« 2012年07月 | Main | 2012年09月 »
秋立ち上がりはブルーが浮上! 2012/08/31
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
秋立ち上がりはブルーが浮上!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 32℃
2012年8月28日(火)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
2012年秋のカラートレンドは何でしょう?
業界トレンドでは以下の順位となっております。

1.黒
2.ミッドナイトブルー、ロイヤルブルー、コーンフラワーブルー
3.フォレストグリーン、カーキ
4.赤、ボルドー、バイオレット
5.白、クリーム
6.ゴールド、コッパー、
7.イエロー、オークル

なるほど どれ来ても大丈夫なくらい準備に余念がありませんね。

今日の観測結果と比較してみると、
1.黒 2.ブルー が完全に的中しています。
単品だとブルー、カラーコーディネートだと黒xブルーが最も新鮮でした。

今までもそうでしたが、今回の現象を見て分かるのは
業界発信型は ”シーズン立ち上がりこそ有効である”ことです。

ブルーの打出しがブランドを横断して見られ、その頻度も高いことが業界発信型の成功条件のひとつに挙げられます。
皆が打出そうとしている商材を、自分が真っ先に売り出す商魂?と言っても良いでしょうか。

受け手から見て「最近あっちこっちでブルーを見るんだよね」の状況になるのかどうか。まずは予測する力(情報力)があって、発信力(販売力)と合わせて全体を設計します。
(商品力はすでに有ることを前提にしています)

抽象的に言うと、
”「情報・点」と「物理・面」でマインド誘導が成されるしくみ”です。


 

 


最後に補足しますと、
世界が知識社会化する中でブランドの発信力を高めてゆこうとするならば、
ブランドの発信側の知性化がカギを握ると考えています。
”知識社会”の現実は日本に真っ先にやってきます。
それは若者のマーケットからで、既に原宿のイノベーター層に見られます。
あらゆる情報力、販売力を動員してブランドの知性化を図らねばなりません。
高度に知性化された顧客よりも、もっと高い位置からブランドを発信しなければいつか立ち行かなくなるのではないでしょうか。

このことに対する処方箋はただひとつ。
”知識社会”とはどういう社会のことか?を考え未来を予測し
その社会に合ったブランド、理想のシステムを導き出し手を打ってゆくこと。

間違ってはいけないのは、
顧客をリードすべきはライフスタイル提案についての情報のみ。
スペック重視の商品でリードしようとしてはなりません。
と、私はそう考えています。



 

 



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

”J-エレガンス”ファッションに注目 2012/08/30
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
知性を感じる”J-エレガンス”ファッションに注目
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 32℃
2012年8月28日(火)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
性を感じさせるようなエレガントなルックに注目し「J-エレガンス」と呼ぶことにします。
この着こなしのポイントは、簡単に言うと
”頭が良さそうに見える”ということ。
知識社会化する世の流れを反映したものであります。

ルックの基本形は、シャツ+めがね+腕時計 の3点セット。
前回はめがねを取り上げましたが、今回のキーアイテムはシャツ。
エレガントで、高価そうに見えて、きちんとクリーニングされているイメージ。

着こなし方は、POPなテイストミックスである点がポイントで、
”J”ミックスと呼びます。
J(ジェイ)はJapanの頭文字Jのことで、
J-POP、J-Fashion のニュアンスを含んでいます。


 


関連情報:
2012/08/20 頭が良さそうに見える”伊達メガネルック”
http://www.apalog.com/street_research/archive/1865







--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛


--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ニットキャップが急拡大中! 2012/08/29
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ニットキャップが急拡大中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 32℃
2012年8月28日(火)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
の先取りは小物グッズから”
このようなキャッチコピーが昔から使われておりますが、もちろん今も大いに通用します。
さて今シーズンの一押しはみなさんの期待通り”ニットキャップ”。
念の為、リサーチ終了後に裏原宿界隈の店頭もチェックしてみると、
これでもか!状態でニットキャップを使った秋のルック提案が成されていました。
分かり易さ、買い易さが、街全体で演出されているイメージです。
が、一方で一気にマジョリティ層を駆け抜ける危険性もありそうです。(ライフサイクルが極端に短い)



ディティールに目をやります。
アイテム名としては、無地のニットキャップ。
ざっくりと太いリブ編みと、すっきり総針編みの2極であります。
カラーは、メロンイエローやピンクなど蛍光色が先行していましたが、
モードっぽい層を中心にブルーが浮上しています。
メンズでもブルーが人気のようです。

シルエットにも新傾向が見られました。
耳つき風(角つき風とも言える)の、頭の先が2本突き出た形が面白い。
これは、POPテイストがミックスされたモードカジュアル層の拡大が背景にあると思います。










--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プリミティブなエスニックファッションの芽 2012/08/28
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プリミティブなエスニックファッションの芽
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 晴天 33℃
2012年8月23日(木)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
チュラル・エスニック”は2008年の第1トレンドテーマでありました。
エスニックなロングドレスやロングスカートが大人気でしたね。
「クリーンでエレガント」とは逆の「ダークでプリミティブ」なエスニックファッションの芽を感じましたのでレポートします。

今回は、ちょっと違った視点からお話しを進めてゆきたいと思います。
素材やデザイントレンドからではなく社会的・概念的な領域からアプローチし、最後に商品のデザイン・ディティールに迫ります。

本来、最初に概念、その後にデザイン・ディティールという流れですが、
分かり易さを優先して逆で構成します。


●ではいきなり商品のデザイン・ディティールのお話しです。
写真はマキシドレスとチュニックワンピ。
後ろ姿ではありますが、偶然2名のエスニック女子が撮れました。
1人は「エスニック・リゾート」で、もうひとりは ”エスニック&ロック”。
新しい組み合わせによる鮮度の向上がミソ。
あとは2014年春夏をエスニックトレンドのピークに設定し、完成度を上げてゆけば良いと思います。

素材はボイル系の綿薄地が従来の流れですが、”シルクの光沢感”を求める方向も良いと思います。
エレガンス、マチュアというキーワードが再浮上し重要度が高まってゆくと考えるからです。

アイテムはキュロットスカート+ブラウスの、今年のシルエットに載せ替えるイメージのものと、
新・オールインワンなどセットアップスーツ的な見え方をさせるアイテム。
ビジュー飾り、スエード切り替え、メタリックパーツ使い・・・

デザインの現場においても”沿わせる、ずらす、外す”のフレームを使うとたいへん便利です。







●そして概念的領域のおはなし。。。

”スペックを気にする時代では無い”ということをもう一度 胆に銘じなければならない!。
このフレーズ良く耳にします。
スペック信仰は例えば、ドコモ携帯がアイフォンに負けた最大の原因であると言われています。

「機能を落とすんだ!」ジョブスは言いました。
余計な機能はすべて排除する。ミニマリズムの精神と、本当に大事だと思うところその1点に
精神を集中し、とことんこだわり抜き洗練させてゆくんだ。。。

私思うに最初のポイントは「商品や製品そのものの優位性」では無く、
「どのように生活の中で使いこなすのか?」ということで、
”未来の生活像”が先にあります。

さて、そうしますと
エスニックファッションは未来の暮らしの中でどのように使いこなされ、
どのような幸せな時間を過ごすことができるのか?未来の生活像を考え提示せねばなりません。

出発点はライフスタイルの中の新しいコンセプト。
”先端と現世”の両方で考えること、これを私は瞑想空想(めいそうくうそう)と呼んでいます。
略すと ”めいくそう”。

先端とは、小さな新しいムーブメント、新しい思想や共感の連鎖。
現世は、今現在 社会はどうなっているのか?を理解すること。

瞑想とは、何かに心を集中させること。
空想は、頭の中で実現している場面を想像すること。

私は”瞑想空想(めいくそう)”が大好物です。








--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛

--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama


出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

リゾートファッション復活の前触れ 2012/08/27
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リゾートファッション復活の前触れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 晴天 33℃
2012年8月23日(木)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
ゾート感覚を併せ持つルックがストリートに浮上しています。
象徴的アイテムはサングラス!
従来のイメージするリゾートルックとはちょっと何かが違う、それは何だろう?
初回テーマはその1点に絞りレポートしてみます。

まずは全体像。
リゾートファッショントレンドには周期的規則性があり、前回のピークは2011年春夏でした。
”クラシックリゾート”というテーマで
ファッションタイプは、”エレガンス”が主力。アイテムは
フィット&フレアのドレス、マキシドレス等に
フラワー、ボーダー、ドット、ボタニカル(植物柄)等のプリント展開がなされていました。

さて今回はどうか?
周期的には、2014年春夏をピークとし逆算でタイミングを見計らってゆくのが良いでしょう。
問題はテイストの作り方ですね。
ここを外すと台無しですからまずは現在の状況を確認し、継続的調査で変化を眺めてゆくこととしましょう。

現段階のリゾートファッションは、タイプ、テイストは巾広くある状況で、
まだまとまった方向性が出ているわけでは有りません。
今回は異なる2タイプのリゾートmix風ルックを取り上げてみます。

テーマは「マチュア・リゾート」、「プリティ・リゾート」とします。

「マチュア・リゾート」は、欧米のナチュラルリゾート感漂う
大人のエレガンススタイルで、男女カップルで構築するとイメージが分かり易い。
南仏の旅先で2人が出会ったもの・・・そんなシーンで考えてみると良いかもね。

もう一方の「プリティ・リゾート」は、2011年秋冬のレトロガールトレンドを時代性だけを引き継いだイメージ。
ブランドの立場として、”流れに沿う”ことを重視している場合はこちらがフィットするかもしれません。

このルックのキーアイテムはやはり ”プリティーワンピース”ですね。
フィット&フレアのシルエット、パステル調のフラワープリントが印象的。
そして2012秋冬の重要テーマ”マニッシュ”をサングラスで取り入れていると解きます。

来シーズンに向けた新しさの求め方として、
このルックが参考になるのはコンセプトの作り方であります。
”沿わせる、ずらす、外す”この3つの組み合わせです。

「沿わせる」は、2012年秋冬のマニッシュトレンドをサングラスで表現したこと。
「ずらす」は、2011年秋冬の”レトロガール”の時代性だけを引き継いで別の形で表現したこと。
「外す」は、リゾートファッションに「プリティ」という要素を組み合わせて新しい見え方を提示したこと。

以上、私の感じたリゾートファッション復活の前触れをレポートしました。








--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama


出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2012年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析