« 2015年10月 | Main | 2015年12月 »
チェック地コート【登場-2】 2015/11/30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チェック地コート【登場-2】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年11月28日(土)
気温:14度 晴れ 13:30〜16:00
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:175人
標本数(n):9/62人






週(11/21)よりコートのデザイン化現象をキャッチしております。シルエット、ディティール、テキスタイルなどデザイン化の切り口は複数ありますが、チェック地を使ったコートはテキスタイルトレンドに合致したもので地盤として結構強いかもしれないと思っています。


先週は8%(4/48人)の出現率で
今週は15%(9/62人)の出現率でした。

「ウインドーペン」タイプはダウントレンドで2本線使いなどの「複雑化」へと移行しています。
「オンブレ調」は秋に浮上したシャツのチェック柄トレンドで継続。
「ブラックウオッチ調」はグリーン系以外の展開で来シーズンに繋がると予想するものです。
そして今回新たに注目すべきが
「多色使い」であります(写真上段)。

デザイン・シルエットはクラシックエレガンスタイプとガウンタイプの2極で後者が今の気分に合致していると思います。






Tweet:【デザイナーの未来-2】
”感性の数値化(≒デジタル化)”は、IoT社会における生き残りの必須手段で、デザイナーの頭の中で行ってきた創造力(思考回路)をコンピューター上にインストールするということなのかもしれません。


--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
http://www.shibuden.biz/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ゆったりプルオーバー『登場』 2015/11/27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゆったりプルオーバー『登場』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年11月21日(土)
気温:20度 晴れ 13:45〜16:00
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:188人
標本数(n):7/71人






ルエットの変化をキャッチ。
体を包み込む様なゆったりフォルムに注目します。
対象アイテムはプルオーバーやコート。

今シーズン、とくにレディスニットで拡大しているシルエットトレンドは、メンズファッション層においても広がり始めている...というのがストリート全体を俯瞰したときの印象・関係性であります。

今回取り上げるのはカットソー、ニットのゆったりタイプのプルオーバー。このシルエットの行方はレディスが先行指標となりそうです。まだまだ発展段階で、今後は”変化の度合い”を追ってゆく必要がありそうです。

チェックポイントは「着丈」「身幅」「肩幅」。
股下丈xドロップショルダーを中心に全体のバランスを見ることになります。

今回確認した「ゆったりプルオーバー」は
中肉・厚地のニットとカットソーで 71人中 7人(10%)存在していました。

偏差値に置き換えると60から70ポイントの間でファッション層に支持されているシルエットだと思います。(ファッション偏差値=(得点-平均値)÷標準偏差x10+50)









Tweet:【デザイナーの未来-1】
2020年以降のデザイナーの仕事は人工知能との性能競争になるかもしれないと思っています。
機械に使われる立場から逃れるためには準備が必要でそれは ”感性の数値化(≒デジタル化)”です。


--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
http://www.shibuden.biz/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

脱チェスター! "コートのデザイン化"『登場』 2015/11/26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱チェスター! "コートのデザイン化"『登場』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年11月21日(土)
気温:20度 晴れ 13:45〜16:00
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:188人
標本数(n):48人





の防寒アイテムがウール素材に変わり数シーズンが経過しました。
2015冬シーズンはチェスターコートがピークを迎えますが、同時に次の新しい芽が出現しています。今回はコートの”脱チェスター”化現象をチェックします。

アイテムのトレンド変化はコーディネートアイテムの変化でも補足できます。たとえばケーブルニットは先行指標として参考になると思います。

2014年にピークを迎えたケーブルニットは、2015年向けには「脱オーセンティック」をテーマに、「過去見たこともない様な柄」と「カラー化」「素材変更」でリニューアルされました。
2015年のチェスターコートも同じ様な状況であると考えています。

今回撮影したコートは合計 48人で「コートのデザイン化」に該当するのが11人でした。比率にすると23%で数値だけ見ると既に「拡大」フェーズにあります。

この状況をどう読むか?
セレクトショップを含め多くの店頭ではファッションアイテムとして提案されていますが、ファッションリーダー層では既に脱チェスター化が進んでおり、マジョリティ層とは異なるフェーズ(コートのデザイン化)に入ったと判断します。

ざっとキーワードを挙げると、
「ウールのステンカラーコート」、
「ブルゾン風衿」、「カラーレス」、「ビッグフォルム化」、「リバーシブル」、「ダブル前立て」、「切り替え」、、、この他にも「素材変化」がありますが今回は除外しています。






【分析することの意味-3】
デザイナーは新しい未来を創る(未来を変える)ことが仕事で、未来を変える(未来を創る)には分析で因果関係を把握することが必要になります。それは経営≒因果関係であると考えているからです。これが「デザインにも分析が必要」だと思う根拠となっています。



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
http://www.shibuden.biz/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ワイドパンツ・ビッグパンツ『登場-2』 2015/11/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワイドパンツ・ビッグパンツ『登場-2』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年11月21日(土)
気温:20度 晴れ 13:45〜16:00
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:188人





ンツシルエットの動向チェック。
2015年10月の原宿は「スリム・スキニー」シルエットが37%を占めていました。
いっぽうワイドパンツ・ビッグパンツの比率は16%で、レディスのガウチョ〜ワイドパンツトレンドと比較すると発展途上の印象が強くあります。

メンズにもシルエットのビッグ化は存在しているもののトップスが中心であります。
今後ボトムのビッグ化=ワイドパンツ・ビッグパンツの拡大がどの程度どれくらいのスピードで進行してゆくのか?規模とタイミングを継続的に観察してゆきたいと思います。

今回確認した「ワイドパンツ・ビッグパンツ」は188人中9人。比率は5%でした。

偏差値に置き換えると60から70ポイントの間で、まだ一部のファッション層にのみ支持されているシルエットだと言えそうです。(ファッション偏差値=(得点-平均値)÷標準偏差x10+50)





【分析することの意味-2】
分析とは何かと何かを比較すること(分けて比較する)。
分けて比較することで因果関係を調べます。
定点観測は分析のための変数の設定であると考えています。



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
http://www.shibuden.biz/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

クラッシュ加工ボトム『登場-2』 2015/11/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クラッシュ加工ボトム『登場-2』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年11月21日(土)
気温:20度 晴れ 13:45〜16:00
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母集団N:188人





2015年春、クラッシュ加工のデニムパンツがファッションリーダー層に広がりました。クラッシュ加工の対象はデニムパンツとブラックパンツ。今回は次シーズンに繋がるキーワード「クラッシュ加工ボトム」に注目します。

秋(9月)の目新しいボトムトレンドはブラックスリムです。
当初は加工なしのリジットタイプでありましたが、11月に入って「クラッシュ加工」がまとまりとして確認できたというわけです。

デニムパンツについてはリジットタイプでは無く、ブリーチタイプが主でシルエットもスリムでは無い点が押さえておくべきポイントです。

加工の種類はひざにハサミで切り込みを入れた様なタイプ。

今回確認したクラッシュ加工ボトムは8名です。
比率にすると4.3%で、100人中4人がクラッシュ加工ボトムを着用していたという事になります。

偏差値に置き換えると70ポイント代で、
ファッション層の先端的な一部の人達に向けたアイテムという位置づけです。(ファッション偏差値=10x(点数-平均値)÷標準偏差+50)




Tweet:
【分析することの意味-1】
経営≒因果関係・・
求める結果に対してどの様な打ち手を取れば良いのか?を決めるのが経営で
因果関係が分かれば未来が変わると信じます。(デザインに分析を取り入れる理由)



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
http://www.shibuden.biz/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析