« 2012年01月 | Main | 2012年03月 »
”てるてるモード”という新コートルック!?  2012/2/9 [ストリート・レディス]
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”てるてるモード”という新コートルック!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 うす晴れ 5℃
2012年1月28日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
ントラインのウールコート。頭から足元までのシルエット全体が面白い。
2011年冬、ロングコートが復活しました。トレンチやモッズコートなど
冬のアウタートレンド(アイテムトレンド)という見方もできますが、
もう一方で新しいファッションカテゴリー確立の象徴的ルックであると見ます。

過去をたどればこのアイテムの立ち位置やストリートにおける価値が理解できます。
2010年冬にウールコートが復活しピーコートを軸にトラッドスタイルで広がりました。
2011年にはブリティッシュで継続する部分と、レトロファッションで新たなテイストの巾が生まれました。
原宿にエレガンステイストの波が押し寄せたという事ですが、時代の対抗馬であるモードという
勢力が力を伸ばしており、いままさに新たな局面に差し掛かっていると捉えています。

モードの時代におけるコートルックの イメージとして写真のコート姿を
”てるてるモード”と言ってみましたよ。そして
ブラックルック、かりあげヘアが旬のモード感を受け持つ部分。

一方で疑問として出てくるのが、
”テーパードシルエットの時代”を成立させる要素がココにあるのか?です。
コート自体はフレアー型です、が、これはシルエットの対抗馬としての価値で
時代の絶対軸はテーパードであります。よって”テーパードシルエットの時代”をあらわす
ディティールがこのコートには必要になり、それがフードであります。

また、コーディネートで”テーパードシルエットの時代”を作り出す方法もあります。
この写真の場合、かりあげヘア が該当します。
着こなしにおけるアクセントや目線を上に押し上げることが旬なイメージを生み出す
原点になると解釈すると少し分かりやすくなるでしょうか。








--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛


--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ストリートファッションを題材にしたアート活動 ”Wall On Vision(ウォール・オン・ビジョン)”
http://www.facebook.com/pages/Wall-On-Vision/257378003576?ref=nf

▼ツイッターで最新情報をフォロー(Follow Me On Twitter)
http://twitter.com/ryu_koyama

▼ご意見・ご感想・リクエスト
こちらのフォームからどうぞ




出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

サテンブルゾンとコーディネートトレンドについて 2012/2/8 [ストリート・レディス]
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サテンブルゾンとコーディネートトレンド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 うす晴れ 5℃
2012年1月28日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
テンのブルゾンがPOPな個性派ゾーンに確認できます。
80年代のロックテイストで、鮮やかな色調が街なかに居ると目を惹きます。
今回は偶然、極めて近いルックの女子が撮れました。

さてサテンブルゾンの、ストリートにおけるポジショニングは
1-先端度:高い、2-流行度:街全体で見ると低い、3-目立ち度:高い。
限定的な層で人気があるルックと捉えられます。つまりニッチですね。

2012年はパステルが軸になりそうですが、ファッション雑貨を中心に
鮮やかなカラーパレットが存在しています。

80年代調のブラックを基調としたロックなルックに、
このカラートレンドを合致させるアイテムとして、サテンブルゾンの役割があると考えても良いかもしれません。

ところで、写真の2人のコーディネートが興味深いですね。
同テイストということもあると思いますが、類似性を強く感じます。
プラットフォームスニーカー(厚底スニーカー)、ラッフル付きソックス、プリントタイツの組み合わせがそう。
後は、「ショーパン+トップス」、「ミニスカート+ブラウス」、「ミニ丈ワンピース」の3種類の基本的
組み合わせ選べば良いカンジ。

今はボトムファッション化の時代ですから、今まであまり見なかったような
斬新で新しいコーディネートが生れてくるんじゃないかと楽しみにしているんです。

そして次に、
「ショートパンツ + カジュアルTOPS」、「ミニスカート + ブラウス」、「ミニ丈ワンピース」と3種類の基本セット
パターンから好みのシルエットを選び出します。

最後に小物雑貨。
これも自分の世界観をしっかり伝えるために重要な要素になります。
従来は、「人と差別化するために」小物雑貨の役割があったと思いますが、
これからは、「自分の世界観を高めるために」と少し意味合いが変わります。

”濃い世界観”と”バラエティー”の異なる2方向からのアプローチが求められるんですね。

ヘア&メイクは最後の砦的なイメージがあって、どんなにそれっぽい着こなしをしていても、
ここがおざなりだと全てお終いです。
最近アジアのファッションウオッチをしていると、やはりヘア&メイクの進化がファッション成熟度と連動しているなと感じます。








--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛


--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ストリートファッションを題材にしたアート活動 ”Wall On Vision(ウォール・オン・ビジョン)”
http://www.facebook.com/pages/Wall-On-Vision/257378003576?ref=nf

▼ツイッターで最新情報をフォロー(Follow Me On Twitter)
http://twitter.com/ryu_koyama

▼ご意見・ご感想・リクエスト
こちらのフォームからどうぞ




出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

カラー復活@メンズコート 2012/2/7 [ストリート・メンズ]
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カラー復活@メンズコートルック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]トレンドチェック
撮影:原宿 うす晴れ 5℃
2012年1月28日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
2012年の原宿メンズ、冬のルックにカラーが戻ってきそうです。
2011年は全般的にトラッド回帰が強くシックな色合いが中心で、
特にアウターにソリッドでカラフルなアイテムを持ってくることは少なかったように思います。

レディスでは2011年冬の60年代ファッション人気から、レトロポップなカラーパレットが浮上しました。
カラー単体で見ればメンズにもカラー化現象が飛び火したようにも見えます。

3枚の写真を通して思うのは、レトロトラッドという切り口よりも
POPカジュアル、またはPOPな要素を備えたモードファションの潮流がありそうだということ。

写真左:「レトロトラッド」
チェックすべきポイントは、オレンジのコートのビッグなシルエット。
チノパンの重ね着(ワイドクロップド+細身ロング)。
トートバッグは人気急上昇中アイテム。
ロングマフラーをぐるぐるぐると首に巻きます。

写真中央:「POPカジュアル」
イノベーター理論で言うところのアーリーアダプタ(初期採用者)、
ファッションカテゴリ分類では 個性派 に属するルックです。
カラーブロッキングというよりは、マルチカラーコーディネート
と言ったほうが良いかもしれません。蛍光シャツが特に印象的。
従来はもっとアメカジ(カジュアル)寄りのルックですが、
こちらはコートをあわせてちょっとキッチリした印象をつくりました。

写真右:「POP+モード」
インナーにカラーアイテムを持ってくることでPOPな印象が感じられます。
この着こなしが際立っていた理由は、周囲がシックな色目の着こなしが多い
時期だったからだと思います。
周囲の環境もルックの鮮度に大きく影響しますね。









--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛


--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ストリートファッションを題材にしたアート活動 ”Wall On Vision(ウォール・オン・ビジョン)”
http://www.facebook.com/pages/Wall-On-Vision/257378003576?ref=nf

▼ツイッターで最新情報をフォロー(Follow Me On Twitter)
http://twitter.com/ryu_koyama

▼ご意見・ご感想・リクエスト
こちらのフォームからどうぞ




出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ビッグフォルムのアウター・コートが拡大  2012/2/6 [ストリート・レディス]
街拍[ストリートリサーチ]-------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビッグフォルムのアウター・コートが拡大
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]トレンドチェック
撮影:原宿 うす晴れ 5℃
2012年1月28日(土)
★★★★v
流行鮮度:高い




(・∀・)ノ゛
2011年冬の新鮮アイテムがビッグフォルムのアウター・コート。
2012年冬も継続するアイテム、シルエットトレンドとしてチェックしておきます。
今回はコートルックの分類と注目すべきデザイン・ディティールをキーワードで列記しておきます。

まずはコート自体。
シルエットx丈で「ビッグ&ショート丈」、「ビッグ&ハーフ丈」、「ビッグ&ロング丈」
の3種類に分類できます。

スタイルは「ガーリー+エレガンス」「ガーリー+個性派」の2種類をとりあげました。
その他のメジャールックにおけるビッグアウター・コートスタイルは排除しています。理由は
ややニッチでコアなルックの中から来年に繋がる目新しい要素を見つけ出すことを目的としているためです。

さて次は素材、ディティールのキーワード抽出。
意匠糸素材、ダブルジャカード、張り腰のある素材、W組織の肉厚ウール地、ローゲージニット、
ボンディング、キルティング、ふくれじゃカード、パディング(中綿)ウール、ボア、ファー。
ダブル前たて、ビッグカラー(衿)、ショール衿、フード、ベルテッド、背ボックスプリーツ、
ドルマン袖、半端袖、端折り返し、Wカフス、居素材ブロッキング・・・

コーディネートのポイントは小物使いでタイツでガーリーなテイストを押さえています。
また、”シルエットのテーパードの時代”における着こなし方として、
首まわりにボリュームを持たせることが必須となります。
フードや大ぶりのショール衿だったり、マフラーをぐるぐる首にまくこと。さらに拡大解釈
すると、ロングやウエーブのボリュームあるヘアスタイルにまでシルエットの適用範囲は及びます。






--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛


--------------------------------------------------



▼観測歴16年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ストリートファッションを題材にしたアート活動 ”Wall On Vision(ウォール・オン・ビジョン)”
http://www.facebook.com/pages/Wall-On-Vision/257378003576?ref=nf

▼ツイッターで最新情報をフォロー(Follow Me On Twitter)
http://twitter.com/ryu_koyama

▼ご意見・ご感想・リクエスト
こちらのフォームからどうぞ




出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ショーウインドー「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS」2012/02/04
ストア名:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
撮影日 :2012年02月03日
テーマ :2012年春のスタイリング提案

 
 

ルック:セットアップ
色柄 :マドラスチェック、パターンオンパターン
キーアイテム:チェックジャケット+チェックパンツ
コーデアイテム:レーシートップス
ディティール:クルーソックス


 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

前へ | 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析