« 2015年08月 | Main | 2015年10月 »
コーチジャケット【再登場】 2015/09/30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コーチジャケット【再登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年09月26日(土)
気温:23度 曇り 13:40〜15:10
対象:アーリーマジョリティ中心
母数: 66名
標本数:3名




(・∀・)ノ゛
春に【登場】したコーチジャケットが秋に再浮上しています。このアイテム自体は2シーズン位前のコレクショントレンドでした。

アパレルビジネスは”短期集中型である”と言われます。
短サイクルでトレンドが移り変わり、しかも売れ筋は集中するという意味ですが、ストリートを終点、コレクションを出発点とし、逆算してみるとアイテムトレンドは ”実はロングテールである”と思います。


それはさておき コーチジャケット。
春のスポーツミックススタイルから、秋は新規に「モードミックス」タイプが登場しました。
スポーツが主役なのでは無くモード(調)が主役であります。
今回確認したのは偶然にも白黒ルックのみ。
羽織りアイテム全体におけるコーチジャケットの比率は 4.5% 。

当リサーチはファッション層以外を外れ値としあらかじめ除外していますから、ファッション層 47.5%範囲のうち、10人に0.45人がコーチジャケットを着用していることになります。

ファッション層とは、イノベーター理論でいうと
アーリーアダプタ13.5%+アーリーマジョリティ34%=47.5% (イノベーター2.5%除外) の人達です。

過去の関連エントリー:
2015/04/24  コーチジャケットに注目【拡大予感】
http://www.apalog.com/street_research/archive/2225




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ジャケットルック【拡大】 2015/09/29

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジャケットルック【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年09月26日(土)
気温:23度 曇り 13:40〜15:10
対象:アーリーマジョリティ中心
母数: 66名
標本数:7名




(・∀・)ノ゛
の羽織りもの傾向です。
まず全体を大きく眺めると「ミリタリー・ワーク」テーマが先行しており、いっぽうで
「エレガンス・クリーン」テーマの存在が浮かび上がってきます。
両者は車の両輪の様な関係であったという見方もありますが、
実際は「エフォートレス」の複雑系が広がっているような感覚であります。
その中でジャケットルックは「エレガンス・クリーン」に属しています。
以上が感覚値。
(「分けがわからない」時は 2テーマが存在する点だけ知ってください)

次に数値面で見ると、全羽織りアイテムのうちジャケット比率は約10%でした。

当 分析目的は商品開発ですから、
ファッション層以外と判断した人物は”外れ値”としてあらかじめ撮影から排除しています。
(ファッション層=アーリーアダプタ13.5%+アーリーマジョリティ34%=47.5% ((イノベーター2.5%除外))

さて、
イノベーター理論で言うと「ファッション層47.5%範囲のうち、
10人に1人がジャケットを着用している」ことになります。



写真を見てみましょう。
ジャケットルックにある程度共通してみられた特徴として、
パンツシルエットがスリムフィット型である点に着目します。
ボトムトレンドの主役はイージースラックスなテーパードシルエットで、”ジャケットルック以外”で確認しています。

ジャケットのシルエット自体に大きな特徴は感じられませんでしたが、肩パッドの入ったすっきりシルエットに寄ってゆく気がします。
それとは逆に素材のカジュアル化、軽量化は継続しています。

インナーはプルオーバーで、今後ハイネック・タートル比率が増加すると予想。
コーディネート含め全体的な”崩し方”に工夫が凝らされる方向性にあると思います。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

肩羽織りジャケット【拡大】 2015/09/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
肩羽織りジャケット【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス・メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年09月19日(土)
気温:27度 晴れ 13:20〜14:40
対象:アーリーマジョリティ中心
母数: 175名
肩羽織り:12名





(・∀・)ノ゛
を通さず肩に乗っける(ひっかける)・・「肩羽織り」は着こなし方のトレンドであります。
2015春はカーディガンを中心に拡大し、秋はジャケット中心に拡大中という流れです。

今回の調査結果では母数175名に対し肩羽織りジャケットが12名。
比率にして約7%でした。
10人居たら0.7人が肩羽織りしていることになります。

さらにファッション層に絞って計測しなおすと、肩羽織り比率はさらに高まる事を追記しておきます。ファッション層を対象にしているブランドにとってVMDに取り入れるなど即効性があるという事ですね。

上記は男女ともに見られる着こなし方のトレンドで、
現在のホットアイテムはGジャンの様です。
他にもショートブルゾン、ミリタリージャケットなどトレンドアイテムが有りますがGジャンはOLエレガンス層の指示を受けており、着用者の幅が他のアイテムと比べてより広いというイメージ。

いっぽうでカーディガンを肩羽織りするのは少数派で、何よりもカーディガン自体が減少傾向にある様にも見えます。
この点は実測値でもう少し深堀りしてみる必要がありそうです。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

メンズのワイドパンツ【登場】 2015/09/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メンズのワイドパンツ【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年09月19日(土)
気温:27度 晴れ 13:20〜14:40
対象:アーリーマジョリティ中心
母数:104名
ワイドパンツ:6名




(・∀・)ノ゛
ディスで先行しているワイドパンツ。
9/19の調査統計では10人中1.9人がワイドパンツまたはガウチョパンツを着用していました。いっぽうメンズはどうか?が今回のテーマです。

結論から言うと「まだ全然浸透していない」です。10人中0.5人の着用率で、イノベーター理論で評価するとメンズのワイドパンツはアーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)で市場全体の13.5%の範囲です。

GUレディスは ワイドパンツ・ガウチョパンツを打ち出しているのに対して、GUメンズの打ち出しはジョガーパンツ、イージーパンツである点を見ても、メンズにおけるワイド系パンツシルエットの特殊性、市場での位置づけが垣間見えてくるようです。

以上がメンズワイドパンツに対する現在位置の確認。
では今後はどうか?
私の場合は街のリーダー層(らしく見える人物等)を見ます。
ちなみに街のリーダー層を一言でいうと「SNSやツイッター等で拡散される側に居る人物」です。

メンズワイドパンツの見通しは、
マジョリティ層(多数派)まで広がるのにはもう少し時間がかかりそうな気がします。
今後も人(着用者層)と数字(統計)で継続ウオッチしてゆきます。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

秋のワイドパンツ・ガウチョパンツ【拡大】 2015/09/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
秋のワイドパンツ・ガウチョパンツ【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]東京・トレンドチェック
期間:2015年09月19日(土)
気温:27度 晴れ 13:20〜14:40
対象:アーリーマジョリティ中心
母数: 74名
ワイドパンツ: 14名





(・∀・)ノ゛
のガウチョ具合はどうでしょう?に対するレポートです。
9月に限って言うとワイドパンツとガウチョパンツの混載状態で、秋素材に変更されていて、ディティールにバリエーションが生まれ、まだまだ着用者数・鮮度ともに健在であります。

今回の調査結果では母数74名に対しワイドパンツ+ガウチョパンツが14名。
比率にして約19%でした。10人中1.9人がワイドパンツまたはガウチョパンツを着用していることになります。すごいですね。

秋はワイド&クロップドが新鮮で、無地中心。一部で柄ものが見られます。
柄ものの中ではスーツストライプがファッションリーダー層で確認。
ツイード調タイプも見らました。

未来予測も兼ねてもう少し深堀りするならば、
商品開発のアプローチを使ってみるのも手だと思います。

例えば2016年秋冬のテキスタイル傾向から逆算してみると、素材使いについて仮説が立てられます。
そして2015年秋冬のストリート実態を月次で検証しながら修正を重ね、2016年の商戦に照準を合わせます。


追伸:
私はデザイナーにも分析力が必要な時代で、今後10年で加速すると思っています。
理由は「納得解」を導き出し個々を「繋げる力」で経済を回す時代だからです。それができなければプロとしての存在理由が無い・・・とまでに、厳しく思っています。

そして「今後10年間、約60%の職業が消滅し新しい職業と入れ替わる」と言われる現在、
未来のデザイナーが目指すべきはデータサイエンスの知識体系とUI・UXを意識したコミュニケーション力の強化で、 ”スキルセットの革新”だと考え行動しています。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------




▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2015年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析