« 2015年10月30日 | Main | 2015年11月04日 »
ブルゾン【拡大】 2015/11/02

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブルゾン【拡大】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[メンズ]東京・トレンドチェック
期間:2015年10月31日(土)
気温:15度 曇り 14:00〜15:30
対象:アーリーマジョリティ中心
メンズ母数(N):128人




(・∀・)ノ゛
10/末 秋のアウタートレンド検証。中-重衣料をアイテム8種類に分けてそれぞれの比率を見てみると、ブルゾンは約20%のウエイトを占めていました。
ここで言うブルゾンとは、リブ等で絞られた裾、腰上丈のデザインが対象です。(Gジャンタイプとライダーズジャケットは除外)

ブルゾンにまつわる分析の目的は、
MA-1を出発点とした進化の過程・現状の確認とブルゾンというアイテムの今後の方向性を占うことです。

8アイテムの明細は以下のとおり。
1.テーラージャケット10名、
2.ショートジャケット17名、
3.ブルゾン16名、
4.アウター5名、
5.コート16名、
6.ベスト0名、
7.カバーオール系3名、
8.その他11名。

原宿のファッション層 10名中2名がブルゾンを着用していたことになります。

ブルゾンのデザイン傾向は、
「脱MA-1デザイン」と、「MA-1からの進化」に別れ、
前者は素材の変化で遂行され、後者はカラーレス化(衿なし)等で実行されている。。。という見方ができそうです。

今回の評価ポイントは、脱MA-1デザイであります。
今シーズンは大きく見ると「無地化」と「色バリエーション追加」で、小さなところでは「プリント地」「デニム使い」「スポーツアウター地使い」などが新しい変化。







Tweet:
【デザイナーはいらない?-1】
2014年頃からウェブデザインの領域で話題になっているUIデザイナー不要説。
そしてgoogleの、「ABテストを続けて行けば良いし 売れた理由も要らない」という価値観。ビッグデータ解析の時代から生まれてきた議論であると言いますが。。。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------



▼原宿ストリート観測歴19年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]
HP更新は停止・Blogで一部公開を続けています。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ 小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析