« 2012年06月 | Main | 2012年08月 »
街を見て,づっと見て、そして肌で感じること 2012/07/27
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
街を見てづっと見て、肌で感じること
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 26℃
2012年7月23日(月)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
ニマルポップというスタイリングは、ライフスタイル・コンセプトや
ファッションテーマに基づいて構築されるべきもので、
高度な技術と正しい知識に裏うちされたアートの領域で、
おしゃを楽しむことのできるファッション・タイプであります。

今回もプロ向けの文章ですみません。

大げさな物言いをするつもりはないんです。
ただひたすらHARAJUKUファッションの概念化を、繰り返し磨き上げてゆくのみであります。

何故?
それは未来のブランディング手法を確立するためです。
もうすぐスーパーサイヤ人的な人物が地球上にあらわれます。
そして、超・人類による新消費時代に突入するのです。
ここ原宿から・・・

決して 頭がおかしくなったわけではありません。
”知性とアートの領域で暮らす新世代の消費者像”の延長で話をしているのです。
15年の歳月をかけて、今まさにビシバシと肌で感じ取っている、
ファッションの地殻変動、地場の変形・歪みから発生する電磁波です。

日本は近い将来、新しい消費社会に根差した新しい人類、超・人類が生まれます。
彼等彼女等は ”リバティ”な存在であります。
リバティとは、全てのことを理解していて、物理的制約から解放されていて、
知的空間の高い次元に居る人物のことであります。
新社会における新しい原宿ファッションリーダー像であります。

私の役目は、
近未来の超・人類の姿をイメージしつつ、彼等彼女等にアジャストした
未来のブランディング手法を確立すること。
ストリートからモード(革新や創造的破壊)を見つけ出し、コンセプトに置き換え、商品化につなげます。
15年間のフィールドリーサーチ技術が実を結ぶ瞬間であります。







--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛

--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

”黒サングラス”から見える俯瞰とディティール 2012/07/26
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”黒サングラス”から見える俯瞰とディティール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 26℃
2012年7月23日(月)
★★★★v
流行鮮度:高い





(・∀・)ノ゛
の黒サングラス、どこのブランドですか?”
いきなりディティールにフォーカスして恐縮です。
でも今回のテーマはまさにここにあるのです。

デザインを行うにあたってのキモは ”俯瞰(大局観)とディティール”にあります。
この2つの情報にこそ価値があり人が興味を惹かれる部分だと思います。

そして、社会の構造自体が ”俯瞰とディティール”であります。
もはや中間、平均点は要りません。
”人並み程度”では、いや”人並み以上”でも人は感動しません。
突出しているもの、ぶっ飛んでいるもの に興味を惹かれ、その中身の深さに、人は心を揺さぶられる時代なのだと思います。
中身の深さとは、知識・技術・哲学・独自性を身に備えたアートの領域であります。

さて、サングラスです。
黒っぽいアメカジで90年代に東海岸スタイルというネーミングでこのようなルックが存在していたような・・
クールなワークスタイル?クールギャング?う〜ん何と表現すると良いかな。

ブラックを基調としたワークカジュアル、バイカーファッション・・・これは従来のターゲット像から連想できるルックです。
が、新しい切り口を求めるなら、”ストリートチャリ(自転車)”というターゲット像、ライフスタイルを立てて、
知性とアートの領域で暮らす新世代の消費者像で世界を膨らませてゆくのが良いと思います。
ここまでが俯瞰(大局観)。

つぎにディティールです。
”黒サングラス”をアイコンにしてみましょう。
「どうして2人は黒サングラスを着用しているの?」「すきな黒サングラスは何ですか?」
シルエットや素材へのこだわりを、ストーリーに乗せてどんどん深く、掘って掘りまくります。

そうするとピカピカに磨かれた軸が出来ます。





追伸:
”知性とアートの領域で暮らす新世代の消費者像”って何?

HARAJUKUストリートにはモード(革新)があり、新世代の高度な知的消費の世界が広がってゆきます。
私は彼等彼女等のことをアーティストと呼びます。
HARAJUKUストリートが世界のファッションシーンをリードする と考える下地がここにあります。
そしてプロのクリエイターから発信される新しいアートの時代がはじまろうとしています。







--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛

--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ホワイトガールズ! 2012/07/25
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホワイトガールズ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 26℃
2012年7月23日(月)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
夏らしく白を基調にしたさわやかなルック。
このファッションのポイントは、仲間と一緒に居るときに発揮されます。
一人で居ても、さして個性が現れるわけではありません。
どちらかというと、原宿の中では埋没してしまうようなルックであります。

しかし、2人、3人と数があつまると大きなメッセージが浮かび上がってくる。
これはコンセプトにもとづいた ”ホワイトファッション”のパフォーマンスで、
新しいファッション表現・新しいファッションの楽しみ方であると考えます。

一瞬、バズマーケティングにマッチするかも?・・などと考えた人は多いと思います。
とんでもない!嘘ややらせは通用しません。ファッションリーダー達はちゃんと知っています。
無理は信用を損ないますから、本物志向の企業・ブランドは絶対やめましょう。
きちんと、調査を行い正しい情報の元に自社の仕掛けをマッチさせましょう。
もし、マッチしなければ今回はあきらめる勇気が必要でその姿勢が重要だとさえ思います。
勇気が=リスク回避で、姿勢が=ブランディング(価値の創造)です。


さて、今回もプロ向けの文章になるわけですが、
このファッションの特徴は・意味はどこにあるのでしょう?
その答えは、”着用者層”にあります。

彼女等はファッションピラミッドにおける、初期のトレンド採用者層(アーリーマジョリティ層)であります。
この層の、さらに頂点に位置する、ファシリテーター役の人物に変化が起こったのです。
その変化とは、簡単に言うとアーティスト志向になったということ。
”彼女等は自由な発想でオリジナルを加え、発信するようになった”と解きます。
いままでは、そのままの状態で伝えていたものに自分の意思も込めて伝え始めた・・というイメージ。

そのあらわれのひとつが、今回の”ホワイトガールズ”であると仮定します。
自分ひとりで魅せる個人プレーでは無く、仲間との共同作業から生れる舞台芸術のようなものかもしれません。
(なんて大げさな...)

初期のトレンド採用者層(アーリーマジョリティ層)が自分の意思を表現し始めた。
小さな変化が垣間見れた!
ここがミソです。







--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛


--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

モードな刈り上げガール ”がりっこ”!? 2012/07/24
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
モードな刈り上げガール ”がりっこ”!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 26℃
2012年7月23日(月)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
HARAJUKUモード”がますます拡大しています。
今回は彼女等のヘアスタイルに注目してみます。
”ショートでカラード、ソフト刈り上げ”これが基本形であり、
いま最もホットに見える髪型であります。

写真左側の女子は髪を金髪にしています。「金刈りっ子(きんがりっこ)」と呼びましょう。
ファッションは、最近メンズに広がりつつある”ルーズでボクシ―なシルエット”であります。
オーバーシャツとビッグパンツのセットアップ風に見えるコーディネートが印象的。

写真右側の女子は髪を赤く染めています。「赤刈りっ子(あかがりっこ)」と呼びましょう。
ファッションは、ゆったり&ショート丈フォルムのトップスに、足首が締まったパンツをあわせた逆三角形シルエット。
モードな感覚をシルエットで大きくアップさせています。

原宿モードな ”がりっこ”に要チェックです。







--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛

--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

原宿POPなモノトーンスタイル 2012/07/24
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
原宿POPなモノトーンスタイル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]トレンドチェック
撮影:原宿 曇り 26℃
2012年7月23日(月)
★★★★v
流行鮮度:高い



(・∀・)ノ゛
Black & White Style is latest trends in Men's fashion.
And you bit a pop, you know.
ラック&ホワイト ルックは最新のメンズファッショントレンドで、
ちょっとPOPなテイストが入っているのが原宿スタイルです。

着こなし方のポイントは、首から肩にかけたルーズな重ね着で、
縦方向に大きく下がった黒のTシャツを中に着て、外には
横方向に大きく開いた首回りのTシャツを重ね着しています。
シルエットはルーズであることが重要で、今年のトレンドに沿っていることを意味します。

そして原宿らしさを演出するのに最適なアイテムがグッズ!
動物写真やイラストがプリントされた、トートバッグと帽子が重要です。
さらにヘッドホン、膝に付いた大きな缶バッジもPOPな感覚をアップさせてくれます。


モノトーンファッションにPOPな感覚を取り入れた
原宿ファッションピープルの着こなし方でした。





こんなんもあるでよう

--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析