« 2013年01月 | Main | 2013年03月 »
アウトドアー的アウターデザイン 2013/02/28
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アウトドアー的アウターのデザイン傾向
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]トレンドチェック
撮影:原宿 晴れ 8℃
2013年2月23日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い



(・∀・)ノ゛
”ヘビーデューティなトラッドインスピレーション”に魅力を感じます。
アウトドアーやミリタリー、ワークなど古き良き時代のメンズウエアーであります。
時代背景は1950年代〜60年代のアメカジ。
とりわけアウトドアーカテゴリーに注目できるわけですが、さらに細分化してゆくと、
”ハンティング”というテーマが浮かび上がってきます。
そして2014年S/Sに ”サファリ”というテーマで最大化する。。。これが私の考えるストーリーです。

それはさておき、
今回は現状把握するために、アウトドアーインスピレーションのルックを4名取り上げてみます。



写真1:袖切り替えコート。
メルトンの身頃とダウンの袖の切り替えが印象的。
デザインワードは「スタジャン的袖切り替え」「コート」で、アウトドアーテイストでまとめています。
トレンドが詰まった優れたアイテム/デザインと言えそうです。



写真2:ダウンアウター。
昔のスキーウエアのようなボリューム感あるシルエットとスポーテイ―な大胆切り替えが印象的。
ボトムをスタイリッシュなテーパードスリム型を合わせている点がポイントですね。



写真3:ダウンベスト。
アウトドアー系新鮮さを演出するグリーンカラーが、パンツとバックパックに適用されています。
ストロングカラーのブロッキングコーディネートがとても目立っていました。



写真4:ヨコ切り替えアウター。
このような切り替えアウターはアウトドアー系の代表的デザインのひとつで2013年春夏がピークになると思います。
シャツやカットソー、ニットなどあらゆるアイテムに展開されることとなりそうです。
現在マジョリティ層にまで落ちています。







--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

”スーパーショートジャケット”に注目
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”スーパーショートジャケット”に注目
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]トレンドチェック
撮影:原宿 晴れ 8℃
2013年2月23日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い



(・∀・)ノ゛
ショートジャケットに注目します。
ストリートではいつも存在しているアイテムではありますが、
今後トレンドとして拡大する可能性を秘めたものとして、継続ウオッチしようと思います。
さて、現在の状況は、
アーティスト(イノベーター層)からファッションマニア(アーリーアダプタ層)にかけて分布しており、男女ともに見られます。

アイテム種類は、ライダーズジャケット、Pジャケット、コートなど。
シルエットはボリューミー、デザインはシンプルで、1方では ”スーパーミニマル”のテーマに近づいてゆき
もう1方ではスポーツ、ロック、ミリタリーmixなど、ストリート流に解釈された独自ルックが広がってゆくのだと思います。




写真1:メンズ ブラックルック2人。
左・ショートライダーズ、右・ショートP。
コンパクトなジャケットに対してインナーはゆるいイメージ。
ボトムはブラックスリムを合わせたロックmixスタイル。




写真2:ショートジャケットのカップル。
左・ダブル前ショートコート、右・超ショート丈ミリタリージャケット。
女は柔らかなプリーツスカートをハイウエストで合わし、男はゆったりシルエットのカットソーをインナーに。
”絞り染めブロッキング”になった柄とショートジャケットのバランスがいいですね。



写真3:個性派女子のライダーズジャケット。
丸みのあるドロップショルダーで肩まわりを強調したデザインシルエットになっています。
ベースボールキャップを被っている点にも注目します。(スポーツミックス)




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ビッグコート・ビッグジャケット 2013/02/26
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビッグコート・ビッグジャケット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 晴れ 8℃
2013年2月23日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い



(・∀・)ノ゛
ビッグシルエットは2012年秋冬にコート、ニットでメジャー化しました。
中でもセーターは ”チャンキーセーター”という愛称で親しまれました。(業界内だけ!?)
ビッグシルエット化はあらゆるアイテムに、今も拡大中で「スーパーミニマリズム」が背景にあると考えられます。
ビッグパンツ、ビッグスヌード、チャンキーシューズ・・・
今回はビッグルックをランダムに抽出しそれぞれ個別にチェックしてみます。



写真1:ビッグジャケット。
メンズの黒ジャケットルックを新しく見せるアイテム。
スリムパンツを合わせるのが第一パターンで、写真のような
ビッグパンツを合わせるのはさらに少数派となります。



写真2:ビッグブルゾン。
ケミカルデニムとワッペン付きの80年代的感覚であるデザインがポイント。
大きな衿とハーフコート丈で体をすっぽり包むシルエット。
ボーイッシュ&ガーリー。



写真3:ビッグコート。
ラペルやくるみ釦も大きく、丸い肩のラインが特徴になります。
ボトムはタイツxムートンブーツの組み合わせで、この外観は上海女子の定番的コーデでもあります。



写真4:ビッグコート。
ややエレガンス系女子のコート。丈が前者と比べると短く、ボトムの柄を見せて着るタイプとします。
肩をすっぽりと覆い隠すような大きな衿に注目します。”アクセントが肩にある”デザイン。



写真5:ビッグジャケット。
袖をフェイクレザーで切り替えるデザインがポイントで、2012年のスタジャントレンドから来たものと理解できます。
大きな意味でのスポーツディティールと捉えることもでき、”ビッグシルエットxスポーツ”のテーマで
今後もバリエーションを追求することが出来そうです。



写真6:ビッグライダーズ。
2013年、ふたたびマスキュリンテーマにチャレンジするとどのような切り口となるか?への回答になるのが
”チャンキー&ロック”というミックスデザインです。
ライダーズジャケットをベースに”チャンキー”を乗せたデザインの見本として採り上げます。



写真7:ビッグコート。
ガーリータイプのチャンキールック。衿の形状がポイントですね。
ビッグフードというよりは、”土管(どかん)カラー”とでも言う様な大きな筒状の衿は、
ニットスヌードをコートデザインに取り入れるアプローチ。



写真8:ビッグガウン。
ケミカルデニムのガウンというイメージ。
ちょっとフォークロアなワイドショールと組み合わせている点が良い。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

スプリングコートに注目! 2013/02/25
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スプリングコートに注目!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]トレンドチェック
撮影:原宿 晴れ 8℃
2013年2月23日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い



(・∀・)ノ゛
”スーパーミニマル”は2013年S/Sのトレンドテーマのひとつ。
今シーズンのスプリンングコートが最初の対象アイテムになりそうです。
今回採り上げる5人のシンプルなコートルックは現場では大変新鮮に映りました。

コーディネートに幾つかの共通性が見られましたので、参考情報としてメモしておきます。





写真1:
アイスブルーのシングル前コート。春っぽい色味が新鮮でした。小物使いがポイントで、
とりわけニットスヌードで首まわりにボリュームアクセントを持たせる手法は2月の浮上トレンド。
足元はスニーカー、スポーツミックス。
ボトムはブラックスリムタイプ。





写真2:
ブルーのシングル前コート。こちらも春っぽい色味が新鮮。
春のコートルックにはコーディネートに規則性があります。
インナーはシャツであること。
小物はスポーツミックスであること。写真の場合、スニーカーとベースボールキャップ。
レザーのコードタイ。
ボトムはブラックスリムタイプ。





写真3:
こちらは冬の流れを汲む、クラシックな外観のシングル前コート。
知的メガネをかけております。
小物はスニーカー、スポーツミックス。
レザーのコードタイ。
ボトムはブラック。シルエットが残念だ。





写真4:
こちらも冬の流れを汲む、クラシックな外観のシングル前コート。
足元はレザーシューズ。クロップドパンツと赤いソックスの3点バランスがミソですね。





写真5:
冬のくすんだブルーのシングルトレンチ。
インナーはシャツであること。
小物はスニーカー、バックパックでスポーツミックス。
ボトムはブラック。クロップド丈にロールアップ。が、シルエットが残念だ。






--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

100元札ガ20元札ニ、カワッテイルヨ
昨夜 上海に到着しました。
(今回もUさんにお会いできそうにないのが残念)

浦東空港からホテルまでタクシーで約250元くらいなんですが、
今回のタクシーは最初から怪しかった。
ガラスはスモーク仕様で、運転中に無線で頻繁に仲間らしき複数人と頻繁に話していました。

で、ホテル前まで来たのに何故か正面玄関から離れた路肩に車を止めようとするので、「ここやない、あっちやで」と誘導する。
お金を払ってレシートを貰おうとすると次は機械の故障でシートが詰まって出てこない・・・仕方がないので手書きのメモをくれと、そのようなやり取りを行っていましたら、最後に「アレ?お金ガ足リナイヨ?」と運転手が言ってきた。
彼の手にしていたのが170元、私の渡したのが250元。
「アナタ、お金間違ッテイルネ」なんてこと言っているらしい。
「あんたさっき、お金確認してたろ?250元渡したよ」
「100元札ガ20元札ニ、カワッテイルヨ!」
「いいや、渡した、渡した」
「デモ、コレジャ足リナイヨ」
「NO!」
と私が言った瞬間、彼は車を降りたんだ。
そして車の後部トランクを開けた。

おもむろに私のスーツケースを降ろして渡す。
「OK?」
だって。

なんだコレ?
強く主張したものが勝つ国なんだね。

ところで、これって“会話の途中にお札をすり替える”という古典的な騙しのテクニックだよなと、後で気がついたのでした。

注意が必要ですね。

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析