« 2014年08月14日 | Main | 2014年08月26日 »
”店頭基点”から、”街頭基点”へ2014/08/15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
”店頭基点”から、”街頭基点”へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[レディス]東京・トレンドチェック
期間:2014年08月03日(土)
気温:33度 晴れ
対象:アーリーマジョリティ






(・∀・)ノ゛
エストをちら見せするショートトップス&ハイウエストのコーディネートが浮上。昨年にも一部見られたルックですが、今年【拡大】しました。
しかし拡大巾は狭く、商品ライフサイクルにおけるステータスでは【アーリーマジョリテイ34%】の初期段階に留まっています。

今後、「ショートトップス」をどう評価するかは、
どう着こなし提案が出来るか(支持されるか?)で決まると思います。
34%の層にとって良い提案が出来れば伸びるでしょうし、
大した提案が出来なければ消滅に向かうと思います。

良い提案とは何か?に対するアプローチ。
例えば「腹だし提案は難しいかもしれないけれど
秋のレイヤードルックでなら容易になるかもしれない」と考えてみます。

別のアプローチ。
”訪日観光客”で切り取ってみる。
腹だしルックで原宿を観光する欧・米・アジア人らしき女性の姿を多く見ます。
また13年度SC売上高ランキング1位は「成田国際空港 第1・2旅客ターミナルビル」(伸び率24.3%)で、「観光客が順位動かす」と記載されています。

初めから観光客を意識した商品開発アプローチは必ずしも王道で無いと私は考えます。
流動的で顧客の顔が見えません。
34%を捉えるためには、街(ストリート)という単位で顧客を見ることが重要で、
私にとって、”街頭(ストリート)=店頭”であります。

顧客を決める(セグメントする)のはブランド側の仕事。
顧客の状況に合わせてどう関係を作ってゆくか?を評価する。
ものの見方によって行動は変わりますし、街頭情報を下敷きにした施策(PDCA)で有るか無いか?で結果が決まると考えています。


”店頭基点”から、”街頭基点”への移行。
街(ストリート)を基点にしたSPAモデルを構築すべきだというのが私の主張であります。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛




--------------------------------------------------



▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama



出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

★著作権フリーです。
出典[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)]  と明記してください。


所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp



 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析