« 2016年02月 | Main | 2016年04月 »
スタジャン【拡大】2016/03/29

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スタジャン【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2016年03月18日(金)
気温:18度 晴れ 14:00〜15:00
対象:アーリーマジョリティ中心
母集団N:114人
標本数(n):10人








ルゾン人気が続く中で脱MA-1の流れがあり、一方スクールトレンドの広がりがある というのがメンズの世界。そしてこれら2つを重ね合わせると「スタジャン」拡大現象の未来が少し見えて来る様な気がします。

今回確認したスタジャンは114人中14人。出現率8.8%でした。
いっぽうレディスの出現率は2.0%で、スタジャンに関してはメンズ先行型と言えるのかもしれません。

しかしSNSでキーワード数、投稿画像をチェックしてみると、レディスが多数存在しています。
これは性別で話題の優先順位が異なることが主な原因であると考えます(ツールの利用者属性・比率含)。例えば ツイッターでファッションを話題にしたり、写真を投稿する男の数は少ない(かもしれない)。

また画像をざっと眺めてみるとスカジャンも混じっており、データには特性や勘違いが混在していることを押さえておくべきだと思います。自身で分析する祭は余分なデータを排除すれば良いですが、同時にデータを見る目(課題発見力)も養っておきたいところです。


さて
デザイン面の特徴は、
1.「総ツイル系」、2.「袖レザーx身頃メルトン」の2タイプがあります。
前者がMA-1からの進化版、後者はオーソドックスな存在として見ることが出来そうです。

素材面の特徴は、
2016春はナイロンタフタやポリエステルツイル等、合繊タイプのスタジャンが新しい。
2016秋はデニム、レザーや合成皮革素材使いが加わることを予測します。

ファッションタイプで見ると、
スクールインスピレーション(フットボール、ベースボール)である点をメモしておきます。






--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



出典:
リサーチ&デザイン東京
東京都渋谷区神宮前6-28-9 東武ビル6F(受付)渋谷電脳リサーチ内

http://www.shibuden.biz/



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Gジャン【拡大】2016/03/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Gジャン【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]東京・トレンドチェック
期間:2016年03月18日(金)
気温:18度 晴れ 14:00〜15:00
対象:アーリーマジョリティ中心
母集団N:98人
標本数(n):23人








3月後半、Gジャンが急上昇しており遂にMA-1の出現率を1ポイント超えました。
この日のGジャン出現率は23.5%でした。先週は9.8%でしたので13.7%の伸び率になります。

◆この数字がどれ位のインパクトを持っているのか?
1-出現率23.5%は、「MA-1」の数値と近似であり大きな市場性を連想させます。
2-伸び率13.7%は、ロジャースの普及理論から見ると「急上昇」していると言えそうです。

◆このデータの活用方法は?
1-推移を追うことで、分析用データとしての蓄積・パターン化など予測ツールとして利用できます。
2-相対で比較することで、外部のソーシャルデータと自社の顧客データ差を理解し、施策立案に役立てることができます。

最近ではSNS上のキーワード出現率(話題の状態)を照合することで、新しい知見が得られる様です。






--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------




出典:
リサーチ&デザイン東京
東京都渋谷区神宮前6-28-9 東武ビル6F(受付)渋谷電脳リサーチ内

http://www.shibuden.biz/

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トレンチコート【登場】2016/03/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トレンチコート【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]東京・トレンドチェック
期間:2016年03月18日(金)
気温:18度 晴れ 14:00〜15:00
対象:アーリーマジョリティ中心
母集団N:98人
標本数(n):13人








年の春コートはトレンチタイプに集約されそうです。
色はベージュ。。。露骨なまでに集約化されいると感じた点を特記します。
メンズのようなトレンドの集約化・集中化傾向をレディス分野にも感じます。
おそらく情報伝達手段の変化(ソーシャルコミュニケーション・影響力増大)から来るものと想像します。
見方を変えるとオムニチャネル化促進の結果と言うことが出来るのかもしれません。

さてこの日確認したトレンチコートは98人中13人。出現率は12.2%でした。
前週比で見ると4.7%の増加(7.5%→12.2%)。トレンチコートは急上昇アイテムであるかもしれない事がわかります。

デザイン面をチェックしてみると、
トレンチコートにもシルエットのオーバーサイズ化が見られ、
着丈の長さと身幅(バスト寸法)のゆとり感が今シーズンの特徴となります。






--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------




出典:
リサーチ&デザイン東京
東京都渋谷区神宮前6-28-9 東武ビル6F(受付)渋谷電脳リサーチ内

http://www.shibuden.biz/

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

レザーブルゾン【拡大】2016/03/23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レザーブルゾン【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]東京・トレンドチェック
期間:2016年03月18日(金)
気温:18度 晴れ 14:00〜15:00
対象:アーリーマジョリティ中心
母集団N:98人
標本数(n):11人





(注釈:レディス データ未集計期間 2015.10.10〜2016.02.06)


3月中盤、レザーブルゾンがいまだ【拡大】しています。
これは男女共通の現象で、秋に再登場する可能性を感じます。

またメンズのハードな要素とレディスの柔らかな要素を組み合わせたいわゆる甘辛コーディネートの拡大可能性も示唆している様に思います。
コレクショントレンドと比較検討すると良いでしょう。

この日のレザーブルゾン着用者数は11人で、出現率は11.2%でした。

形はライダ−ズジャケットと、そこからの進化系。
前者はシングルライダーズの登場が新傾向で、後者は1980年代後半〜1990年代前半位のデフォルメされたデザインディティールがイメージ。

2016秋は、部分的にキルティング加工(パデッドパーツ)が施されたデザインに注目します。






--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------




出典:
リサーチ&デザイン東京
東京都渋谷区神宮前6-28-9 東武ビル6F(受付)渋谷電脳リサーチ内

http://www.shibuden.biz/

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

デニムコート【登場】2016/03/22

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デニムコート【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]東京・トレンドチェック
期間:2016年03月18日(金)
気温:18度 晴れ 14:00〜15:00
対象:アーリーマジョリティ中心
母集団N:98枚
標本数(n):4人






2016年3月中盤・春のコートトレンド。
アウター全体を比率で見ると、最頻値はGジャン25%。
ブルゾン系23%に次いでコート21%という順番でした。
以上を現状理解としてデニムコートをデザイン目線で眺めてみますと・・・

素材トレンド「デニム」が主で、「コート」は従の関係にあって、両者を掛け合わせることで市場性を確保。
次に「軽さ」「ガウン風」ディティールを加え視覚化すると、旬のデニムコートを ”デザインする” こととなります。

デザインの系統は、チェスター系、トレンチ系、ロングシャツ系の3つ。
2016秋は「デニム素材のピーコート」が良さそうです。







--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------




出典:
リサーチ&デザイン東京
東京都渋谷区神宮前6-28-9 東武ビル6F(受付)渋谷電脳リサーチ内

http://www.shibuden.biz/

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2016年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析