« 2013年12月 | Main | 2014年02月 »
アノラック・ナイロンパーカー 2014/01/31

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アノラック・ナイロンパーカー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・冬のトレンドチェック
期間:2014年01月18日
気温:6度 はれ
対象:アーリーマジョリティ周辺



(・∀・)ノ゛
スタイルとしての「アウトドアー」トレンドは2012年がピークであったと理解しています。
ところがアイテム単体で見ると、
アウトドアーテイストまたはアウトドアーカテゴリからの「潮流」がいくつか確認できます。

「アノラック」「ナイロンパーカー」がそうで、
フィールドスポーツタイプと、登山系アウトドアーに分かれます。
そしてもうひとつが「POP]。
今回の観測では以上3つのタイプが確認できました。

もしこの情報を未来のデザインに利用しようとするとき、
アウトドアというスタイルから落とし込むのは間違いであると思います。
なぜなら、今のファッションリーダー層に対してスタイルで新商品を提示するのは無意味であると思うからです。

成熟度の高い彼等に対して有効なのは商品の魅力そのものであり、
彼等のライフスタイルに、商品が吸収される。という構造です。

ブランドが鮮度の落ちた「アウトドアー」というスタイルを打ち出してしまったときのマイナスを恐れます。そういう意味で、デザイナーの力量をもういちど見直さねばなりません。

考え方を整理しますと
「アノラック」「ナイロンパーカー」は、スタイルで捉えるのは間違いで、
アイテム単体で見るのが正解であるということ。
その理由は「アウトドアー」というキーワードをいったん排除することが目的であるということです。




あとがき〜

「スタイルで見ること」と
「アイテム単位でみること」は目的・手段が違います。

前者はマジョリティ層に対する目線。
後者はファッションリーダー層に対する視線。

これが今、私が気を付けている見分け方で、過去とは逆になっています。(過去はマジョリティ層が単品、ファッションリーダー層はスタイル)

対象が変わると、当然アプローチも変わります。
ここを間違えていると、うまく結果に繋がらないと思います。
間違った人が描いた設計図は結果も間違っているはずだと思うからです。

間違わないようにするために、私は街頭を眺め続けているんだと思います。



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛

--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp


 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

スモークブルー 2014年の注目カラー 2014/01/30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スモークブルー 2014年の注目カラー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・冬のトレンドチェック
期間:2014年01月25日(土)
気温:10度 はれ
対象:アーリーマジョリティ周辺




(・∀・)ノ゛
ァッションのカラー化”はまだまだ続いています。ただし
当初の”色物が出てきた”段階から次の段階へと移行しつつあり、
その潮流のひとつが「スモークカラー」というわけです。

2014年1月をスモークカラーの「前兆」と位置づけると、2014年秋冬の拡大可能性を想像する必要があります。
しかしそれはどこで見分けるのか?
運命の分かれ目は春夏の「スモーキーパステル」の動向にあります。

2014年秋冬「グッチ」のコレクションではスモーキーパステルの柔らかなブリティッシュスタイル提案が見られました。
この要素がどこまで業界(ブランド群を1つの集合と見る)に取り入れられるかが第一のポイントで、
第二のポイントは店頭パワー。第三(最終)ポイントが街頭パワー。という順番になります。
もちろん私の言う街頭パワーとはファッションリーダーの影響力のことです。

写真を眺めると、彼等はイノベーター層に該当すると評価します。
ファッションピラミッドの2.5%で、ファッションリーダーとは直接的な繋がりの無い人達ですから、
彼等のファッションは商売の参考にはなりません。
ここを理解しつつ、”人から人へのチェーン”で流行観測を行うことが大切です。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ブラックコート、ブラックジャケット 2014/01/29

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブラックコート、ブラックジャケット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・冬のトレンドチェック
期間:2014年01月25日(土)
気温:10度 はれ
対象:アーリーマジョリティ周辺




(・∀・)ノ゛
ンプルなK無地のジャケットやコートに注目します。
なぜこれが新しいのか?の答えは簡単。
ジャケット・コートは、ディティールのデザイン化・素材のファンシー化が進行しており、その中でそれらとは対照的に「ベーシック&無地」を一部のリーダー層が採用しているからです。

おしゃれなリーダー層が着用すると、周囲のフォロワー層が影響され、
拡大ベクトルに沿う可能性が増すという理由です。
このとき企業側はリーダー層の絶対数の計測と、質の評価が重要になります。

デザイナーの役割は、次シーズンに支持されるデザインとは何か?を
旬のデザイントレンドと照らしあわせながら創造するという仕事。

ところでシンプルなブラックジャケットの定量データを掴んでいるブランドはまだ少ないかもしれません。
今回は気温が高く、ジャケット姿の多い観測日だったことから、特殊事情の中のデータでもあります。
よってまずは今回街頭で確認したバリエーションをざっと見ておくこととします。
メンズ3、レディス5点の写真です。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

スカジャン登場!ロカビリー 2014/01/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スカジャン登場!ロカビリー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・冬のトレンドチェック
期間:2014年01月25日(土)
気温:10度 はれ
対象:アーリーマジョリティ周辺




(・∀・)ノ゛
ッカー」や「ロカビリー」というスタイルは、コレクショントレンドから発生したもの。
「サンローラン」の2013F/W、2014S/Sのイメージがぴったりと合致します。
スカジャンはそのような背景から登場したアイテムであると考えられます。
また素材トレンドとしての「サテン」があり、
時代背景としての1980年代のネオロカビリーブームがある。
など、幾つかの要素が絡み合っての”今”だと思います。

整理しますと、「スカジャン」というアイテムトレンドと
「ロカビリー」というスタイルテーマは震源を1つとしつつも、
独立した個別要素としてストリートで「発生」している。という事です。
「イノベーター理論」で評価すると、イノベーター(2.5%)からアーリーアダプタ(13.5%)へと受け継がれた段階であります。


ところでスカジャンはひと目見て分かるとして、「ロカビリー」の要素は何でしょう?
ダイヤ柄ソックス、裾をロールアップしたスリムパンツ、レースアップのレザーシューズ。
個人的には1980年代の「ストレイ・キャッツ(Stray Cats)」がイメージ。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛


--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ジャケットのデザイン化傾向 2014/01/27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジャケットのデザイン化傾向
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・冬のトレンドチェック
期間:2014年01月18日
気温:6度 はれ
対象:アーリーマジョリティ周辺




(・∀・)ノ゛
ャケットルックは2013秋の復活アイテムでした。
冬に入ってデザイン化の方向で、新たに「前兆」らしきものを確認しました。
2014年のジャケットデザインの方向性は何か?
最近の傾向と未来への対策をメモしておきます。

まず現状把握。
素材はツイードタイプが旬。きれいめの「シェットランドツイード」というよりも、
よりファンシーな「ハリスツイード」「ドニゴルツイード」が気分ですね。
多くのショップで販売されていますが、その量に比べると実際街で見る頻度は少ない。
ここに1つめのギャップあり。

そして個人的には、コール天が少なかったこと(ほぼ無し)が印象的でした、
サージやフラノ系のきれいめウールジャケットも印象に残っていません。

またレディスでは「もこもこ素材」が「拡大」傾向で、
メンズもボアブルゾンなどでファッションリーダー層に見られます。

ディティールは「シンプル」が中心で、「デザイン」が「発生」の段階。
「デザイン」は、”切り替え”と”パッチワーク”
カントリー風のパッチワークは想定内ですが、
”グランジ”の芽があることを伝えておきます。


そして次は未来予測。
デザインのつけ方には2方向あって、素材・シルエットのベクトルに分かれます。

素材は、”ファンシー化”に照準をあてると、
「もこもこ」、「ファー」、「ローゲージニット」「ホームスパン(手紬)風」。

「シルエット」は、”ロング”に照準をあてると、「ロングジャケット」で
コートとジャケットの中間くらいの丈イメージ。
2014年春にシャツジャケットとして「前兆」の状態が受け継がれることと予想しています。

この他に、「ディティール」、「カラー」情報を取り込んで、
コレクショントレンドなども組み合わせると完成度は高まります。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛


--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析