« 2015年11月05日 | Main | 2015年11月09日 »
カットソーのタートル・ハイネック【登場】2015/11/06

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カットソーのタートル・ハイネック【登場】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年10月31日(土)
気温:15度 曇り 14:00〜15:30
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母数(N):128人
標本数(n):7/44人






(・∀・)ノ゛
ンナーの衿型が大きく変化し初めています。
シャツはスタンドカラーやカラーレスが登場・拡大方向にあり、カットソーはハイネック・タートルネックが登場・拡大方向にあります。
昨年から一部のファッションリーダー層に見られたディティール変化で今シーズン拡大フェーズに入るかどうかが決定するのだと思います。

カットソーを着用していたファッション層、44人のうち、7人がハイネックまたはタートルを着用していました。比率にすると約15%です。
意外に少ない?と感じられるかもしれませんが、実態とは大体この様なものなのかもしれません。

今後、カットソーのタートル・ハイネックが拡大するか停滞するかを占う指標は、スタイルよりもアイテム間コーディネートの動向にあると考えます。


分析材料は以下のとおり。
●コーディネート(説明変数の洗い出し)>
秋1:レザーショートJAC + タートルインナー
秋2:チェスターコート + クルースエット + タートルインナー
冬1:中綿ショートJAC + クルーニット + タートルインナー
冬2:チェスターコート + クルーニット + タートルインナー

●影響するアイテム(相関を見つける)>
1.「アウター」の種別構成比
2.「クルーニット」の着用率

●企画テーマ設定(アルゴリズムをつくる)>
ディレクションワーク








Tweet:
「街のリアルを分析する」ことと「データとトレンド志向」とは全く違うと考えています。後者には「自社」が内包されており、「自社のデータ分析と自社分析から得られたトレンド志向」だと思うからです。



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛




--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析