« 2012年12月 | Main | 2013年02月 »
上海脳を少々・・・
今回の上海出張は8日間の滞在の中で、しっかりと生活の中にこの身を置くことができました。

「生活の中」とは、
ひとりで地下鉄に乗り、
ひとりで現地資本の百貨店やコンビにで買い物をし、
ひとりで街を散策し、写真を撮ったり、店員さんと通じない会話をすることで見えてくる、5感に訴えてくるものです。(自炊する等という意味ではありません)

たとえば新しいブランドデザインを始めるとき、私は事前にかならずこういう時間を作り出し、たっぷりと過ごします。
人によってアプローチは違いますが、私にとっての儀式のようなものです。

「生活の中」の儀式は、ひとりで行うことで思考の密度が格段に高くなります。
言葉の通じない外国で頼れるのは自分ひとり。そうすると5感がドーンと冴えます。何たって、ぼやぼやしていると大怪我をすること必死のこの街ですから。。。

見るもの、聞くもの、触るもの、匂ってくるもの、人びとの視線、表情、態度・・・あらゆる情報が私の頭のなかに入ってくるんです。

そして回数を重ねます。
時間と数を集中することで、短期間で自分の頭の中に“上海脳“を部分的に作り出すことが目的でした。

このたびは短期の視察や仕事の合間に行うリサーチでは決してまかなうことのできない濃密な思考体験でした。この奇跡的な機会を与えてくれた皆さまに感謝しています。
帰国したら、“東京脳x上海脳“に調整し、すぐに仕事に取りかかります。







上海脳って何だい?
・・・蟹味噌みたいなもんさ
 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

上海に居ます
只今わたくし上海滞在中です。

思い返せば日本を出国したのが20日(日)。
そして今日が帰国の予定だったのが、2日延泊して28日(月)になりました。
理由は単純で、新規の上海仕事が入ったからです。
規模がでっかいうえに開発期間が短いために急遽このようなことになりました。

中国の価値観のひとつに“おおきいいことは良いこと”というものがあります。
土地の大きさから、焼き鳥1本の大きさにまで、それが感じられます。

でっかいことは、あたりまえの前提としてあって、
次にスピードを求められる段階にあるようです。
えらく変わりましたね。。。

さまざまな問題、課題はあるにせよ、
“日本流“がひとつの差別化要因になっていることを、現場でひしと感じられる環境に身を置いています。
・・・と、こんな書き方をすると誤った解釈をされてしまうんだろうなと思いつつ。。。

正しくは“日本流ビジネス“は通用しません。
“日本流クリエイション”が通用する時代が来たと思います。
それが今回の出張で感じたことです。
あとは自分で実践して証明するのみ。(自分のために)




あとがき〜
今日はひとり飯。

熱燗が飲みたくて、ワタミに行ってみた。

通された席は半個室で、狭い通路を隔てて隣のカップルの姿が丸見えの環境。

男のほうは日本人で女のほうは中国人らしい。

会話が聞こえてきたんだ。(耳はすましてないよ)

女:「ワタシ、3番目のお父さんいます」

男:「それはたいへんだね」

女:「それで3番目、おねえさんもいますね」

男:「・・・・」


私:えー 何これ?めちゃ面白いやん♪
 きっとこの後、“だからお金いっぱいるね”なんて言うのかな?言うんだるなあ・・

 なんてこと思っていましたら、


女:「男はみんなウソつきね


だって、

ワハハハハハ ヒー

大爆笑してしまいました。

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プリントタイツのチェック 2013/01/25
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プリントタイツのチェック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 6℃
2013年1月12日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
2012年春のタトゥータイツのヒットから考えると、秋冬ジー寸は思ったより伸びなかった感のあるプリントタイツ。
タイツについてもう少し言うなら、
昨シーズンはシアー、レーシータイプが多く見られましたが、今年は一転厚地のスパッツやレギンスタイプに移行しているようです。

そのような状況の中、派手なプリントタイツを使った個性派ルックが目に留まりましたのでチェックしておきます。ファッションタイプは、エスニック/フォークロア 、スポーティです。

【 エスニック/フォークロア 】
70年代のヒッピームーブメントからのインスピレーション。
バタフライ(蝶)プリントのタイツでうまくコーディネートされています。

【 スポーティ 】
サテン地のコーチブルゾンにショートパンツのボーイッシュなルック。
大柄のボーダーでうまくイメージ連動されていますね。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛


--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

フォークロア・カントリーが来た! 2013/01/24
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フォークロア・カントリーが来た!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 6℃
2013年1月12日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
ォークロアトレンドが来ています。過去24年間を眺めると、フォークロアを含んだエスニックトレンドはほぼ3年の短期、12年の長期的周期に沿って成長と衰退を繰り返してきたことが分かっています。
そしてもうすぐ最大のチャンス(転換期)がやってくるというのが大まかに掴んでおくべき背景であります。

さて、写真を眺めてみますと、
現在のフォークロアにもタイプが2つあることが分かると思います。
トラッドをベースにした「カントリー・フォークロア」。
西洋以外の民族衣裳や生活品から来る「エスニック」。
どちらが良いかはブランドの置かれている立場(望まれている世界観)で異なりますが一般論で言うと、2013年SSはエスニック。2013年AWはフォークロアが優位だと思います。

では写真をチェックしてみましょう。
左が「カントリー・フォークロア」で、右は「エスニック」。

「カントリー・フォークロア」・・
カウチンセーターと大判マフラーを合わせたカントリースタイルが印象的。
ツイードの裾窄まりスラックスはベグトップシルエットを彷彿させます。
厚手のソックスにサンダルを合わせている点も要注目です。

「エスニック」・・
コースター風のカラフルなかぎ針編みパーツが印象的なニットパーカーがキーアイテム。
ボトムは蝶プリントのタイツを合わせ70s'的エスニック連動を感じさせます。
ロシア帽も効果的ですね。”時空間を超越した多国籍なミックスコーディネート”であります。





--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛


--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

重厚感のあるカラーブロッキングが新鮮 2013/01/23
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
重厚感のあるカラーブロッキングが新鮮
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 11.5 ℃
2012年12月29日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
ラーブロッキングは数シーズン続いてきたトレンドワードのひとつ。昨年は「パターンonパターン」「異素材のブロッキング(切替)」で大きく拡大しました。
この傾向はまだ継続するようであります。が、そのままではマズイですね。

2013年AWらしい鮮度を出すために何が必要か?
そのひとつの示唆として、「カラーブロッキング」を採り上げました。
ポイントは ”色味” であります。
どのカラーパレットを使って何を表現するのかが腕の見せ所となります。

おすすめは、アースカラー、ダークカラーの切り口。
2011年のストロング系パレットを受け継ぐもので、2012のトップトレンドでありました。
2013年にマジョリティ層に落ちてくるという予測です。
適用テーマは「バロック」「フォークロアミックス」「ビンテージ」。クラシカルな重厚感は、プルミエールのテキスタイルトレンドにも合致しています。

そしてもう一方で、”重厚感を持った色物”にも目が離せません。
これは3013春夏の カラフルなパレットを受け継ぐもので、とりわけ「フォークロアミックス」に相性が良く、またアクセントカラーとしての採用が予想されます。
写真はこちらに該当。
1990年代のミニマリズムをベースとシンプルデザインxフォルメ シルエットのアプローチ。
またサイバー・フューチャーを取り入れたミックスコーディネートが新鮮でした。







--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2013年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析