« 2015年11月 | Main | 2016年01月 »
2015年を振り返って
「ストリートリサーチの鬼」をご覧頂きありがとうございます。
1年の締めくくりとしてご挨拶させて頂きます。

もし「自身の1年を1文字で表現せよ」と命じられたなら、
私は「決(けつ)」とします。
方向性が「さだまった」という意味合いです。

情報革命による顧客中心市場がどんどん加速する中で、私は一体何で貢献出来るのか? に対する方向性が定まりました。
手描きの拙いものではありますが、自分の地図を手に入れたんだと思います。


そして来年はエリアマーケティングをはじめて20年になります。
20代の頃からデザイン活動の一環として土曜日の時間をストリートリサーチに捧げて参りました。

調査-編集-レポート作成に合計8時間程度費やし、年間40週実施したとして320時間/年です。
320時間x20年=6400時間。

「1万時間ルール」からすると3600時間足りませんね。。。
エリアマーケティングも自動化されることを想定しつつ、少なくともあと11年続ける理由が見つかりました。




年末年始 休暇のお知らせ
期間:2015年12月29日(火)〜2016年1月4日(月)



では良い年をお迎えください。
 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ビッグパンツ・ワイドパンツ【拡大】2015/12/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビッグパンツ・ワイドパンツ【拡大】 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年12月19日(土)
気温:12度 晴れ 13:30〜14:50
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:147人
標本数(n):11人







ッグパンツ・ワイドパンツ等ボリューム系パンツがファッション層の間で拡大している様でしたのでメモしておきます。
147人中11人、7%の着用率でした。(前回11/21調査時 5%)
着用者層はファッションリーダー層とファッションに未熟なフォロワー層の両極に分かれている印象が大。

シルエットは大きく3つ、ストレート、テーパード、サルエルに分かれ、ソフトも含め「テーパード」が最大値です。

カテゴリーで分けるとスラックスタイプが最も多く、次いでデニム、スエット地となりました。綿パンツタイプは今回は未確認です。

カラーは約7割がブラックでした。

丈のバランスがポイントで、失敗の最大要因にもなっている様に思います。
裏返すと成功要因でして、
パンツ丈x靴xソックスの「足首のおしゃれ」領域にも気を使う必要がありそうです。

ビッグパンツ・ワイドパンツはシルエットに主張が強い分、コーディネートが難しいアイテムだと思います。お手本となる事例が少ない事が、サマになっている人とそうで無い人の差が容赦なく表れているのかもしれません。
この辺りが普及率16%の溝を超えられない原因のひとつになっているかもしれないと思います。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



出典:[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] 原宿ストリート観測歴19年

http://www.shibuden.biz/




所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

デザインブルゾン・刺繍ワッペン/PT【拡大】2015/12/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デザインブルゾン・刺繍ワッペン/PT【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年12月19日(土)
気温:12度 晴れ 13:30〜14:50
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:147人
標本数(n):6人





ウターのデザイン化が進んでいます。
対象となるのはほぼ全てのタイプで、今回はデザインブルゾンに注目します。

デザイン化の方向性はストリート系、スポーツ系、モード系、アメカジ系に分かれます。それらの中で2015FWシーズンテーマ「ミリタリー」テーマと合致するアメカジ系の出現率が最も高いようです。リード商品を設計する際、シーズン前に業界主導で幾つか提示されるシーズンテーマのうち、第一テーマに合致させることが重要になっていると思います。

いっぽうで購買は個人のライフスタイルに合わせた”シーズン単品買い”であります。よって着用率の推移と新鮮ディティールの発生時期を重ねあわせ、需要を予測することとなります。
従来のMD手法と違うのは、”外部の顧客情報(≒街のビッグデータ)の分析とデザインへの導入”であると考えデザインのIT化で精度向上をめざします。

今回取り上げるデザインブルゾンの変数は、「刺繍ワッペン」、「アップリケ」、「プリント」。
147人中6人、4%の着用率でした。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



出典:[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] 原宿ストリート観測歴19年

http://www.shibuden.biz/




所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラディショナルルック【登場】2015/12/22

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トラディショナルルック【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年12月19日(土)
気温:12度 晴れ 13:30〜14:50
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:147人
標本数(n):3人





リティッシュトラッドに注目します。今回キャッチしたのは、アイビールック(アメトラ)に対するブリティッシュトラッドの意味でライフスタイル(生活様式・価値観・個人の生き方)であります。

トラッドには”着こなしのルール”があり、それは支配や統治・規則など昨今の混乱する社会に対するメッセージ性を感じると共に、機能性とスポーティな感覚であることが昨今の風潮に合致している気がします。

ブランドで言うとBarbour・バブアー で英国上流階級のアウトドア・ライフスタイル。
人によっては、おしゃれな30代会社員向けブランド?と思われるかもしれません。が、今回の意味合いはそうでは無くて、ストリートファッションの中での新鮮ルックの発見であります。

よって私的にキャッチしたキーワードを継続ウオッチによって確かめててゆくという作業の、最初の一歩とご理解くだされば幸いです。

方向性は3つ。
「レトロなアウトドアー」「レトロなエレガンス」「モードミックス」。
以上をメモとしておきます。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



出典:[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] 原宿ストリート観測歴19年

http://www.shibuden.biz/




所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

レトロダンディールック【登場】2015/12/21

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レトロダンディールック【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年12月19日(土)
気温:12度 晴れ 13:30〜14:50
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:147人
標本数(n):3人







トロダンディーとは1980年代のダンディズム。自身のスタイルを持っていてカリスマ性を備えた人物像。
今回女性の「男性的な」の意味であるマニッシュに対して、男から見てカッコいい男を意味する言葉としてダンディーとしておきます。個人を特定すると誤解が生じると思うのでここでは触れません。

2016年春夏テーマを参照するとレディスではフェミニン(女性らしさ)が浮上する中、メンズでは「男っぽさ」に注目できるというイメージであります。

モノトーン系で細見のシルエットにネクタイやソックスのアクセントカラーという、イタリアンな要素を感じさせます。
また、Kいサングラス、ヒゲ、オールパックやリーゼントという服以外の要素が「レトロダンディールック」に大きなウエイトを占めている気がします。

今回147人中3人の「レトロダンディールック」に該当する人物を確認しました。比率にすると2%でファッション偏差値70以上、大学に置き換えると東京大学や京都大学のレベルであります。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



出典:[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] 原宿ストリート観測歴19年

http://www.shibuden.biz/




所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析