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
ご案内!
---------------------------------------------------------------------------------------------------

当社はセルロース系繊維、織、編物起毛品、カーシートの染色整理加工をコア事業とし、ラミネートなどの高次加工技術を組み合わせ、当社一貫の複合加工を実現して参りました。
テンセルという素材に出会ってから十数年来培ってきた染色・整理加工技術を基に、今までのノウハウを活かしつつも、今後も新たな開発を実施し、今までにない商品をお客様に提供して参ります。

http://www.soko.co.jp/


来るレンチングイノベーションでは、倉庫精練は出展社として商品展示はしていませんが、各社商品の加工をすることで参画しています。
以上、テンセル会メンバー・倉庫精練(株)のご紹介でした。
最後までお読みいただいてありがとうございました。

2013年05月27日(月)  11:00  / この記事のURL

| 次へ
リンク集
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
最新記事

http://apalog.com/tencel-kai/index1_0.rdf