« 2015年05月 | Main | 2015年07月 »
ビッグトップス【拡大】 2015/06/26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビッグトップス【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]東京・トレンドチェック
期間:2015年06月20日(土)
気温:26度 晴れ 13:30〜15:00
対象:アーリーマジョリティ中心




(・∀・)ノ゛
体をすっぽりと包み込む様なBigなシルエットのビッグトップスが【拡大】しています。
とりわけワンピース風のものが要チェックで、ショートパンツと合わせるパターンを多く確認しました。夏はTシャツタイプが登場しており、この流れで秋のトレーナータイプに受け継がれることでしょう。

いっぽうで差別化の波もあり、例えば
ニット素材や厚地のワンピース素材を使ったビッグトップスの提案が成されると思います。
ビッグシャツ、ビッグカーディガン、ビッグコート、ビッグワンピース、、、コーディネートアイテムは、「メリハリ」と「ゆるゆる・ぶかぶか」。

前者はショートパンツ、レギンス、タイツ、タイトスカートなどボディフィットアイテムを合わせ、
後者は腰回りのゆったりとしたテーパード&クロップドのパンツ、ロングスカート、ワイドパンツ、ガウチョパンツなど。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------




▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

無地Tルック【拡大】 2015/06/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無地Tルック【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年06月15日
気温:27度 晴れ 16:30〜1730
対象:アーリーマジョリティ中心




(・∀・)ノ゛
地Tルックが拡大しております。
目新しいのはビッグシルエットの無地Tルック。(上段写真)
無地Tルックはマジョリティ層にまで拡大しておりますが、良く見ると傾向と対策がそこには存在しています。

【シルエット】・・・
「ビッグシルエット」と「レギュラーシルエット」。
前者はストリート、モード中心に広がりを見せており、後者はベーシックアメリカン中心に拡大。

【素材】・・・「粗野」「きれいめ」「スポーツ」に分かれます。
「粗野」は米・西海岸系の粗野でヘビーウエイトのコットンで「チャンピオン」が代表イメージ。
「きれいめ」は 光沢感のある表面感で、エレガンスメンズ系の主流。
「スポーツ」は機能素材やメッシュ組織などでアディダス、ナイキなどのスポーツブランド。

「ディティール」・・・ポイントアクセントがトレンド。
スポーツブランドに見られる様な「ワンポイント刺しゅう」。また
「胸ポケット」もアクセントディティールの流れであると考えます。異素材切り替えはピークに達し、トレンドの場は”形状変化”に移動しています。
そしてポケットとは別に、「飾りネームの叩き付け」が待機しています。

全くの無地を志向する場合、コーディネートセンスが勝負になり、Tシャツはサングラスやハット、シューズ、アクセサリーのこだわりを引き立てる為のベーシック・パーツである。
というコンセプトのもとに着こなしを組み立てる必要がありそうです。
何か大げさになってしまいましたか?




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

カラフルPOPなファッション【登場】 2015/06/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カラフルPOPなファッション【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年06月20日(土)
気温:26度 晴れ 13:30〜15:00
対象:アーリーマジョリティ中心






(・∀・)ノ゛
っぽうで「モノトーン」トレンドが巾を効かせている中で、「カラー化・POP化」というベクトルも存在しています。
今回はPOP化の側についての考察です。
商品ライフサイクル曲線上に置くと【登場】段階に位置します。
スタイルは「スポーツミックス」「ストリートモード」、無理やり分けるとそんなかんじ。

アイテムで見ると、
「セットアップ」は数年来継続してきたものですが、マジョリティ(多数派層)トレンドで切り取ると、今シーズン継続、来シーズン拡大と評価しています。

柄域はどうでしょう。
「民族調、エスニック」「プリミティブ、幾何」「カレイド柄(万華鏡Kaleidoscope)」あたりが新鮮。

最後に原宿のPOPファッションについて、
過去を振り返ると、2011年の震災直前がPOPファッションの黄金期だった様な気がしていました。当時は若い欧米人等がPOPファッションに身を包んでストリートウオークを楽しむという現象が印象的でした。
あれから4年の歳月を経て街と人、様相は様変わりしています。
今回、POPファッションに対して思うことは、”やっぱり原宿やで”という期待感。
人々の期待が、未来を創りだすのだと信じています。



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

スポーツミックス・スタイル【拡大】 2015/06/23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポーツミックス・スタイル【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]東京・トレンドチェック
期間:2015年06月20日(土)
気温:26度 晴れ 13:30〜15:00
対象:アーリーマジョリティ中心





(・∀・)ノ゛
5-6-7月の3ヶ月間が勝負(と考えている)のスポーツミックススタイルですが、現在の動向をおさらいしておきましょう。

ブランドで見ると「アディダス」「ナイキ」「ラコステ」を多く確認してきました。
そして今回チェックするのが「フィラ」です。
理由は簡単、1990年代のストリートファッション・インスピレーションが支持されていて、フィラは当時ブームに乗っていたブランドのひとつだからです。
他にも「トミーフィルフィガー」「ポロラルフローレン」など幾つかの人気ブランドがありました。

その中でも「なぜフィラが?」の問いへの回答は、
シューズ展開が成されていたからではないかと思います。
ブランドコラボがし易いんでしょうね。(企業都合より)

ウエアの特徴は、大胆な切り替えデザインとPOPなロゴ。
COOLな「ブラック&ホワイト」系と「POPな「カラーブロッキング系」に分かれ、後者が多少盛り上がってきている印象を受けました。

また他方で、
シンプルな「無地系ワンポイントもの」がヤング層にも広がってきた点をメモしておきます。この傾向は2-3年前のアダルト・メンズと類似している点が面白いなと思っています。

最後に少し気になったこと。
「大胆切り替えスポーティ」の流れは一部の中国人観光客にも見られます。中身は全く異なるのですが、スポーツミックスというカテゴリーで括ると同じであります。
これってローカルアジャスト?という問いでした。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------




▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ロングカーディガンの進化【拡大】 2015/06/22

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ロングカーディガンの進化【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]東京・トレンドチェック
期間:2015年06月15日
気温:27度 晴れ 16:30〜1730
対象:アーリーマジョリティ中心




(・∀・)ノ゛
ングカーディガンは2015春の【登場】トレンドアイテムでニット素材が中心でありました。
今回の観測で進化しているなと感じたのは素材に関してで、例えばシャツ生地やレース使いのロングカーディガンが新しい。
いずれも「透け感」がキーワードであります。
イメージするルックは「エレガンスモード」、「エスニック&ビンテージ」。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------




▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2015年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析