« 2014年01月 | Main | 2014年03月 »
「ブルゾン+フィットパンツ」シルエットに注目! 2014/02/27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ブルゾン+フィットパンツ」シルエットに注目!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ・レディス]東京・冬のトレンドチェック
期間:2014年02月13日(土)
気温:10度 晴れ
対象:アーリーマジョリティ周辺




(・∀・)ノ゛
ルゾン+フィットパンツ」は2014年春の新鮮シルエットとして注目します。
シルエットには「アイテムシルエット」と「コーディネートシルエット」が存在しますが、
この話は後者を意味しています。

このシルエットに相対する代表的なテーマは何でしょう?
それは「ロカビリー」で、2014S/Sコレクションを振りかえると「SAINT LAUREN」が合致しています。
他にも「TOPMAN DESIGN」「MARK BY MARK JACOBS」などから
ロカビリーテイストが提案されていましたが、
シルエットは合致していません。

フィールド調査の視点から見ると時代背景は1989年〜1990年の東京。
「90S"ストリート」のひとつの形であります。

次に個別具体に入ってゆきますが、もう少し俯瞰的に見て、このルックのポイントは何か?を押さえておく必要があります。
問:このルックのポイントは何でしょう?

解:着こなしのポイントが足首にあります。
ボトムの「クロップド丈」トレンド拡大は、「ソックス」のおしゃれが重要になります。
アクセントカラーは「赤」。

よって「赤い靴下」を「黒い靴」で際立たせるコーディネートが良さそうだ・・という事になります。


まとめますと、
2014年春の新鮮ルック、テーマは「ロカビリー」でシルエットは「ブルゾン+フィットパンツ」。
アクセントのポイントは足首で、「赤い靴下+黒い靴」でクロップドを意識する。
ということになりますね。



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

白いコートに注目! 2014/02/26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
白いコートに注目!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・冬のトレンドチェック
期間:2014年02月13日(土)
気温:10度 晴れ
対象:アーリーマジョリティ周辺




(・∀・)ノ゛
ートトレンドの基点を2013春とし、春→秋→冬→ と推移を眺めてみると
幾つかのパラメーター(媒介変数)があることに気が付きます。
さて今回の切り口は「カラー」です。

2014年春のメンズ ゼネラルキーワードは何でしたっけ?
カラー:「ホワイト」
素材 :「非ウール」「脱リネン(綿/麻 含)」
アイテム:「スプリングコート」「シャツコート」

白いコートルックは2014年春の潮流であと見ることができそうです。

ただ決定的に気になるのが、その着用者層。
ファッションを牽引するリーダー層ではなさそうな点にあります。

しかしリーダーの見分け方は個人的感覚値であり、
今回はじめて点で捉えただけの状態でありますから、
結論を急ぐべきで無いとも思います。

よって単に、”春の新鮮ルック”としてメモしておきます。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

柄ボトムスの進化の過程を押さえる 2014/02/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
柄ボトムスの進化の過程を押さえる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス・メンズ]東京・冬のトレンドチェック
期間:2014年02月13日(土)
気温:10度 晴れ
対象:アーリーマジョリティ





(・∀・)ノ゛
2013年は、”ボトムの柄化”が大きく促進されたシーズンでした。
とりわけメンズゾーンで顕著に現れ、昨年のステータスは「拡大」。
レディスにおいても、「タトゥータイツ」や「柄入りのシアータイツ」含め、
ボトムの柄化が進みました。

さて2014年はどうか?変化の過程を眺めてみます。

今回の注目すべきNo1.は「カラフルPOPなプリントパンツ」の女子。
これは「進化」と見ることができそうです。
80s風の図柄、腰回りにボリュームあるテーパードシルエット、裾をロールアップして履いています。

注目のNo2.は「幾何柄タイツ+ハーフパンツ」のメンズルック。
ハーフパンツを新しく着こなすためのヒントになりそう。

No3.は「コートに合わせる 柄パンツ(細身)」のメンズルック。
商品ライフサイクル曲線が「ピーク」に近づいたアイテムに対し、
新しいアイテムを持って来て、着こなし提案を行うイメージです。
(しかし写真は、昨年購入したパンツであると推測します)




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛




--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp


 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

フレアーコート上昇! 2014/02/21

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フレアーコート上昇!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス・メンズ]東京・冬のトレンドチェック
期間:2014年02月13日(木)
気温:6度 くもり
対象:アーリーマジョリティ




(・∀・)ノ゛
ッグシルエットの拡大を象徴的事例とし、
コートシルエットにも新しい変化の兆しがある事を押さえておきます。
今回のテーマは「フレアーコート」であります。
このアイテムのステータスは評価の対象外にある「出現」であります。
(私の分析は「前兆」からが評価対象Yになります)

なぜ評価外のアイテムをレポートするのか?
に対する答えはもちろん「人の力の作用を見ているから」です。
リーダー層の影響力が下層のフォロワーに対して、どのように作用しているのか?
を眺め”流れ”で評価してゆくのが私の役割であります。

力の作用とは物理、「ニュートンの法則」が有名ですね。
運動の第1法則は「慣性の法則」です。

”外側から力が働かなければ、止まっているものはいつまでも静止し続け、
動いているものは、同じ速度で動き続けようとする性質”

流行という動いている物体(または現象)に、人の「力」(情報力)が作用し続ければ、その「速度」は変わってくるということになります。
ここでいう「速度」とは、商品ライフサイクルのことです。

速度を読むということは、タイミングをとらえるということ。
タイミングは利益増大に繋がり、戦略的に取り入れることで差別性が高まるのだと信じています。

そのような視線で、
「フレアーコート」を眺めてみると、また少し違った見え方がしてきませんか?




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp




 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

バスケットシューズに注目 2014/0220

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バスケットシューズに注目
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ・レディス]東京・冬のトレンドチェック
期間:2014年02月13日(木)
気温:6度 くもり
対象:アーリーマジョリティ周辺





(・∀・)ノ゛
ポーツミックス」を背景に、スポーツアイテム・グッズを着こなしの一部分に取り入れるルックに注目します。
これは男女ともに見られるトレンドで、もはや「拡大」フェーズに突入しています。
とりわけシューズで顕著に現れています。
例えば、
2013年秋は「トラッド・プレッピー」をテーマに「ニューバランス」のスニーカーを合わせたコートルックが人気。
そして2014春の店頭は、「90年代のスポーツミックス」をテーマにハイテクスーカーを合わせたブルゾンルックが提案されています。
さらに「ストリート」や「モード」、その対極にある「ナチュラル」「エスニック」という芽も見逃せません。

まとめますと、
「スポーツミックス」というテーマは継続しますが、その中身が変化しています。
「プレッピー」一辺倒からの脱却が進み、その代替テーマとして、
「90年代風ストリート」や「モード」「70S'インスピレーション」といった要素がある。
そして「ハイテクスーカー」などバスケットシューズを象徴的アクセントに使った着こなしが注目できる。
ということですね-。






--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛




--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析