« 2016年03月 | Main | 2016年05月 »
なぜ、ライセンスブランドか?
次世代MDの図解メモ&シート

なぜ、ライセンスブランドか?



ライセンシーとしてライセンスブランドを取り組もうとする企業にとって
改めて「なぜ、ライセンスブランドなのか?」を考えてみます。

まず、そのブランドのイメージ、商品タイプ、企画テイスト、ショップコンセプトなど顧客目線でビジネスに共鳴することが取り組みの第一ステップです。

ライセンスをしようとするキッカケはいろいろあります。

ブランドのイメージそのものと商品企画のテイストが自分たちが目指すビジネスに合致しているということが多いです。

さらにそのブランドに日本市場ですでに信者となる顧客が存在することも背中を押す要因になります。

営業的にはライセンスブランドであるというニュースが百貨店やデベロッパーに対して提案ブランドとして採用される可能性が高いことが挙げられます。

また、商品企画や生産戦略の立場からライセンス契約によって得るデザイン企業、メーカーなどのノウハウや情報は重要になっています。

また、近年はアパレル企業以外からの参入に際し、ゼロから新ブランドを開発するよりライセンスブランドを採用することによって、流通で売り場確保など優位に進められることがあります。

自社でノウハウを構築/育成することと比較して、短期間にそれらの情報が手に入れることが出来ます。

契約という期間限定でのビジネスですが、その期間内に如何にブランド運営のソフトを企業に蓄積できるかが大きなポイントとなっています。


 2016/04/08 09:41  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード