« 2012年01月 | Main | 2012年03月 »
イタリアは闇経済!?
気候と食事と人間はイタリアが一番!!!
イタリア生活・・・普通の暮らしこそが面白い!? 
イタリアビジネス・・・いい加減だといわれても憎めない!? 




先日発効されたモンティ首相の緊急財政策の一つに、1000ユーロを越える全ての取引の電子化を義務付ける脱税防止措置があります。 
イタリアの脱税額は1年で2000億ドル(16兆円程度)と推定されていますが、実際はそれよりもはるかに多いという説です。

何しろ脱税そのものが掴めないので脱税額が推定出来ることすら出来ませんよね(笑) 脱税の防止は歴代政権の最重要課題の一つだが、なかなか有効な手を打てずにきたというのが現実です。

昔から「ラヴォーロ・ネーロ」と呼ばれる闇仕事(闇経済)があり、それらは
ますます増えるのではといわれています。ラボーロ(労働、仕事)ネーロ(黒、闇など)って本当に言い得て妙な名前ですね。

「ラヴォーロ・ネーロ」は、依頼書、領収書のない仕事です。正規の取引だと、この壁の修理は、1000ユーロだけど、領収書なし(ラヴォーロ・ネーロ)なら、半額でしますよ。。。

ホームステイする外国人留学生に大家さんが、ラボーロ・ネーロなら安くしますよ!と提案するとか。 外国人との取引は把握がし難いことがメリットだそうです。

旅行に行ったときに気をつけたいのは、お店で何か買ったり、食事したときには、どんな少額でも、領収書をもらうことをお勧めします。






日本ではコンビニでレシートをもらわなかったり、もらっても、つい店内のゴミ箱に入れたりしますが、それはイタリアでは気をつけましょう。旅行者であっても、店を出た途端に抜き打ちで、カラビニエーリ(経済警察)に領収書の有無を確認されることがあります。


脱税を防ぐため、イタリアでは、飲食店に限らず、すべての店で、領収書を発行することが義務づけられており、利用者も受け取ることが義務づけられている


ちなみに昨年のクリスマスイブの夕食と、翌クリスマス当日の昼食の2食で、イタリア全国では23億ユーロ(約2400億円)分の飲食物が消費されたとの記事がありました。それはたった2食分の消費量としては、一人頭の計算では恐らく世界でも1、2を争う水準の金額だそうです。

ふーっ!!
 2012/02/01 00:52  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード