« 2015年01月 | Main | 2015年03月 »
デニムジャケット(Gジャン)【再浮上】 2015/02/26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デニムジャケット(Gジャン)【再浮上】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]東京・トレンドチェック
期間:2015年02月21日(土)
気温:10度 晴れ 13:30〜14:30
対象:アーリーマジョリティ




(・∀・)ノ゛
回1月23日に、デニムジャケット【再浮上】とレポートしました。あれから1か月経過しましたが状況はどうなっているでしょう。
何か変化はあったのか?今後どうなるのか?など、疑問を携えチェックしてみましょう。

まず今回の「デニムジャケット(Gジャン)」への評価は、2015秋冬を頂点とし、春の拡大を予感した【再浮上】です。(前回は単に【再浮上】そのものでした)
大きな変化は感じられませんでしたが、ムートン調(ボア切り替え)、体を包み込む様な丸いシルエット、など特徴的なディティールを再確認しておきます。

次にコーディネート。チェックポイントは、
「ビッグトップス + コンパクトボトムス」で、先述の身体を包み込む分量感のGジャンと、ショートパンツまたはミニスカートの組み合わせ。
このコーディネートバランスは、梅春期(2月)に有効で、春の到来を予感(または春の先取り感)させるものです。コートルック、ブルゾンルックにも同様の現象が見られました。


では今後はどうなるのでしょうか?
「未来は予測できない」とはP.F.Dの言葉ですが、「今ここにある未来の種を機会に転ずる」ことは可能だとも言います。
未来の種だと分かるには、自ら時間をかけ継続的に追い続けることだと私は思っています。

Gジャンはブルゾントレンドに含まれる期待のアイテムで、2015秋冬シーズンに向けて、ゼネラルトレンドとも相性が良い。(素材トレンドとの合致、1970年代テーマ・ボヘミアンとの相性など)
またGジャンはアメカジスタイルの定番的・象徴的アイテムでもあります。日本のカジュアルファッションの基礎はアメカジで、シンプル&ベーシックなアメカジルックは今後さらに拡大することでしょう。
従いまして流行性、経済性ともに期待できる”集中すべきアイテム”だと思います。




参考情報(過去のエントリー):
2015/01/23 「デニムジャケット【再登場】」
http://www.apalog.com/street_research/archive/2196
2014/09/03「デニムルック浮上! 秋立ち上がり」
http://www.apalog.com/street_research/archive/2146
2014/09/25「デニムルック確認」
http://www.apalog.com/street_research/archive/2157




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------




▼原宿ストリート観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

オレンジ赤【登場】 2015/02/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オレンジ赤【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年02月21日(土)
気温:10度 晴れ 13:30〜14:30
対象:アーリーマジョリティ周辺




(・∀・)ノ゛
2014-15冬の最終カラー動向として、「オレンジ赤」をチェックします。
男女ともに見られた傾向で、現在存在しているアクセントカラーとしての「赤」の延長上にある色として、今後の動向をウオッチしてゆこうと思います。

オレンジ赤という色が今後どの様に推移してゆくのか?を予測するには周囲との関係性を整理し、影響力を理解しておく必要がありそうです。


まず2014秋冬「ワインレッド」を出発点とし、次に2015年秋冬にオレンジレッドを置きます。
その道筋に沿ってオレンジ、ベージュ、キャメル、ブラウンがあり、「ドミナントカラー配色」があり、、、と時系列でキーワードの点を打って行きますと、何となくストーリーっぽいものが浮かび上がってくると思います。

また、着用者層は誰か?どの様なファッションタイプに見られるか?など、いくつかの切り口からオレンジレッドを眺めてみることも大切ですよね。
オレンジレッドを「既に起こった未来」として捉え予測することにもなると思います。



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

グランジデニム【登場】2015/02/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グランジデニム【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年02月21日(土)
気温:10度 晴れ 13:30〜14:30
対象:アーリーマジョリティ周辺




(・∀・)ノ゛
ランジ・ロック」なインスピレーションに注目しています。今回採り上げるのは「グランジデニム」。
グランジ自体は90年代の流行ですが、そのさらに以前の、1970年代までさかのぼって見る必要がありそうです。理由は複数の時代が混在したルックである事が昨今の潮流であるからです。

「デニムファッション」は1970年代トレンドを背景としたもので、「グランジデニム」は切り裂き、破れ、接ぎ接ぎなどの「ダメージ加工」「リメイク加工」が施されたデニムパンツを指します。
これも男女ともに見られる現象で、秋まで続く可能性を秘めたディティールとしてチェックしておきます。


グランジ (Grunge) とは、ロック音楽のジャンルのひとつ。
「汚れた」、「薄汚い」という意味の形容詞 "grungy" が名詞化した "grunge" が語源とのこと。

ここで言う”グランジデニム”とは、
「うす汚い」というよりも「ボロい」の方が近く、主に「破れ」にフォーカスしています。
「うす汚い」はこの先にあるものと予想しています。

”切り裂き”のタイプは、主に「はしご型」と「局所型」に分類できる様です。


今回は男3、女2 のグランジデニムをキャッチしました。流行のコートルック、ブルゾンルックを目新しく見せる着こなしに貢献している様に見えました。



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛

--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ロングスエット【登場】2015/02/23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ロングスエット【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年02月21日(土)
気温:10度 晴れ 13:30〜14:30
対象:アーリーマジョリティ周辺






(・∀・)ノ゛
2014-2015冬の最終・2015春の【登場】アイテムとして、ロングスエットをチェックします。男女ともに見られたもので、グレー杢カラー、プルオーバーである点が共通しています。
このアイテムは2014秋の「ロングシャツとショートブルゾン」のコーディネートトレンドから派生したもので、シャツがスエットに入れ替わったものと見てもよさそうに思います。
スエットに入れ替わった理由は、単純に2015春は「スポーツミックス」要素が強まっているためであると考えます。


女性の着こなし:
Gジャン、スエット(ワンピース)、スポーツスニーカー、白ソックス・・・キーワード化した文字を見ると「スクール&スポーツ」ですね。
また、「ショートアウター + ロングインナー」はレングス・コーディネート(丈の着あわせ)の基本形。

男性の着こなし:
N-3B、、スエット、デニムパンツ、スニーカー・・・こちらは「ミリタリーミックスのアメカジ」イメージ。
また、「ハーフアウター + ロングインナー」は、新しいレングス・コーディネートの様にも見えます。
この件とは別の「ルーズ&リラックス」というシルエットトレンドの着あわせ方に近い印象を受けました。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

梅春のジャケットルック【登場】2015/02/17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
梅春のジャケットルック【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年02月07日(土)
気温:7度 曇り 14:00〜14:45
対象:アーリーマジョリティ周辺




(・∀・)ノ゛
の日の気温は7度。寒いはずなんですが何故かコートではないジャケット姿の人物が数名おりました。彼等はトレンドリーダー層に該当する人種だと思いますので、梅春の先取り姿であると理解しました。
メンズのみに見られた現象で、4名のジャケットルックを取り上げ、キーワードを抽出しておきます。

1、スタンドカラー。ジャケットコートと呼べる中庸ディティールと、2015年の拡大色ベージュである点がポイントです。
2、スーツ。レトロフューチャーな外見が印象的。ブルーのワントーンコーディネートである点がポイントです。
3、チェック地。局所集中型4つ釦、高いポケット位置、深いノッチなど極端にデザインされたディティールがポイントです。
4、Kジャケット。着丈長めのリーン&ナローシルエットである点がポイントです。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析