« 2015年11月 | Main | 2016年01月 »
カラーコート【登場】2015/12/18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カラーコート【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年12月05日(土)
気温:16度 晴れ 13:30〜15:15
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:178人
標本数(n):10/73人






ートのカラー化(カラフル化)に注目します。
カラー化に該当する色はオレンジ系、グリーン系、イエローマスタード系、ブルー系の4色で、コート全体の13.7%を占めました。
最頻色はグリーン系、注目色はオレンジ系、斬新色はイエロー/マスタード系であります。

色柄は広く面で目に入ってくるものなのでシーズン毎にテーマカラーを押さえることが大切だと思います。しかしながら昨今のメンズストリートではセオリー通りには事は運んでいない様に見えます。

例えばグリーンは昨年の新鮮カラーですが、
今シーズン「ミリタリー」テーマに沿う形で色味が変化し再登場しています。
そしてカラーコートの中では、今回の集計に限っては最頻色でありました。

この部分だけを切り取ると、法則性は「昨年実積のトレンド色xシーズンテーマに合わせて変化」で、最も稼げる(かもしれない)カラーバリエーションの設定ができる(かもしれない)ことになります。


ちょっと話しがずれますが、
課題はここから先のデザイン制作のプロセス変更にあると思っておりまして、社内で売れる売れないを議論する前にデザイナーのアイデアを「すぐに市場で試してみる」ことができる環境が作れれば、目の前の諸問題が多少なりとも解消すると思いますし何より未来に備えることだと思うのです。
そのために「デザインのIT化」と「デザインに分析を取り入れること」が必要だと考えています。






--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



出典:[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] 原宿ストリート観測歴19年

http://www.shibuden.biz/




所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

コートの素材変化【現状確認】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コートの素材変化【現状確認】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年12月05日(土)
気温:16度 晴れ 13:30〜15:15
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:178人
標本数(n):9/73人






ートのデザイン化が進んでおります。
ロング丈、ダブル前立て、ショール衿、ブルゾン衿、衿なし、シャツ風、カーディガン風、カラーコート,etc。
前回「非ウール系」の中で素材トレンドについて少し触れましたが、今回はウール系も含めた全てのコートを対象に”素材変化”をテーマに現状を考察してみます。

今回キャッチした「コートの素材変化」のテーマに合致するキーワードは3つ。1.杢調(ミックス柄)、2.チェック、3.柄織物です。

1.「杢調(ミックス柄)」...杢糸以外に白K2色の糸と織り組織で作られるミックス柄に注目。
2.「チェック」...ブロック、シャドー、大柄など脱定番柄が進行中。
3.「柄織物」...パッチワーク風、幾何などシーズンテーマに合致した柄が登場。

以上を出発点とし、業界発信のテキスタイルトレンドを新レイヤーとして現状の上に重ねます。
そしてストリートを継続ウオッチし変化を更新し続けておりますと、だんだんベクトル(方向と大きさ)がはっきりと浮かび上がってくるのではないかと思います。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



出典:[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] 原宿ストリート観測歴19年

http://www.shibuden.biz/




所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

非ウール系コート【現状確認】2015/12/16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
非ウール系コート【現状確認】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年12月05日(土)
気温:16度 晴れ 13:30〜15:15
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:178人
標本数(n):17/73人





ートのデザイン化傾向は丈や衿型などの形状変化が先行しているようです。今回は素材変化の動向をキャッチするために「ウール:非ウール」で現在の比率を押さえておきます。また特徴的なデザインをメモし次回に繋げます。

アウター全般におけるコートの比率は47%で、そのうち「非ウール系」に該当するものは23%でした。ファッション層の10人に2.3人が非ウール系だったということになります。

混率は外観からの推測なので”参考”としてください。
”綿がらみ”が中心で、合繊素材がトップトレンド。
後者はレディストレンドでもあり、メンズにおいてはニュートラルやモードのファッションタイプに合致しています。今後は中間を狙った素材設定が落としどころになる気がします。

もうひとつの方向性はスポーツ素材でアウトドアーブランドに見られるような機能の付与や張り腰のある風合いが特徴です。ボリュームシルエットを強調する場合にも相性が良いと思います。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



出典:[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] 原宿ストリート観測歴19年

http://www.shibuden.biz/




所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ロングコート【拡大】 2015/12/15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ロングコート【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年12月05日(土)
気温:16度 晴れ 13:30〜15:15
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:178人
標本数(n):8/73人






のコートトレンド考察、今回は”丈”に注目します。
アウターの種類を5つに分けるとコートは47%のウエイトがありました。そのうちロングコートは8人居て比率にすると11%です。
ファッションリーダー層のコートルック、10人に1人がロングコートを着用していたことになります。


丈だけでも十分主張していると思うのですが、この日の観測ではさらにカラーバリエーションの広がりもみられK以外が50%存在していました。
さらにダブル前立てであったり、衿の形状にデザイン性を持たせていたりと、コートのデザイン化現象をここでも確認できました。

次の変化の方向性ですが、素材バリエーションの拡大が予想できます。
テキスタイルトレンドを合致させ「非ウール」でデザインの方向性を検証してみると良さそうです。

たとえば我々の場合、ストリートから拾い集めたキーワード(変数)を目的に沿って再編集し、多変量解析で最適解を求めた後、デザイナーの感性を注入してゆきます。
(デザインに分析を取り入れます)






--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



出典:[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] 原宿ストリート観測歴19年

http://www.shibuden.biz/




所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

M-65タイプのデザイン化【登場】2015/12/11

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
M-65タイプのデザイン化【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年12月05日(土)
気温:16度 晴れ 13:30〜15:15
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:178人
標本数(n):3/24人





2015年秋の最大風速は「ミリタリー」テーマに軍配が上がると感じています。今シーズン、M-65型のフィールドジャケットはMA-1に代わる提案アイテムとしての役割を持っており、それなりの結果を出していた様に思います。
M-65型は季節アイテムということもあり今回の観察が2015年の最終メモとなりそうです。

全てのアイテムで”デザイン化”が見られるなか、
M-65型も例外ではありません。
今シーズン(秋)の登場アイテムでありながら、シーズン末にはデザイン化が見られるということで、これは冬のテーマ「クラフト調」の中で表現されているようです。

アウターにおける「M-65タイプのデザイン化」の比率は12%。
コートやジャケット等全てのアウターを含めると1.9%。100人中2人の出現となります。以上が「M-65タイプのデザイン化」の今回の位置づけ。

次に「デザイン化の要素」を羅列すると以下のとおり。
「パッチワーク調のデニム切り替え」「プリント入り」「スタッズ」「ワッペン」。

今回は確認していませんが他アイテムに見られる「デザイン化の要素」を、次シーズンのテーマに沿って用いてみるのも良いと思います。






--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛

--------------------------------------------------



出典:[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] 原宿ストリート観測歴19年

http://www.shibuden.biz/




所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

前へ | 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析