« 杭州 | Main | 広州 »
中国・杭州アパレルでのデザインディレクション2014/09/17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国・杭州アパレルでのデザインディレクション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


”中国市場で勝つには 商品開発力が何より重要である” というのが私の立ち位置です。
私は現地に深く入り込んで、彼等と共に汗を流すことを繰り返し、インサイダーとなりました。






中国企業に足りないことは何で、日本企業に足りないことは何か?

「リバースイノベーション」

その国(地域)ごとに いつも最適な開発技術がある

これが私の答えです。









【リバース・イノベーション】
戦略コンセプト。
新興国から先進国への逆流で、その動きを逃せば市場を失うという主張。
ビジャイ・ゴビンダラジャン

ファッションの場合、
「新興国→ストリートの素人」、
「先進国→業界・デザイナー」とした場合、
「ストリート発トレンド」が業界やデザイナーに影響を与え、市場に影響を与える現象に、感覚的には近いと思います。


【リバース・イノベーション講座】
http://diamond.jp/category/s-reverse

▼【第1回】 なぜ、リバース・イノベーションは、世界中から注目されるのか?――小林喜一郎 

▼【第5回】 リバース・イノベーションは、日本でどのような成果が出ていますか?【対談後編:GEヘルスケア星野和哉×小林喜一郎】

▼【第10回】 日本企業でもできるリバース・イノベーションとは何か?【対談後編:BCG太田直樹×小林喜一郎】 




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------


出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

13年度中国アパレル企業ランキング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Memo 13年度中国アパレル企業ランキング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
出典「繊研新聞2014/8/7(7) 出所:中国服装協会 」
                  http://www.cnga.org.cn/

13年度の百強には全部で127社がランクイン。

◆省市別の社数:
 浙江省 37(29%)
 江蘇省 19(15%)
 北京   4
 四川省 4
 上海   3
 湖南省 3
 河南省 3
 湖西省 3
 他    51


◆上位5社のサイト:
1.雅戈爾(ヤンガー)
 http://www.youngor.com/
2.紅豆集団
 http://www.hongdou.com
3.海瀾集団
http://www.heilan.com.cn/
4.杉杉集団
http://www.shanshan.com/
5.波司登(ボストン)
 http://www.bosideng.com/

















 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

メディアからの伝達-2  2014/06/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メディアからの伝達-2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年06月22日 夜
CCTV




(・∀・)ノ゛
6月の中国出張先ホテルにて、
TVニュースを見ていましたら、先月に引き続き「集団的自衛権」についてのニュースが10分近い時間で放送されていました。
言葉が分からないので、ニュースの映像から受けた印象を述べるとどうも「戦争」の影がちらつきます。

”憲法9条改訂 - 市民の反対運動 - 軍事力増大 - 戦争”

CCTVの映像の構成は、日本に帰国後見たNHK等のニュース映像とはまるで異なるアプローチであります。
国家間で事情が異なるのはあたりまえの事として理解できます。

ではメディアからの伝達が市民社会でうまく機能しているのか?と問うと、
「何かそうでも無いみたい・・」と思ってしまいます。

木曜日の午後と、日曜日のまる1日を、
上海で地下鉄に乗ったり、街を歩いたり、ショッピング施設を回っていて感じたことは、反日とは真逆のものでした。
1、カタカナ、ひらがなのプリントされたTシャツを着た男女。
2、アニメ「一休さん」の着うた。
3、日本語表記の店頭POP(ローカル企業)
4、日本語の店名・内装で”日本風”を売りにしたカフェ。
5、他人に自分の優先権をゆずる「思いやり」の態度。

今回、印象に残った体験です。
私自身には無意識の「ひいき目」があることを自覚した上で考えてみても、
日式(日本風含む)が若者たちの間でキテるんじゃないかなと思いました。























--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛

--------------------------------------------------

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

中国・通行者調査【Overview】 2014/05/30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
金華スタイルチェック「メンズ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中国でも日本と同じ手法でストリートリサーチを行っております。

経済も外交も情報戦の時代に突入しており私も情報戦の中に生きております。
情報を制するには、まず自分が発信側に立たねばなりません。
情報とは知識であり、ニュートンの運動方程式 F = ma の公式等になぞらえて、この作業の意味を自分なりに見出そうとしております。
【 F(力)= m(質量)x a(加速度)= ma 】

さて、
商品ライフサイクルのステータス(状況)を把握するには定性調査が良い。というのが私のスタンスです。
「店頭で売れていたとしても、着用者層がダサければその商品の未来は無い」という考えで、BI(ブランドアイデンティティ)を高める手法のひとつでもあります。



【基礎情報】
浙江省金華市
総面積 10,919 km2 総人口 454.13 万人
気候は亜熱帯季節風気候に属し四季がはっきりとしている。
(浙江省の人口: 5463万人)

【調査日時】
2014.05.13(火)晴れ
15:00〜17:00 28℃

【調査目的】
 (1).現在地の確認
 (2).ファッションリーダー層のトレンド動向把握
 (3).自社商品への取り込み検討

【総括】
今年3月の調査結果と比較して、
ファッションリーダー層の「無地化」「エレガンス化」傾向が進んでおり、昨年まで主流であった「ブロッキング」「オーバーディティール」は、ラガード層にまで落ちている。
「リーダー層の無地化現象」を深堀りし、
すぐに商品政策に反映しなければならない。







--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------


▼観測歴18年、[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] はライフワークです。
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp/

▼ツイッター
http://twitter.com/ryu_koyama


出典:渋谷電脳リサーチ
http://www.shibuden.meguro.tokyo.jp
小山 隆(Ryu Koyama)

所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp


 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

メディアからの伝達

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メディアからの伝達
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年05月15日 夜
CCTV




(・∀・)ノ゛
5月、8泊の中国・杭州出張から帰還しました。
コミュニケーションが商売を制すると考える今日このごろ。。。

15日夜 ホテルでTVニュース(CCTV)を見ていると、
日本の「集団的自衛権」に関するニュースに遭遇しました。
比較的長い時間をさいて報道されており、
内容も感情的にあおるようなものでは無く、
事実を冷静に報道していますよ 的な見え方に驚きを持って眺めておりました。

ところが次に流れたニュースが米・中の軍事に関するもので、
米・ 軍事大学訪問の様子、クロスした両国の国旗、笑顔で握手する大臣(多分)、軍事演習、最新兵器、等々。
前者と同じくらいの時間を取って放送されていました。

私は中国の言語も政治も分りませんが、
映像から感じたことは、意図的に作り出される対立構造です。

肉体疲労時にあまり見ないようにしたいものですが、
もしかして私たちの普段の生活、例えば企業の人事においても同じような構造でメッセージが常時発せられており、気を付けて眺めていれば感じ取ることができるのかもしれません。
組織間コミュニケーション、個人意志の伝達手法は、そこで生活する
社会の枠組みの中で、長い時間をかけて形成されてゆくものでしょうから。
よって頭で理解したものを実践できるものではなく、少しづつ体験を重ねてゆくしかないと思っています。














CMを挟まずに・・・











(画像:TV画面を撮影)

--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛




--------------------------------------------------

湋
 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析