« 2016年 まとめ | Main | ピンクのアウター【拡大】2017/01/17 »
2つの思考回路
IT企業のアパレル参入が目に見える形になってきた感があります。
ネット化する社会において、
ブランドづくりや戦い方は従来のものとは異なってくるはずだと思います。

”変革は過去の延長上には無い(非連続)”と言われます。いっぽうで
”革新を起こす(連続的)”は時代に合わせて変更することを意味します。

両者は語呂的に似ていますが全く非なるもので、
前者はネット企業型の思考回路、後者はリアル店舗型の思考回路に近いように思います。
そして両者のゴール(目的)がもし同じだったとしても、そのアプローチや取る手段は随分と異なりそうです。

さらに見逃せないのは両者の実際の行動はまだまだ自己矛盾している点も多くありそうだという点です。例えばネット企業型の思考回路、[修正・発見・最適化] [実積型]から、どうやって変革を起こせるのか?という矛盾。
リアル店舗型の思考回路、 [創造力] [未来型]が、本当に実行されているのか?という疑問。
以上を課題提起として下記に現在感じていることを整理してみました。




1.【ネット企業型の思考回路】
2.【リアル店舗型の思考回路】


-----------------------------------------------------------------

1.【ネット企業型の思考回路】
「リアル世界にあるものをネット上に配信する」時代は終了。
「ネット上で出来あがった情報に対しリアルでどう課題解決するか?」が問われています。
よってキーワードは
「情報」 「修正・発見・最適化」「実積型」

立場:データ駆動である!
 @、顧客行動データ(顧客DB、購買履歴、アンケート)
 A、問題・課題の抽出と解決策(デザイン仕様・サイズの工夫など)
 B、リアルでの課題解決 (店頭で試着など)


2.【リアル店舗型の思考回路】
「ファッションを楽しんでもらう」。そのためには・・・ の思考回路。
よってキーワードは
「ものづくり」「創造力」「未来型」

立場:リアル体験が最初!
 @、商品・サービス。旬のファッション(新しい価値)を提供する (クリエイション力、コミュニケーション力)
 A、質の良い原材料を仕入れるための工夫(調達力、販売力)
 B、それらを支えるための、顧客行動データの取得(顧客DB、購買履歴、アンケート)


-----------------------------------------------------------------

まとめ

【リアル店舗型の思考回路】
 立場:リアル体験が最初!
 使命:旬のファッション(新しい価値)を提供する
 キーワード:ものづくり 創造力 未来型
 戦闘力:第3次産業革命後期に適合している
 課題:レガシーリスク(過去の体験をひきずる)

【ネット企業型の思考回路】
 立場:データ駆動である!
 使命:課題解決
 キーワード:情報 修正・発見・最適化 実積型
 戦闘力:第4次産業革命初期に適合している
 課題:レガシーバランス(過去の実績を遺物として見てしまう)

-----------------------------------------------------------------


以上は自身がコミュニケーションする際の枠組みとしています。

 この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール

小山 隆(こやま りゅう)           ブランドディレクター、デザインデータアナリスト。定点観測で変化をキャッチし未来デザインに落とし込む独自のアルゴリズムを開発。クリエイションxデータ分析で強い商品を産み出す仕組みづくりに貢献します。原宿定点観測歴20年。
リサーチ&デザイン東京 代表

http://www.shibuden.biz/

ブログ内検索
    • キーワードを入力して下さい

ツイッター
記事テーマ
2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
Information
お気に入り

http://apalog.com/street_research/index1_0.rdf
クリックで1票お願いします
( ゝ∀・)ゞ
*ファッションブログ
> 無料アクセス解析