« おしらせ | Main | シンガポール »
2つの思考回路
IT企業のアパレル参入が目に見える形になってきた感があります。
ネット化する社会において、
ブランドづくりや戦い方は従来のものとは異なってくるはずだと思います。

”変革は過去の延長上には無い(非連続)”と言われます。いっぽうで
”革新を起こす(連続的)”は時代に合わせて変更することを意味します。

両者は語呂的に似ていますが全く非なるもので、
前者はネット企業型の思考回路、後者はリアル店舗型の思考回路に近いように思います。
そして両者のゴール(目的)がもし同じだったとしても、そのアプローチや取る手段は随分と異なりそうです。

さらに見逃せないのは両者の実際の行動はまだまだ自己矛盾している点も多くありそうだという点です。例えばネット企業型の思考回路、[修正・発見・最適化] [実積型]から、どうやって変革を起こせるのか?という矛盾。
リアル店舗型の思考回路、 [創造力] [未来型]が、本当に実行されているのか?という疑問。
以上を課題提起として下記に現在感じていることを整理してみました。




1.【ネット企業型の思考回路】
2.【リアル店舗型の思考回路】


-----------------------------------------------------------------

1.【ネット企業型の思考回路】
「リアル世界にあるものをネット上に配信する」時代は終了。
「ネット上で出来あがった情報に対しリアルでどう課題解決するか?」が問われています。
よってキーワードは
「情報」 「修正・発見・最適化」「実積型」

立場:データ駆動である!
 @、顧客行動データ(顧客DB、購買履歴、アンケート)
 A、問題・課題の抽出と解決策(デザイン仕様・サイズの工夫など)
 B、リアルでの課題解決 (店頭で試着など)


2.【リアル店舗型の思考回路】
「ファッションを楽しんでもらう」。そのためには・・・ の思考回路。
よってキーワードは
「ものづくり」「創造力」「未来型」

立場:リアル体験が最初!
 @、商品・サービス。旬のファッション(新しい価値)を提供する (クリエイション力、コミュニケーション力)
 A、質の良い原材料を仕入れるための工夫(調達力、販売力)
 B、それらを支えるための、顧客行動データの取得(顧客DB、購買履歴、アンケート)


-----------------------------------------------------------------

まとめ

【リアル店舗型の思考回路】
 立場:リアル体験が最初!
 使命:旬のファッション(新しい価値)を提供する
 キーワード:ものづくり 創造力 未来型
 戦闘力:第3次産業革命後期に適合している
 課題:レガシーリスク(過去の体験をひきずる)

【ネット企業型の思考回路】
 立場:データ駆動である!
 使命:課題解決
 キーワード:情報 修正・発見・最適化 実積型
 戦闘力:第4次産業革命初期に適合している
 課題:レガシーバランス(過去の実績を遺物として見てしまう)

-----------------------------------------------------------------


以上は自身がコミュニケーションする際の枠組みとしています。

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

2016年 まとめ

今年の締めとして、
私が個人に印象深かった出来事を3つのキーワードでまとめ、私見を交えてメモしておきます。


Memo:
1【データ駆動社会】
2【個客起点】
3【シェアリングエコノミー】
-----------------------------------------------------

1、【データ駆動社会(データドリブン)】のインパクト

Iot、ビッグデータ、AIによる解析が加速する社会の下、
「全ての商品・サービスはデータ解析を経たうえでデザイナーに託される様になる」が課題意識です。

もしデザインにもデータ分析の手法を取り入れる必要に迫られたなら、その時は「プロダクトデザイナー」の定義が変わる、または新しいスキルセット(技能の組合わせ)を備えた新しい職業が生れるはずだと考えています。
「創造力が勝負」は絶対正しいと信じていますが、その前に越えなければならない壁があるとも思います。

それは”データ解析の技術や知識を理解することが先”であるという点。
「人間の創造力」が勝負となるのはデータ解析手法が普及した後のこと。

新しいスキルセット(技能の組合わせ)の内訳はその辺りにあると考えています。



2、【個客起点(カスタマーファースト)】

社会インフラが変化すると、その上で生活する私たちにも影響があるはずだと考えます。
「個客起点」は変容する生活者にあわせて企業が自己変化するための手段なのかもしれません。

会員の購買行動などデータ解析によるCRMはアマゾンやCCCで体験できますよね。
これは今の個客起点。そして未来の個客起点はもっとえげつない。

Iotのもと、キュレーションやSNSなどの囲い込み技術が革新を続けると市場は寡占化すると想像します。

受け手みずからの意思(行動)によって絞られた情報のみが届き、その他の情報からは縁遠くなる世界。
一旦囲い込みが完了するとその体系の中に参入することは難しく、その他全ての商品・サービスはお金を支払ってその中で商売させてもらうか、自力で体系を創るしかない。
でも新たに体系を創るにはコストがかかる。
「さてあなたはどうしますか?」と問われているような気がしています。



3、【シェアリングエコノミー(交換・共有により成り立つ経済)】

市場規模は今後約10年で34兆円(全世界での試算)にまで成長。その速度は2013年を1とすると12年で22倍になると聞きました。

シェアリングエコノミーの雄 UBER成功の鍵と言われる幾つかの要因の中で、私の印象に残っているのは以下の4つ。
1.「サービスの提供者と利用者がお互いにレビューしあう」という評価制度と
2.オンライン決済の仕組みが結びつき、
3.信用・安心の壁を取り去った(低く感じさせた)、
そして何より4.圧倒的に安く提供される理由(使っていない空間・時間・モノ・技術の利用)。

これら要因は社会の総意だったのではないかとさえ思います。

今後シェアリングエコノミー拡大によって、様々な概念が変わる気がします。
その中でも私は「時間の概念が変わる」ことによる商品・サービスの変化を眺めてゆこうと思います。

2016.12.28記
koyama
 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

デザインをデータで支える2016/10/12


今回は趣向を変えて
最近のアパレルにおける私の仕事と、
データとクリエイション、そして人間とAI(人工知能)的な話題にも少し触れてみようと思います。


仕事の流れ

1.【情報発信】
例:
「ミニ丈のプリーツスカートに注目!」

10/7時点の観測では「スカート」がボトム全体の4割強を占めていました。調査3回の推移を見ると20%台前半が目安となります。

そのうち「プリーツミニスカート」は現在6.1%の出現率でした。
9/17から10/7までの間に約6%増加しており
感覚的に「増えているな」と感じたことを、データでも確認しました。
以上を仮定とします。






2.【データ・分析】
さてここから先が本領を発揮するデザインの領域でして、
「プリーツミニスカート」というお題に対して、デザインの構成要素は何か?

こちらも「デザインのためのデータベース」づくりが必要になります。

企画開発部門は、
データを収集し、分析を重ね、デザインの公式を導き出し、試作品(商品サンプル)を作ります。
そして結果をあらかじめ定めた基準で評価し、デザインの公式を修正してゆくことになります。


3.【ディレクション】
ここでもっとも重要なことは、
”創造的であること”だと考えています。

クリエイターが表に立ち、
データを下敷きにして(味方につけて)クリエイターとしての役割を果たさねばなりません。
役割とは”未来を創造すること”です。

またそれがデータ駆動社会におけるクリエイターの生き残る術となると信じています。
ここでいうクリエイターとは、デザイナーだけのことでは無くマネージャーも含めた全ての人間に対してです。


以上のイメージで、
人間(クリエイター)が機械(AI)をツールとして扱ってゆける世界を目指し、過去20年間の仕事を意味づけ、今の仕事を通して行動し、アクセルをめいっぱい踏む準備を整えています。

最後は少し個人的思い入れも含めてしまいました。
お聞き苦しかったかもしれませんがどうかご容赦ください。



--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛



--------------------------------------------------




出典:
リサーチ&デザイン東京(R&De TOKYO)
東京都渋谷区神宮前6-28-9 東武ビル6F(受付)渋谷電脳リサーチ

http://www.shibuden.biz/

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

訪日外国人のコスプレ・ウオーク【復活】 2016/01/27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
訪日外国人のコスプレ・ウオーク【復活】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[訪日外国人]東京・トレンドチェック
期間:2016年01月16日(土)
気温:10度 晴れ 13:30〜15:00






それぞれ思いのコスチュームに着替えて、街歩きを楽しむ訪日外国人の”原宿ストリートウオーク”が復活しています。
2011年の震災前をピークに一時は消滅状態に陥りここ1-2年の間で復活・拡大傾向を感じます。

要因は複数あると思いますが一つは、ハロウィンを象徴とする仮装イベントが一般層にまで浸透してきたというマインドの変化があると思います。
そしてそれを受け入れる外国人フォロワー(またはリーダー)の存在と広がり。また世界へ拡散されるハード(機器)・インフラの進歩。ソフト・ヒト・ハードの合致。2011年と比べてトレンドを下支えする環境は明らかに変わりました。

ここで個別にファッションをチェックすることも無いと思いますので、まずはこの現象をメモし、この先どういう世界が広がってゆくのだろうか?と少しだけ想像を膨らませてみます。

直ぐに思い描くのは ”レンタルファッション”の現状と未来像です。
ファッションを楽しむ機会=コスチュームウオーク という地域性を味方につけた価値感を ”ファッションの領域で” 提案してみるのも面白そうな気がします。




--------------------------------------------------
>>>人気blogランキング に参加しています。
↓↓↓
今日もワンクリックで貴重な1票をお願いします。 (・∀・)ノ゛




--------------------------------------------------



出典:[渋谷電脳リサーチ(Shibuden)] 原宿ストリート観測歴19年

http://www.shibuden.biz/



所属:TOKYO DESIGN OFFICE
東京都渋谷区渋谷 1-3-7 N-BRICK Building 4F
Tel:03-5464-1556 Fax:03-5464-1557
http://www.t-d-o.co.jp

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

因果
結果と原因は繋がっていて、螺旋状に変化してゆくのだと信じています。
昨今の問題は「結果でしか無いもの」を目的としてしまっている事。

今こそ「結果の原因」となるものについて深く考えたいと思います。
「結果の原因」とは理念やコンセプト。本質や根本を正しく理解すること。
「原因の結果」は成績。GDPや収益。
MBAを学んだうえで「結果は後から付いてくる」と肝を据えて言えるということ。
 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析